【男性向け】モテる意味とモテる意義

男なら誰でも、モテる男でありたいと思う。
女性にモテるのは男冥利に尽きる。
その満足感は男としての自尊心を満たし、さらに自分に自信を持たせてくれる。

それでは、モテる意味とは何か、モテる意義とはどんなものか、
そしてモテる方法についても解説しよう。

 

モテる意味

一般的に、「モテる」とは、人気があることを言う。
とりわけ、複数の異性から恋愛対象として見られることを指す。
男なら誰でも一度は見る夢である。

 

モテることに意味はあるのか

もちろん誰でも女にモテればうれしいもの。
女にモテるということは、男としての魅力を認められた証拠であり、自尊心が満たされる。
この満足感は女にモテることでしか得られない。

しかし、モテなくたって何ら問題ない。
モテることで得られる満足感は希少だが、人生で得られる様々な満足感のうちのほんの一部に過ぎない。

それに、男の魅力は、女にモテるかどうかを評価に含めるべきではない。
なぜなら、女にモテるが信用できないヤツもいれば、女にモテないが尊敬できる男もいるわけで、
女にモテるかどうかはその男性の評価において意味をなさない。

さらに、単純にモテればいいというわけでもない。
顔や年収が良いという理由で寄ってくる女にモテても意味がない。
表面的な理由で好きになる女は、表面的な理由で愛想を尽かして去っていくからだ。
そんな女に時間とエネルギーを割くべきではない。

つまり、モテるかモテないかは、その時の気分が多少良くなる程度の意味しかない。
モテないことに悩む男性は、それほど気にするべき問題ではない。

 

モテすぎ注意

モテたいのは全男性の夢ではあるが、実際にモテるようになると様々な障害が発生する。
しかも、真面目な男性ほど特に苦しむことになる。

例えば、複数の女性が言い寄ってきた場合、全員と週末に会うわけにもいかない。
何よりも貴重なプライベートな時間を奪われるからだ。さらにお金も飛ぶ。
それに、誘いをかわしたり、断ったり、振ったり、無視したりすることに心を痛めることになる。

その他にも、歓迎できないことはいくらでもある。

  • 寄ってくる女性を振り慣れてしまい、人を傷つけることが平気になる。
  • 女性が勝手に寄ってくるから、女性を下に見るようになる。
  • 寄ってくる女性を選んでばかりいると、恋愛感情がわからなくなる。

このように、モテすぎることで辛い思いをするか、人間としての劣化を招く恐れがある。

モテることは男の永遠の夢ではあるが、モテることに適度な距離感を置いておかなければ、
いわゆる「最低な男」になりかねない。

 

モテる意義

女にモテることは、恋愛だけでなく仕事やその他すべてにおいて良い影響をもたらす。
つまり、人生が充実する。ここにモテる意義がある。

 

モテる効果

男は女にモテると、人生を充実させる好循環が回り始める。

  • 女性にモテると、男としての自尊心が満たされ、自分に自信が持てる。
  • 自分に自信を持てれば、全般的に考え方は前向きになり、行動にも積極的になれる。
  • 前向きな考え方と積極性な行動は、恋愛だけでなく仕事や趣味においても成功を呼ぶ。
  • 成功は自分に自信を持たせ、自信はモテる男の雰囲気を作り出す。
  • モテる雰囲気がさらに周囲の女性を惹きつける。
  • 以下繰り返し。

このように、女性にモテることで自尊心が強化され、結果としてあらゆることにいい影響を与える。
これこそ、目指すべき生き方、人生の充実である。

モテることはそのきっかけに過ぎない。
モテることはゴールなのではなく、スタートなのである。

 

モテる注意点

しかし、仕事や人生を充実させるために女にモテようとするのは、視点がちょっとずれている。
逆だ。
仕事や人生が充実しているから、女にモテるのである。
この順番を間違えてはいけない。

仮に女にモテるための恋愛テクニックなどマスターしても無駄だ。
表面をいくら繕っても中身が伴わなければ、長続きしないしすぐに正体がバレる。

女にモテたいのなら、たとえ遠回りに思えても、やはり内面を磨くべきである。
それが唯一の、そして確実にモテる近道なのである。

 

モテる方法

モテるためには内面を磨くことが近道になる。
そこで、女にモテるための内面の磨き方を解説しよう。

 

