職場の人間関係が疲れる理由と改善策

職場とは、仕事をするために人が集まる場所。
仕事は人と協力して進めなければならず、人間関係は避けて通れない。

一方で、仕事を辞めたい(辞める)理由ランキングの上位には、必ず「人間関係」が入る。
つまり、みんな職場の人間関係に苦労している、と言うのが現状だ。

そんな中、特に人間関係に疲れを感じる人がいる。
彼らはなぜそんなに疲れてしまうのか、助かる方法は?

それでは、職場の人間関係が疲れる理由と、その対策について解説しよう。

 

職場の人間関係が疲れる理由

理想的な職場の人間関係とは、例えば以下のようなものではないだろうか。

  • お互いがお互いを尊重し、協力と妥協によって仕事を少しでも前に進める。
  • 仕事上のミスやトラブルにはカバーしあい、乗り切ったときには喜びを分かち合う。

しかし、現実はそうでないことが多い。

職場に集まる人々は、それぞれに個性、立場、役割あるいは感情を持っている。
これらの不一致が人間関係にストレスを発生させる原因となっている。

・それぞれの個性
無責任な言動、命令口調、粘着質、不衛生、差別的など、とにかくイライラさせる言動を取る性格の人がいる。

・それぞれの立場
上司と部下、先輩と後輩などの上下関係が発生すると、立場が上の者は下の人間を雑に扱う傾向があり、軋轢を生む。

・それぞれの仕事観
仕事に求める真剣さ、緊張度が異なると、お互いの態度はパワハラに見えたり甘えに見えたりする。

しかし、これらを改善するのは困難だ。
他人の個性や信念を変えることは仕事よりも難しいし、会社には上下関係はつきもの。
転職や異動しても、問題が先送りされるだけで解決しない。

そこで、別の視点を持ってみよう。
他人や環境を変えるのではない。
自分を変えるのである。

 

職場の人間関係が疲れる理由の本質

職場の人間関係が疲れるのは環境のせいではなく、自分の認識のせいかもしれない。
他人に対して緊張しやすい人は、職場でも緊張しやすく疲れやすい。
疲れる人間関係を改善するためには、自分の認識に注目する必要がある。

 

人間関係が疲れる人の心理

他人と接することに対するハードルは個人によって異なる。
初対面から打ち解ける人がいる一方、人見知りする人もいる。

人見知りするような人は、「自分以外の他者」に対する不安や緊張が強い。
彼らは常に以下のような恐怖や不安を抱えて生きている。

  • 怒られるかもしれない(怒られるに違いない)
  • 受け入れてもられないかもしれない(拒絶されるに違いない)

たとえ、何も失敗していなくても、何もしていなくても、初対面でも、あるいは何かに成功していても、関係ない。
とにかく不安で仕方ない。

仕事をスピーディに進めるためには、コミュニケーションは円滑に行わなければならない。
このため、職場でのコミュニケーションでは、これらの恐怖を乗り越えなければならず、多大な精神的エネルギーを消耗する。
これが職場の人間関係が疲れる理由の本質である。

 

疲れる人間関係の改善策

他人や環境を変えるのには多大な時間と労力がかかり、効果も限定的。
それよりも、自分を変えることの方が現実的だ。

そもそも、自分の都合のいいように他人や職場に変えようという考え方は、自己中心的で職場の和を乱す原因になる。
職場の人にはそれぞれの立場、信念、個性がある。これは尊重しなければならない。
それでもそれを実現したいなら、起業して強権的な社長になる方が早い。

職場の人間関係の疲れを改善するためには、自分を振り返り間違った認識を見直そう。
これを矯正することができれば、職場は過ごしやすい環境になり、仕事もはかどる。
その具体的な方法については次章で解説しよう。

 

職場の人間関係の改善策

もしあなたが、職場の人間関係が疲れやすいと感じているなら、それはあなたの認識が間違っているかもしれない。
そこで、過剰に不安や緊張を感じないように物事の認識を変えよう。

 

自分を肯定的に見る

人間関係に疲れやすい人は、反射的に自分を否定的に見る癖がついている。
自分の欠点ばかりが目につき、相手に拒絶される不安を大きくする。
他人に緊張してしまうのはこのためだ。

これからは、自分のいい点に注目するようにしよう。
自分のいい点に注目していれば、考えることは楽観的になり、不安や緊張が軽減される。
自分を否定する考えが浮かんだら、即座に振り払い、自分のいい部分に目を向けるようにしよう。

 

合格点を目指す

人間関係に疲れやすい人は、粗探しの名人だ。
とにかく自分の仕事の完璧ではない部分に注目し、傷つき、悲観する。
だから、自分の仕事ぶりに自信と誇りを持てずに、いつもビクビクしてしまうのだ。

これからは、合格点を目指すようにしよう。
完璧かどうかではなく、合格できるかどうかに注目するのだ。
そして、他人の仕事にも過去の仕事にも、合格点をクリアしていたらそれ以上詮索しない事。
それ以上踏み込んでも、疲れるだけである。

 

希望を探す

人間関係に疲れやすい人は、とにかく不安がる。
まだ起きてもいない未来に予想される失敗を想像してばかりいる。
だから、いつまでたっても踏み出せず、他者からの指摘材料を増やす。

これからは、不安要素ではなく実現可能性に注目しよう。
そこから生まれる発想、考え方、感情はポジティブなものになる。
何かに踏み出すときはそのままその勢いで飛び出すことがコツ。
あとは何とかなるものである。

 

自分を許す

人間関係に疲れやすい人は、我慢してばかりいる。
我慢して蓄えたストレスが、人間関係のストレスをより大きく感じさせる。

これからは自分を解放してあげよう。
やりたいこと、やるべきことを堂々とやるのだ。

周りはあなたのその言動を期待している。
人間関係がぎくしゃくしているなら、それはあなたがいつも黙っているからかもしれない。

 

ストレス解消する

我慢が多い人は自分を癒すことを忘れがちである。
完璧主義がたたって、自分を休ませる許可を出せないのだ。
これはストレスをためる原因になる。

そこで、自分の好きなことをする時間を確保しよう。
毎週決まった時間に趣味に打ち込む時間を作るとか、好きなものを食べに行くとか。

ストレスがほっといても解消されるのは、体力のある20代まで。
30代以降は賢くストレスを付き合わなければならない。

 

まとめ

職場の人間関係は疲れるが、問題の本質はそこではない。
悪くない人間を悪者と決めつけたり、逃げるように転職してしまうと、かえって自分を苦しめる結果になりかねない。
本質を見誤った表面的な対応は、一時的なその場しのぎにしかならない。

どうも疲れすぎる、異常だと感じるなら、それは自分を振り返るサインだ。
あなたほど人間関係に疲れている人はいないかもしれない。
しかし、それは同時に自分の異常性に気付かなけれなならないということだ。

1つの現象も見る角度を変えれば、別の現象に見える。
職場も見方を変えれば、別の職場に見える。
そして、見方を変えることができるのは、自分しかいないのである。

 

・人間関係で仕事が辛い。疲れる人間関係を改善する方法

・職場で孤立したときの対処法

・【職場いじめの原因と対策】いじめのメカニズムといじめを終わらせる方法

Copyright© 女神降臨 , 2020 All Rights Reserved.