【中身を磨く3つの方法】自分を成長させ、魅力的にする自分磨きとは

人間の魅力は、中身が伴ってこそ。
それをおろそかにした自分磨きには、成長も魅力アップも期待できない。

しかし、現実に行われている自分磨きはどうだろう。
はたして、中身を磨くものになっているだろうか。

自分磨きには、中身を磨く要素がなければならない。
どんなに外見を取り繕っても、それはただの自己満足。お金と時間の浪費でしかないのである。

それでは、中身を磨くとは、一体どういうことなのか。
そして、中身を磨く方法について、解説しよう。

 

中身を磨くとは何か

美容、健康、運動、勉強、留学、修行…
自分磨きの種類は、多岐にわたる。

その中でも、特に私たちの興味・関心を引くのは、外見を磨くもの。
実際、多くの人が取り組む自分磨きは、このタイプである。

しかし、いくら外見を磨いたところで、肝心の中身が空っぽでは意味がない。
それはまるで、偽物のブランドバッグ。
どんなに本物のように取り繕っても、材料や作り方がチープでは、機能も耐久性も三流のままだ。

やはり、人間の魅力は中身が伴ってこそ本物。
つまり、中身を磨くことこそ、本当の意味での自分磨きなのである。

 

中身を磨くことの大切さ

自分がやりたいことをやるだけなら、それは自分磨きではなく自己満足。
ここと勘違いしたままでは、成長も魅力アップも期待できない。
もし、本気で自分を磨きたいなら、そこには挑戦と反省が伴うものでなければならない。

 

魅力はどこからやって来るのか

人間の魅力は、中身が伴ってこそ。
外見がどんなに立派でも、中身が伴わなければ、それは着飾った人形と同じだ。

だから、自分磨きは、中身を磨くものでなければならない。
しかし、「中身を磨く」とは一体、どういうことなのか。

「中身を磨く」とは、人間的な成長を促すことである。
例えば、私たちは学習や訓練等によって、できないことができるようになったり、理解できなかったことを理解できるようなるが、これを積極的に行うことを言う。

つまり、中身を磨くとは、挑戦と失敗が伴うものでなければならない。
私たちは、失敗した時ほどよく学習する。そして勇気を出してこそ成長する。
自分磨きには、そうした体験が不可欠なのである。

それこそ自己成長の材料。
そして同時に、自己満足との決定的な違いなのである。

 

中身を磨け

自分磨きは、ストレス解消とは違う。
自己満足で終わらせるものであってはならない。

自分で課題や目標を設定し、挑戦し、失敗する。
そして、そこで学んだことを次に生かす。

この時、挑戦して成功することが重要なのではない。
それよりも、この一連のプロセスに自分磨きとしての価値がある。

できる事をどんなに繰り返しても、知ってることを何度確認しても、人間的に成長しない。
新しいフィールドに踏み出し、新しい体験をすることが重要なのである。

 

中身を磨く3つの方法

中身を磨くには、新しいフィールドに踏み出すことが大切。
これさえできれば、いつでもどこでも中身を磨くことができる。
コツは、できそうなことから挑戦することである。

 

好きを極める

中身を磨く上で最も取り組みやすいのは、自分の「好き」を極めることである。

中身を磨くには、新しいフィールドに踏み出すことが不可欠だ。
なぜなら、そこで勇気を出したり、壁を乗り越えるために知恵を絞ったり、失敗から学ぶ体験が人を成長させるからだ。
慣れ親しんだ世界でルーティーンをこなしても、そこには新鮮な感動も発見もない。

しかし、私たちは未経験のものや苦手なものに挑戦することは苦手だ。
だから、本当の意味での自分磨きは難しい。

そこで、自分の好きなことを極めてみよう。
私たちは、好きなものなら勇気を出しやすいし、失敗にも強い。

好きを極めようとするすべての努力は、自分を成長させることになるだろう。
しかも、楽しみながらである。

 

興味のあることにチャレンジする

次にお勧めしたいのは、興味のあることにチャレンジすることである。
そこで、以前から興味があるもの、関心を寄せていたものに挑戦してみよう。

英会話スクール、楽器、トライアスロン、海外旅行、ボランティア、何でも構わない。
とにかく新しいフィールドに踏み出してみることが自分磨きにおいて重要なのである。

今まで何か理由をつけて、挑戦を諦めてきたものはないだろうか。
今こそ、それに挑戦するべき時である。

 

苦手を克服する

中身を磨くことにおいて最も効果が高いのは、自分の苦手を克服することである。

自分の苦手の克服は、考える時点ですでにハードルが高い。
さらに、苦手の克服には時間がかかるし、その過程は失敗と苦痛の連続だ。
しかし、だからこそ、それに取り組むことに大きな意味がある。

ここで重要なのは、苦手を克服することではない。
克服しようとするプロセス(努力)そのものが、その人を成長させるのである。

 

まとめ

私たちは、ある人に対する評価を、見た目の美しさや肩書、年収に頼りがちである。
そして、自分磨きも見た目を重視する姿勢が目立つ。

しかし、それは間違っている。

人間の魅力は中身こそ大事。
だから、中身を磨くことこそ本当の意味での自分磨きなのである。

 

Copyright© 女神降臨 , 2020 All Rights Reserved.