転職で失敗した人が後悔していること

停滞する日本経済にあって、転職市場は今や活況である。
「今よりいい会社に入って、少しでも生活を楽にしたい。」
このような思いを抱えた人々で転職市場はあふれかえっている。

そんな中、転職を成功させ理想をつかむ一握りの人間がいる一方で、多くの転職希望者が転職を失敗したと後悔している。
後悔する理由は人それぞれだが、共通点が浮かんでくる。

彼らはどんな理由で転職したことを後悔しているのか。共通点とは何か。
そこから見えてくる転職するうえで大切なことは何なのか、解説する。

 

転職で失敗した人が後悔していること

  • 憧れの仕事に転職したが、想像以上にハードだった。
  • 硬くて重い会社から柔軟な会社に転職したが、合わなかった。
  • 給与、待遇面で不満だったので転職したのだが、やりがいや人間関係の点で前職の方が良かった。
  • 転職を焦り、低い給与の会社の内定に飛びついてしまったのだが、給与面でイライラしてきた。
  • やりがいを感じる仕事ができる会社に転職したが、思ったような仕事を任されない。
  • 入ってみたら社風が合わない。社歌って何。
  • 雇用条件(給与など)を確認せず入社して、後悔。
  • 仕事内容、労働環境を調べつくし納得の上で転職したのに、不満が出てきた。
  • 大企業に入ってみたが制約や手続きが多く、仕事がやりにくい。

これらに共通するのは、どれも転職してから判明したことである。

期待した労働環境と現実とのギャップを目の当たりにして「こんなはずじゃなかった」と後悔している。

たしかに労働環境の詳細な実態は、転職してみないとわからないことが多い。

社風、上司のプレッシャーのかけ方、同僚の人間性、詳細な仕事の内容・進め方、などなど。

これらは事前に調査など不可能だ。

 

それなら、転職はしてみなければわからないものなのだろうか。

一方で、転職して後悔しない人がいるのはなぜなのだろうか。

転職して後悔しない人は幸運にも好条件ばかりで不満のない職場に恵まれたのだろうか。

これらの疑問を解くカギは、転職希望者の「姿勢」にある。

 

転職に失敗したと後悔する人の特徴

転職に失敗した人は、転職活動の中で努力や真剣さが足りなかったわけではない。
転職に対する「姿勢」が良くなかったのである。

一般的に、転職の動機になるのは「現職に対する不満の解消」である。
労働環境、給与、人間関係、など、人それぞれに抱える問題の解消のために転職に乗り出す。
つまり、転職を「問題解消の手段」として考えている。

わかりやすく言い換えると、「逃げの転職」なのである。
こうした逃げの姿勢は、様々な害をもたらす。

  • とにかく転職するために、妥協した条件で会社を選ぶ。
  • 面接官に悪い印象を与えたくないばかりに、確認すべきことを確認しない。(給与面など)
  • 転職先でのハードな仕事内容、ハードな労働条件に耐えられない。

その結果、頭に浮かぶ「また転職したい」という思い。
転職後に判明した問題もあるだろう。
しかし、それは「また転職したい」という思いを正当化する後付けの理由に過ぎない。

 

問題の本質

転職先に不満を抱える人は、転職に対する覚悟がなく、無責任である。

本来なら転職活動中にやれたこと、転職後にまだまだ頑張れることがあるはずなのだ。
例えば、

  • 転職活動中は、どんなに苦しくても会社選びに妥協するべきではなかったし、
  • 面接官に悪印象を与えたとしても、確認するべきことは確認するべきだったし、
  • せっかく拾ってくれた転職先ではどんなにハードな労働条件でも耐えるべきである。

しかし、これらをできなかったのは、「逃げたから」である。
この逃げた自分を正当化し、「また転職したい」と思う原因を全て転職先のせいにしている。

向き合うべき原因は自分の内部にあるのに、問題をすり替えていつも自分の外に原因を擦り付けているようでは、永遠に問題は解決しない。

だから、「また転職したい」などと逃げることを考えるのである。

この「逃げの姿勢」こそ、転職で失敗して後悔する人の抱える問題の本質なのである。

 

