「女にモテたい!」を叶える恋愛のコツ

男なら、「女にモテたい」と思うのは、当然のこと。

しかし、現実は厳しい。実際に女にモテるのはほんの一握りの男性で、それ以外のほとんどの男性はモテない。
この世は「恋愛格差社会」と言える。この格差は埋められないのだろうか?

実はこの格差を埋めることは簡単だ。それができないのは女性にモテるコツを知らないからだ。
一度このコツさえつかんでしまえば、恋愛相手に不自由することは無くなるだろう。

それでは、女にモテたい!とお嘆きの男性のために、「女性にモテるコツ」を解説しよう。

 

恋愛格差社会と誤解

恋愛市場は実力主義。一部のモテる男が多数の女を奪っていく。
この悲しい現実はおそらく、人間が人間に進化する前の時代から変わっていないだろう。

それでは、モテる男とそうでない男では一体何が違うのか。
この興味深いテーマはこれまで多くの議論を呼んできた。

しかし、なぜモテる男がモテるのか、たいていは説明がつかず、「生まれ持った素質」という結論に至る。
そして、たいていの男は「仕方ない」と、女にモテることを諦めてしまう。

しかし、それは大きな間違いだ。
男が女にモテるかそうでないかは、生まれ持った素質で決まるわけではない。
モテるコツ、恋愛のコツを知っているかどうかで決まるのである。

だから、モテない人はモテないことに気を落とす必要はない。
モテる男がそうしているように、自分もそのコツを身に付ければ済む話だ。
そして、そのコツの習得はさほど難しいことじゃない。

それでは、女にモテる恋愛のコツとは一体どんなものなのか。
順を追って解説しよう。

 

本当に、女にモテたい?

「女にモテたい」という気持ちは男なら当然持つ感情。
だが、モテない男性は、本当に女にモテたいのかを疑いたくなるような行動をとっている。

 

モテない男の特徴

モテない男は、恋愛に関してとても不思議な行動をとる。
いずれも「中途半端」、「どっちつかず」、「煮え切らない」という表現が当てはまる態度ばかりだ。
例えば、

  • 「出会いがない」と言いながら出会いを作らない。
  • 出会いはあるが、「イイ女がいない」と嘆く。
  • 意中の女性を誘わない。告白しない。
  • ある女性といい感じになっても、急に覚める。
  • あえて服装を乱したり、雑な言動を見せ、女性の前でふざける

これらを一言でまとめると、「めんどくさい」。
第三者の立場から見てもこのような態度はイライラする。
かわいそうなのは途中で冷められてしまった女性だ。彼女の失意は計り知れない。

モテない男性の不思議な行動は、一見バラバラに見えるが、根っこは同じ。
「恋愛に対する拒絶」である。

モテない男性は恋愛に対する嗅覚が鋭く、恋愛のにおいがする場所や状況を避けたり、破壊する。
だから、出会いを求めないし、女性との友情はそれ以上発展させない。
その結果、恋愛に対する真剣さを感じさせない印象が残る。

 

モテない男性を苦しめるもの

モテない男性だって、本当はそんな態度を取りたいわけではない。
本当は出会いを作り、恋愛をしたい。
だが、どうしてもそれができない。
考えるよりも先に、頭と体がそれを拒絶してしまうのである。

つまり、モテない男性は解決することのない矛盾を抱えている。
「恋愛をしたいという気持ち」と、「恋愛したくないという気持ち」が一人の男性の中でぶつかり合っている。
その結果、自分の気持ちさえもわからなくなって混乱している。

まるで出口の見えないトンネルの中にいる気分。
そして、この苦しみは誰にも分ってもらえない。

 

なぜ恋愛を拒絶する?

なぜこんなことになってしまったのか。実は理由は簡単。
恋愛に慣れていないのである。

人間は、慣れてないものに対しては、不安を感じる。
一体どう振る舞えばいいかわからなくて、緊張で身も心もガチガチ。
早くこの不安な場所から逃げ出したいと思う。

モテない男性は、恋愛に慣れていないから、恋愛に対して不安を感じてしまう。
だから、恋愛が予測される事態になると、不安が先行して逃げたい気持ちでいっぱいになる。

だが、現実は厳しい。
モテない男性がそうして恋愛と距離を取っている間に、モテる男性との恋愛格差はどんどん広がっていくのである。

 

モテる男が持っているもの

女性にモテる男性は、イケメン・高身長・高収入とは限らない。
もちろんこれらは恋愛に有利に働くが、モテの本質はそこではない。
そして、それは勇気無しには手に入らない。

 

モテる男がモテる理由

モテる男性は、女性に対して自然体だ。
とても堂々としていて、言葉や行動には勢いがあるが、無駄な力が入っていない。

ここにモテる理由が隠されている。
堂々とした態度や自然体からくるゆるい感じは、女性に安心感を与え、居心地の良さを演出する。

一方、モテない男性は緊張でガチガチ。
女性はそうした緊張感をも受け取ってしまい、居心地が悪い。早くその場から逃げ出したくなる。

つまり、モテる男性がモテるのは緊張しないことにある。
緊張が無くなればなくなるほど、その人の魅力が引き出され、たとえ女性を口説こうとがっついても相手は嫌味を感じないのである。

 