自分がモテていることに気付く

モテる理由をまとめると以下のようになる。

  • 外見や肩書、年収などの記号化された魅力
  • その人の態度、姿勢から漂う雰囲気
  • 価値観や個性が強烈

注目したいのは3つ目の「価値観や個性が強烈」である。
あなたも知っているだろう、時には信じられない人間がモテることもある。
横暴な犯罪者でも、理解できない行動を示す人でも、そこに強烈に引かれる女性はいる。
(世間の敵とされたオウム真理教のスポークスマンに女性ファンができたり、シャブ中パンクロッカーは女性を切らしたことが無かった。)

つまり、個性を認めてくれた女性にモテることになる。
そして、個性のない人間などいない。つまり、誰でもモテるわけである。

実際に今も誰かにモテているはず。
問題はそれに気づいていないこと。あるいは気付こうとしていないこと。

よく周りの女性を観察してみよう。
女性たちの不振な動きは、きっと脈ありサインに違いない。

 

自分の魅力を認める

自称モテない男、自称モテたい男は大きな誤解をしている。
自分がモテるわけがない、と決めつけている。
しかし、これは間違い。

自分にはいろいろと魅力があるはず。
これをもっと強く自覚しよう。

そこで、自分を誇りに思える部分をリストアップしよう。

  • 過去に付き合った女性に褒められたこと
  • 過去に友達や上司から褒められたこと
  • 誰にも負けない得意分野があること
  • 友達や後輩などから信頼されていること

など、何でもいいので自分を誇りに思えることを思い出し、自分を誇りに思えるようにしよう。

モテるはずがない、と信じている間は、絶対にモテない。
モテるはずだ、と信じていれば、絶対にモテる。

 

満足できる点に注目する

自称モテない男性は、あらゆることに対して欠点に注目する癖がある。
もちろん自分にも、他人にも、自分を取り巻く環境にもそうである。
このようなネガティブ視点ばかりだと、そこから生まれる発想もネガティブなものになる。

そこで、これからは欠点ではなく、満足できる点に注目するようにしよう。
つまり、ダメな部分ではなくて、イイ部分にまず着目するのだ。

どんなにつまらない仕事にも充実感を覚える瞬間はあるし、
どんなに嫌いな人にも評価、尊敬できる部分はあるものだし、
どんなに困難な状況でも、必ず解決の道はある。

こういう視点を持つようにすれば、楽観的、前向きな考えを持つことができるようになる。
楽観的に考えることができれば、もはや無敵だ。恋愛も仕事も何でもうまくいく。
恋愛に楽観的思考を応用することができれば、モテないと悩む日々はすでに過去のものになっているだろう。

 

不安を無視する

何かやろうとするとき、必ず不安が頭をよぎり、邪魔をする。
しかし、その不安はたいてい考えすぎである。
そこで、これからは不安が頭をよぎっても、相手にせずに意識的に無視しよう。

うまくいかないかもしれない、失敗したらどうしよう…。
無視だ。こんなもの。
たいていは、やってみれば何とかなる。

だから、もっと自分を信じて飛び込んでみよう。
その瞬間からあなたはモテはじめるのである。

 

まとめ

ところで、あなたがモテる男になった時、果たして惹きつけられるのは女性だけだろうか。
きっと上司や後輩から慕われ、友達も多く、初対面の人からも良い印象を持ってもらえるはずだ。
つまり、実際にモテる状態になったら、女性にだけモテるなんて器用なことはできない。
異性にモテるのは、モテるうちの一部の出来事に過ぎない。

これを言い換えるとモテると言うことは、すべての人にモテるという意味である。
だから、女にモテる男を目指すことよりも、すべての人に愛される人間を目指そう。
そしてモテる方法も前述の通りだ。

女にモテる生き方も、その他の全てに愛される生き方も、
さらには、自分に愛される生き方も、実はすべて同じなのである。

 

・彼女の作り方がわからない人のための恋愛マニュアル

・【好きな人への正しいアプローチ術】恋愛は焦らないことが大原則

・モテたい男性のための恋愛学入門

・【簡単に彼女を作る方法】出会いから告白までのコツ

Copyright© 女神降臨 , 2020 All Rights Reserved.