【モテる男のlineの使い方】女心をつかみ、揺さぶるメールテク

今やLINEは現代人の必須アプリ。
離れている相手とリアルタイムでつながりあえるLINEは、特に恋愛で重要な役割を果たす。

モテる男はLINEの使い方が上手だ。
彼らはLINEを使って、しっかり相手の心をつかみ、揺さぶり、好意を引き出し、誘う。

それでは、モテる男はどのようにLINEを活用しているのか、その実態をご紹介しよう。

 

モテる男のLINEの使い方

モテる男は、女心のつかみ方を感覚的に知っている。その独特の感性は、LINEの使い方にも表れている。
それでは、モテる男のメールの内容、連絡の頻度、返信の仕方について、ご紹介しよう。

 

モテる男のLINEの使い方① メールの内容

モテる男のメールの内容は、一言で言うと「サバサバ系」。
読む立場からすると少々素っ気ない印象を受けるが、違和感はなく、逆にサッパリした良い印象に繋がっている。

・文が短い
モテる男のLINEは短い。
情報量は必要最低限。句読点さえ省く場合も多い。例えば、「了解」の一言だったりする。

 ・顔文字、絵文字、スタンプに無頓着
モテる男は表現にこだわらない。
面白いスタンプを使うこともあるが、あまり絵文字、顔文字、スタンプを使うことに熱心ではない。

 

モテる男のLINEの使い方② 連絡の頻度

モテる男はLINEに積極的ではなく、連絡の頻度は驚くほど少ない。
相手から連絡が来たときに返すか、ズバッと誘うかのどちらかである。

・マメに返す
モテる男は、相手から来たメールに対して、マメに返している。
しかし、前述の通り、返信の内容は相変わらずシンプルである。

・積極的ではない
メールをマメに返すので丁寧な印象があるが、自分からメールをすることは稀。
自分からメールするのは、何かを確認したいときか、誘うときくらい。

 

モテる男のLINEの使い方③ 返信の仕方

モテる男は平気でLINEを無視する。
理由は、単純にメールが来ていることに気づいていないか、必要ないと判断したかのどちらか。

・未読無視、既読無視
メールが届いていることに気づかなければ無視することになるが、これは不可抗力。
しかし、メールが届いているのに気付いている場合は、わざわざ返信する必要がないと判断すれば無視するか、非常にシンプルな内容で返すだけである。

 

女心を揺さぶるメールテクとは

上で紹介してきたメールテクは、一見、女性に対して興味のない姿勢を示しているように見え、とても意中の女性を口説ける気がしない。
しかし、ここにこそ「モテる秘密」が隠されているのである。

 

モテる男とモテない男のLINEの使い方の違い

モテる男のLINEに対する考え方は、モテない男の考え方とあらゆる点で真逆。
モテない男は、LINEで女性と仲良くしようとしているし、それが可能だと信じている。

だから、言葉の選び方は、一字一句に至るまでとても丁寧で、一通一通に心がこもっている。
あわよくば自分の思いが伝わること、通じることを期待する。

さらに、相手から来たメールに対しては、即、脈あり判定に入る。
メールの一字一句を必死に熟読し、言葉の端端から自分に対する思いを探ろうとする。

その結果、モテない男のLINEには、不穏な空気が漂う。
何か重くて、粘着していて、下心を必死に隠している、そんな感じがする。

女性は、その陰湿さ(キモさ)に違和感を覚え、思わず距離を置きたくなる。
そして、ついに意中の女性から相手にされなくなるわけだ。

モテない男性は、よく女性から既読無視、未読無視される。
中には無視されたことに怒りだす哀れな男性もいるが、無視されるのはこうした理由があったのである。

 

モテる男の塩対応の理由

それに対し、モテる男のLINEに対する考え方は、もはや冷めている。
LINEに何も期待していないし、活用しようとも考えていない。

彼らは、LINEをコミュニケーションツールとして認めていない。
だから、好きな女性とLINEでつながりたいとか、メールのやり取りを楽しもうなどという発想もない。

彼らにとってLINEは、呼び出しツール。
基本的に、用がある相手を誘うときにしか使わない。

モテる男のLINEが塩対応になる理由がここにある。
メールでちまちまやるのなんて、めんどくさいのだ。

 

なぜ、サバサバ系がモテるのか

モテる男のLINEは冷たくて素っ気ないものだが、なぜ、女性を惹きつけるのだろうか。
その答えは女性のニーズに応えているからである。

女性がLINEでのやり取りを楽しめる相手は1人しかいない。
自分の好きな男性だけである。

それ以外の興味のない男性とのLINEのやり取りは時間とエネルギーの無駄。
要するに、あまり構ってほしくないのである。

モテる男のサバサバ対応は、この女性のニーズを満たし、ストレスを感じさせない。
これが、安心感と居心地の良さを作り、好印象につながるのである。

 

モテるためのLINEの使い方

モテない男性がLINEでモテる方法は簡単だ。
いつもと逆のことをやればいいだけである。

 

熱くなるな

好きな女性とLINEでつながるのは楽しい。
だから、つい、長い文章を送ってしまったり、やり取りを続けようとしがちだ。

しかし、文章が長いのも、やり取りが続くのも。女性にとってはうっとうしいだけ。
LINEでは、熱くなればなるほど女性からキモがられるのである。

だから、常にクールでなければならない。
LINEは相手と仲良くなるツールではなく、誘うためのツールであることを思い出そう。

 

好きなら誘え

LINEの使いどころは多くない。
誘うときだけで良い。

恋愛のプロセスは、本当はシンプルで、一本道しかない。
連絡先を交換したら、誘う。

それ以外のメールは相手にとってうっとうしいし、めんどくさいだけ。
やればやるほど嫌われていくので、注意しなければならない。

 

放置しろ

恋愛は相手のニーズを満たせば勝手に前に進んでいく。
マイナスよりもゼロの方が大きいように、嫌われないようにしているだけで良い。

なぜなら、それだけで心地良いからである。
だから、連絡先を交換しても、しばらくほっておくべきだ。

LINEでの失敗は、これを理解できていない人が一方的に自分の好意を押し付けることで起きている。
失敗したくないなら、相手の望まないことをしないこと。

そして、それは交際が始まってからも同じ。
恋愛は、いつでも独りよがりはダメなのである。

 

まとめ

LINEはとても便利なツールだが、どんなに頑張っても、LINEのやりとりだけで好きになってもらえることはあり得ない。
そんなのシェークスピアでも無理だ。

大切なのは、誘うこと。
情熱的なメールを1000通送るよりも、1回誘うことの方がずっと相手の心に響く。

もちろん、断られた時のショックはデカい。
もう二度と会えないかもしれない。

しかし、その大きなリスクを背負う覚悟が見えた時、初めて女性はあなたに惚れるのである。

 

・モテる男の9つの特徴

・モテる男の顔ともてない男の顔の違い

・「女にモテたい!」を叶える恋愛のコツ

Copyright© 女神降臨 , 2020 All Rights Reserved.