彼女ができない!でも、諦めたらそこで終了ですよ…?

合コンに行った、誘った、うまくいかなかった。告白してもダメだった。
合コンに誘われない、女友達もいない、日常生活に女性との接点がまるでない。
自分にできる努力はすべてやった。もう彼女を作るなんてできないと、諦めるべきだろうか。

彼女ができない人ほど、問題を複雑に考えてしまう。
だが、恋愛は本当は驚くほど単純なもの。特に付き合うところに行くまでは簡単だ。諦めるなんてとんでもない!

それでは、彼女ができないと諦めかけている男性のために、彼女ができない原因と対策を解説する。

 

恋愛を諦めてしまうほど彼女ができない人の特徴

どうしても彼女ができない人には以下の特徴が挙げられる。
自分に当てはまるものはあるだろうか。

 

環境面の特徴

行動範囲内に女性がいない
行動範囲が狭く、しかもそこに女性がいない。例えば、毎日が家と会社の往復だけで、職場に女性がいない。

女性と知り合うイベントがない
行動が固定化されていて、そこに出会いイベントがない。例えば、休日は趣味で忙しく、合コンの誘いもない。

 

思考面の特徴

自己評価が低い
チビ、デブ、ハゲ、不細工、年収が低い、などと、自分に対する評価が著しく低い。

恋愛に対する悲観
付き合うのがめんどくさい、金と時間がもったいない、などと、恋愛に対して悲観的な考えを持っている。

 

行動面の特徴

消極的
どうせモテないから、と合コンなどのイベントを避ける。こんなことしたら嫌われるかも、と女性へのアプローチを踏みとどまる。

卑屈
どうせモテないし、と合コンなどではあえて本気を出さない。例えば、愛想が悪かったり、服装がイマイチだったりする。

 

彼女ができない人の特徴 まとめ

彼女ができない人は、女性と知り合うきっかけが少ないのにもかかわらず、その貴重なチャンスを自ら破壊する傾向がある。しかも無意識に。
そして、ついに彼女を作るための突破口を見つけることができず、諦めようとする。本当は彼女が欲しいのに。

 

恋愛を諦めてしまうほど彼女ができない原因

彼女を作ることを諦めそうになるのは事態が複雑に見えているからだ。

しかし、上に挙げた特徴的な環境、思考、行動になってしまうのは、たった一つの原因で起こる。
その原因とは、「女性と接するスキルの未熟さ」である。

次に、この原因はどのような影響を及ぼすのか、見てみよう。

 

思考面への影響

女性と接するスキルが未熟な人にとって、女性とは全く未知の存在である。
この未知に対する不安が、緊張と余計な心配事を増やす。
例えば、2人になったときに何を話したらいいかわからないとか、引かせてしまうかもしれないと思って連絡先を聞けないという状況を生む。

また、こうして自ら招いた彼女ができない状況を合理的に解釈する。
例えば、俺に彼女ができないのは、不細工だからだ、出会いがないからだ、女が俺を見る目がないからだ、という具合に。

 

行動への影響

女性と接するスキルが未熟なため、女性と接する状況は全く未知の世界である。
この恋愛という未知のフィールドへの恐怖心から、恋愛に発展する可能性を自ら遠ざける。
例えば、何か理由を見つけて合コンの誘いを断ってしまったり、女性に気に入られないようにわざとモテなさそうな振る舞いをしてしまう。

また、わざわざ出会いを作るイベントに自主的に参加することもできない。
身近なイベントを探すことはできても、未知への恐怖がどうしても踏みとどまらせてしまう。

 

環境面への影響

女性と接することが苦手なため、特徴的な考えと行動により、現在作られている環境は、未知への恐怖に立ち向かう必要のない安心で安全な世界である。

その世界は、女性と接する機会を限りなく少なくした堅固な城郭で守られ、また女性が入りこむスキのないよう理論武装までしている。

 

まとめ

これらは、度胸がないとか、傷つきたくないとか、そういう問題ではない。

人間が持つ当然の機能「自己防衛」が働いた結果である。
人間は未知のものに対しては不安や恐怖を感じて当たり前だし、それを避けようとしてしまうのも当然の結果なのである。

それなら、彼女ができるためには、人間の持つ機能を逆に活かせばいい。
つまり、彼女ができて当たり前の環境を当たり前に作るような思考・行動を取れるようにすればいい。

 

彼女ができない原因を克服するには

問題の解決には、原因の究明とそれに沿った対策であるべきである。
巷の恋愛論は、男性に無責任に押し付けた根性論で片づけられることが多いが、恋愛はノリと勢いで解決することはない。

ここまで述べた、彼女ができない人の原因とは、「女性と接するスキルの未熟さ」であった。
それなら、彼女を作るためには女性と接する機会を増やして未熟さを克服すればいいわけだ。
彼女ができない人がこの未熟さを克服できたら、どのような効果が期待できるのか解説しよう。

 