なぜ転職成功者は後悔しないのか

一方、転職を成功させ満足している人は、転職を「自己実現の手段」として考えている。
転職を失敗する人と「転職したい」という気持ちは、言葉では同じでも中身が全く違うのだ。
転職で成功する人は、転職で「攻める」。

  • どんなに辛くても会社選びの基準を妥協しない。
  • 面接官に悪印象を与える可能性がある内容も、譲れない点ではしっかり確認する。
  • 内定を勝ち取った転職先では、どんなにハードでも乗り越える。

もちろん、転職後に実際に仕事をしてみて分かった、期待とのズレや予想外の制約にも遭遇する。
しかし、これを受け入れる覚悟がある。それでも期待に応えようとする。

彼らは特別に優秀なわけでも、勇気があるわけでも根性があるわけでもない。
転職に対する姿勢が「攻め」だからこそ、こうした行動を可能にするのである。

転職したい人、転職を考える人が見習うべきなのは、こうした転職に対する「攻めの姿勢」である。

 

転職で失敗、後悔しないためには

後悔しない転職にするためには、転職活動を攻めの姿勢で取り組まなければならない。

しかし、こうした姿勢は一朝一夕でできるものではない。時間をかけてじっくり作り上げていこう。

転職で後悔しないための3つの質問

転職を目の前の問題だと考えている人は、失敗しやすい。

そこで、出来るだけ俯瞰したものの見方で転職について考えてみよう。

以下に3つの質問を用意した。さて、明確に答えられるだろうか。

  • 自分の人生をどのようなものにしたいのか。
  • その中で、仕事はどのような役割を果たすのか。
  • その役割は現職で果たせないのか。あるいはその役割を果たせるのはどのような会社か。

これらの質問に答えられない人は、転職の必要性を理解できていない。

だから平気で会社選びを妥協するし、転職後の不満を消化できない。

転職において譲れない思いというものがまるでない。

 

一方、明確に答えられる人は、自己実現の手段としての転職の必要性を理解できている。

だから、転職活動中、あらゆる点で妥協しないし、転職後の不満を受け入れる覚悟がある。

 

3つの質問に答えられるようになる為に

実際には、いきなりこれらの質問に明確に答えることは難しいかもしれない。

しかし、それはその人に何か問題があるわけではない。

ただ、今まで自分の人生と真剣に向き合う機会が少なかっただけである。

だが、これからは違う。

転職が自分の人生に絶対に必要なものだという確信ができるまで、何度も何度も自分の人生と向き合おう。

その積み重ねが、転職を成功に導く「攻めの姿勢」を生むのである。

 

まとめ

どんな会社にもそれぞれのやり方があり、どんな仕事にも制約や責任が生じる。
楽な仕事など存在しない。どんな職場にも不満が生まれるのは当然である。

だが、転職先の不満を受け入れられない人もいる。
彼らは転職先を間違えたのだろうか?

転職先の不満を受け止めきれず「転職で失敗した」と後悔してしまうのは、転職先に問題があるというより、個人に問題がある。
彼らに共通するのは、常に「逃げている」ことにある。

転職を後悔する人は、志望動機も、転職先で考えることも「逃げ」。
あれが嫌、これが嫌、会社が悪い、社会が悪い。と他人や環境のせいにする。
そしてまた、転職を考える。

どんな問題も表面だけ見て表面的な対応をしていては、全て一時しのぎにすぎず、必ず問題は再発する。
転職問題に関しても、反省するべきなのは事前の調査でも事前の確認でもない。

自分の内面にこそ、見直すべきなのである。

 

・仕事を辞めるべきベストタイミングとは

・転職したい時に試してほしい心理テスト

・「仕事を辞めたい」のは「甘え」なのか?

・仕事を辞めたい理由で特に多い「職場の人間関係」対策

Copyright© 女神降臨 , 2020 All Rights Reserved.