女性にモテたいなら

経験に勝る学習はない。
いくら本やネットで勉強しても、身をもって体験したものでなければ身に付かない。

恋愛も同じで、モテる男性はそれまでに恋愛に挑戦し続けた過去がある。
その過去の蓄積が「恋愛慣れ(女性慣れ)」を生み、どんな女性を前にしても自然体でいられるスキルを身に付けたのである。

人は挑戦を繰り返し、経験を積むと慣れる。そして、自信がつく。
自信がもたらす効果はとても大きい。

  • 勇気を持つことができる
  • 行動を起こすことができる
  • 立ち直りが早い

いずれも恋愛にとても重要な要素である。

女性にモテたいなら、恋愛に慣れて、自分に自信をつける必要がある。
そして、それはリアルな恋愛でしか身に付けることができない。

だが、それは難しいことではない。
ちょっとした誤解を解いて、ちょっとした勇気を少しずつ小出しにするだけでいい。
恋愛に自信をつけるには、大きな勇気も大きな覚悟も無用なのである。

 

女性にモテるコツ

モテない男性は、いろいろ誤解しているので、まずはその誤解を解こう。
そして、小さい一歩を踏み出す勇気を持つこと。
これができれば、今日からでもモテるようになる。

 

自分の魅力に気付く

モテない男性は、自分に魅力がないと信じている。
どうせモテない、モテるはずがない、と思い込んでいる。

これではモテるはずがない。頭も体も恋愛モードに切り替えることが出来ないからだ。
そこで、まずは、この低すぎる自己評価を引き上げることにしよう。

恋愛を始めるには自分の魅力に気づかなければならない。
それでは、自分の魅力、自分の誇れるものを思い出そう。

例えば、

  • 学歴や年収
  • 身長、体格、ファッションセンス
  • 友達が多い、同僚からも信頼が厚い
  • 打ち込んでいる趣味があり、休日は充実している

とにかく何でもいいから自分の魅力を思い出し、自分には女性にモテる資格があることをもっと強く自覚しよう。
モテない男性にはモテる自覚が足りなすぎるのだ。

むしろ、「俺の魅力をわからない女はどうかしてる」と上から目線で考えるくらいでちょうどいい。
モテない男性ほど、「俺はモテて当然。モテて当たり前。」という心構えでいよう。

 

他人の魅力に気付く

自分のイイところに注目して自分の魅力に気付けるようになったら、今度はその調子で他人のイイところに注目して、他人の魅力を見つけるようにしよう。
例えば、

  • 長く付き合っている友達や親友のイイところ
  • 会社で嫌いな人が、実はよく頑張っているところ
  • 仲のいい女友達の魅力的なところ

誰にでも魅力や欠点はある。
しかし、その欠点ばかりに注目しているととても大切な部分を見えてこない。
その結果、大切な友情や人間関係を失ってしまうことになりかねない。

大切なのは三番目、女友達の魅力に気付くこと。
今までそれをあえて考えないようにしてきたのではないだろうか。
それを認める勇気が今、試されているのである。

 

勇気を出す

女性にモテるためには、恋愛に慣れて緊張感を抜く必要がある。
そして、恋愛に慣れるためには恋愛に踏み出す勇気が必要だ。

それでは、勇気はどこからやって来るのか。
それは前述した「自分の魅力を自覚する」ことから始まる。
自分はモテるはずだ、嫌われるはずがない、という強い自覚を持てれば、同時に勇気もわいてくる。

次に、その勢いで小さな一歩を踏み出すこと。
コツは、今の自分にできること、である。

もちろんいきなり顔見知り程度の女性を誘うのは、誰にとっても困難。
ハードルが高すぎるし、失敗の可能性が高く、逆に自分に自信を失ってしまう。

だから、踏み出す一歩はとても小さなもので良い。
自分の魅力を認めることができない人は、勇気をもってこれを認めるとか、
他人の魅力を認めることができない人は、勇気をもってこれを認めるとか、
意中の女性を仲を深めるために、会話の中にプライベートな内容をちょっと混ぜるとか、
とにかく、今まで踏み出したことのないラインを越えることに意味がある。

そんな小さなことに意味を感じないかもしれないが、勇気は自信を鍛え、
一回り大きくなった自信が、一回り大きい勇気を引き出すことを可能にする。
こうして乗り越えることのできるハードルはどんどん上がっていく。

それは、かつてモテない男性が憧れていた姿。
女性に対して緊張せず、堂々とした態度はいつの間にか身に付いているだろう。

 

まとめ

モテない男性ほど女にモテたいと騒ぐが、いろいろ難癖をつけて、結局は恋愛に近づこうとしない。
だから、恋愛に発展することもない。

そんなの当たり前だろう。
自分から恋愛を遠ざけているのだから。

この社会では、恋愛なんかしなくたって生きていける。
だが、やっぱり彼女が欲しいなら、やはり乗り越えなければならない壁がある。

壁は勇気が無ければ乗り越えられない。
勇気は、自信がなければ生まれない。

モテない男性に足りないのは自信。
もっと自分に誇りを持ち、恋愛に挑戦して、自信を鍛えよう。

それこそモテるコツの神髄なのである。

 

・モテる男の9つの特徴

・【モテる男のlineの使い方】女心をつかみ、揺さぶるメールテク

・モテる男の顔ともてない男の顔の違い

Copyright© 女神降臨 , 2020 All Rights Reserved.