原因克服の効果① 女性を前に自然に振る舞える

女性と接することに慣れてくれば、無駄な緊張感が抜ける。
それまで恋愛の障害であった、無駄な緊張、無駄な不安、無駄なふるまいが解消される。

緊張のあまりいちいち謝ったり、「ヒヒッ」なんて不適な笑みを浮かべることもない。
どんな女性を前にしても、自然に話しかけることができるし、自然に誘うこともできる。
連絡先交換なんて造作もない。挨拶するように連絡先を聞き出す。

 

原因克服の効果② 脈ありサインをつかめる

女性との接することに慣れてくると、女性の言動から気持ちを汲み取ることができる。
選ぶ言葉や声の調子、連絡の頻度、態度などなど、小さな変化から心情の変化を読むことができる。
彼女ができない人ほど、女性からのアピールを無視する。

しかし、克服することができれば、彼女たちの心情を丁寧にくみ取り、丁寧に扱うことができるようになる。
実は見る人が見れば、脈ありサインはわかりやすいものだ。

 

原因克服の効果③ 恋愛の認識が変わる

女性との恋愛が、コミュニケーションの延長上にあるものだということが理解できる。

恋愛なんて決死の覚悟で飛び込まねばならない、辛い試練の連続ではない。
肩ひじ張らずにコミュニケーションを楽しむものであり、そのレベルに合わせて友情だったり恋愛だったりするだけである。

恋愛は、告白してから始まるものではない。

 

彼女ができない原因を克服する方法

相手が女性だから緊張するのだ。男友達、男性の知り合いと接するのと同じように接することを目指そう。

そのためのトレーニングを下記に用意した。少しずつ自分のペースでできるところから取り組もう。

 

誘われたらとりあえず Yes!

女性と接するスキルの未熟さを克服するためには、どんな形でもいいから女性と接する機会を持つことである。

そこで、可能な限り女性と接点を持とう。
あなたの周りの親切な友人たちは、彼女がいないあなたを心配して様々な形で誘ってくれるだろう。
自分から飛び込めないなら、せめて誘われたものはすべて拾っていこう。

合コンに誘われたら参加する。男女が集まるイベントに誘われたら参加する。
いきなり声をかける必要はない。とにかく自分の世界観の中に女性がいて当たり前だという環境を作っていこう。

もちろん、好きでもない女性から誘われたら行くこと。告白されたら付き合うこと。イエスマンになれ!

 

女性の知り合い、女友達にもう一歩踏み込む

恋愛にまで踏み込む必要はない。今より一歩だけ踏み込んでみよう。
何かお願いしてみるとか、相談するとか。電話でもメールでもSNSでも構わない。

コツはその人が得意なことを聞いてみるといい。きっと丁寧に教えてくれる。
「○○が欲しいんだけど、どこに売ってるか知ってる?」「俺にもできそうな料理ってどんなん?」とか。

とにかく今までしたことのないことに挑戦してみよう。

 

街に出る

街には女性が沢山だ。あなたの住む世界は会社と言えと近所のスーパーだけではない。
定期的に行く美容室、季節ごとに行く服屋、機種変更のために行くケータイのショップなどを利用して、初見の女性と話すことに慣れよう。

コツは、暇そうなお店を選ぶこと。彼女らは話し相手がいなくて暇を持て余している。
服を探しているとかの相談には丁寧に相談に乗ってくれるだろう。

 

自分を褒める

これまでしたことのない挑戦をすることができたら、結果に関わらず、自分を褒めよう。
今まであいさつしかしたことなかったけど、ちょっと話を聞いてもらえた、とか。

彼女ができずに女性が苦手な男性は、今まで自分をいじめすぎていたのだ。もっと丁寧に自分を育てていくことを心がけよう。これで無駄に女性に対する苦手意識が強化されることはない。

 

まとめ

ずっと彼女ができないという悩みは重く、苦しい。
まるで自分に男としての魅力がないのではないか、このまま彼女ができないのではないかと諦めそうになる。

しかし完璧な人間などいない。誰にでも得意分野と不得意分野があるものだ。
これまで仕事に打ち込んできたのなら仕事が得意になるし、趣味に打ち込んできたのなら誰にも負けないスキルや知識を身に付けている。

一方不得意なものは、たいてい不得意なままである。
しかし、それでいい。人間には個性があってしかるべきである。

だが、その不得意のおかげでずっと彼女ができないことに悩んでいるのなら、
そろそろ自分の不得意分野にチャレンジするときである。
今まで見てみぬふりをしてきた、弱点の克服をするときがついにやって来たのだ。

苦手なものに挑戦することは、精神的に苦痛なことかもしれない。
しかし、少しずつ挑戦を重ねて、経験値と自沈を重ねていけば、いつかからず克服できる。

辛い挑戦を続ける日々に疲れてしまうかもしれないが、その積み重ねの先に明るい未来が必ず来ることを信じて、時には休みながら、自分にできる挑戦を続けよう。

Copyright© 女神降臨 , 2020 All Rights Reserved.