女神降臨

アラサーたちを悩ませる、仕事や恋愛の悩みが解決するサイト

自分磨きに大切な内面磨き。その方法とは。

更新日:

自分磨きには2つのアプローチがある。
1つは外見を磨くこと。もう一つは内面を磨くこと。

どちらも重要であり、お互いにいい影響を与え合う。
つまり、外見を磨けば内面が磨かれるし、内面を磨けば外見も磨かれる。
これは、人間の外見と内面は表裏一体だということを教えてくれる。

しかし、自分磨きにおいて注力するべきなのは内面の方である。
なぜなら、内面を磨くことの方が難しく、成果も目に見えにくいため、放置されがちだからだ。
自分磨きを思い立ったら、取り組むべきはこの見過ごされがちな内面磨きである。

それでは、内面を磨くには一体、どうすればいいのだろうか。その疑問にお答えしよう。

 

自分磨きの2つのアプローチ

自分磨きには、①外見を磨くことと、②内面を磨くこと、の2つのアプローチがある。
このどちらも重要であり、お互いにいい影響を与え合う。

 

自分磨きその① 外見磨き

外見磨きは、見た目の印象をよくすることである。
そのためには、自分に似合う服、似合う髪型などをいろいろチャレンジして見つける必要がある。

例えば、服で言えば、ファッションセンスは試着した服の数で決まる。
自分で試したり、友達や店員さんに相談しているうちに、目が肥えてくる。
そして、いつの間にか自分に似合う服を選べるようになっている。
ファッションに限らず、センスとは磨くものである。

さらに、外見を磨く手段として体格を変化させる方法もある。
例えばダイエットでやせる、鍛える、あるいは整形する。
いずれも成功すれば、効果的に自分を見せることが出来、さらに自信を持てるようになる。

 

自分磨きその② 内面磨き

内面磨きとは、内面的な魅力を上げることである。
内面的な魅力とは、諦めない芯の強さ、他者に対する懐の深さ、行動力などが挙げられるが、これらを身に付けるためには、様々な経験を積み、見識を広げると良い。

例えば、困難にくじけそうになってもやり遂げることができれば、諦めないことや行動を起こすことの大切さを知る。
あるいは社会的弱者と交流を持つことで、他者に対する寛容さが育まれる。

社会は、体験しなければわからないことだらけ。
子供の時に感じた大人の余裕、あるいは大人になった今尊敬できる偉人の説得力は、体験しなければ得られない様々な見識に裏打ちされたものである。

 

人間の外見と内面

人間の魅力は、外見と内面の両方が大切である。
そして、この2つはお互いに影響を及ぼしあう。

例えば、ミスコンに出場する女性は、大会を勝ち上がっていく度にどんどん美しくなるという。
これは、勝ち残ったことで自分に対する自信を持つことになり、その自信が外見を磨く努力に繋がるからである。
この事例は、まさに内面と外見がお互いに高めあう関係にあることを示している。

もちろん逆も起こる。

引きこもりがちな人、自分に自信がない人、外に出たがらない人の服装は、暗くて重めの色使いだったり、サイズが合っていなかったりして、全体的にいまいちパッとしない。
明らかに自分の内面が外見に現れるという一例である。

以上のように、外見と内面は見事に一致する。

 

どちらかといえば内面の方が大事

自分磨きには外見の改善と内面磨きの両方が大切なのだが、
外見を磨くのは、取りかかりやすくモチベーションも上げやすい。外見は目に見えるからだ。

一方、内面磨きは放置されがちである。
内面は目に見えないうえに、内面を磨くことは困難が伴うからだ。

 

内面磨きが放置される理由

自分の内面を磨くのは容易ではない。
自分の弱さ、見たくないものに直面する勇気がいる。
困難を前に逃げたくなる自分を強い意思をもって引き留めなければならない。

そして、努力の成果を実感しにくい。
こんなに頑張っているのに、本当に効果があるのか?と疑問を抱きやすい。

さらに、内面は外見と違って、磨く必要性を感じにくい。
外見は、鏡を見れば一目瞭然だし、体重計乗れば状況を数字で把握できる。

以上の理由で、内面を磨こうと決意したり、努力を続けることが難しい。
内面は、目に見えないからこそ、放置されがちである。

 

自分磨きのアンバランス

内面磨きを避けて通ってきた人は、会った人に違和感を与える。
外見をいくら取り繕っていても内面が伴わないから、アンバランスなのだ。

例えるなら、純金製にに見える粗雑な金メッキ品。
ちょっと刺激すればすぐにメッキがはがれて、中身が露呈する。

強引な手腕でプロジェクトを進める人は、一見、リーダーシップに優れているように見えるが、
スケジュールが遅れたり困難に直面するとパニックになってしまうようではいけない。

 

内面を磨くには

内面を磨くには、自分の弱さに気付き、克服することが必要である。
しかし、このどちらも普段の生活の中ではできるだけ気付かない様に目をそむき続けているものである。
これに気づかせてくれるのが試練である。
困難な状況に直面したとき、人は改めて自分の弱さ、それを克服する必要性を思い知らされる。

しかし、ここで逃げてはいけない。逃げてしまえば、中身の伴わない大人になり下がってしまう。
内面を磨くためには、自分の弱さを認めなければならない。
そしてそれに気づかせてくれるのが、試練つまり、自分にとって困難な状況というわけなのである。
内面磨きは困難に直面することから始まる。

 

内面の磨き方

内面を磨くためには、困難に挑戦することが必要である。
新しいことや難しいことに挑戦することで世界は広がり、内面が深堀され人間性に深みが増す。
内面磨きに関しては、成功や失敗という結果よりも、そのプロセスが重要である。

 

好きなものに挑戦してみる

自分磨きには、これまでとは異なる行動をとることがとても有効である。
新しい世界は新しい価値観をもたらし、社会や他者に対する理解が深まり、懐の深さを作る。

まずは、興味のあること、ずっとやってみたかったことに初挑戦してみよう。
すると、以下に挙げる2つの効果が期待できる。

・価値観が広がる
今まで見えなかった世界が見えるようになり、知識が増えて多角的なものの見方ができる。
例えば、これまで決めつけていたことに対して、柔軟な考え方を可能にする。
あるいは、他者に対して理解を示すことができ、許せなかったことを許せるようになる。
なんとなく嫌いなものを、理由をもって説明できるようになる。

・自信がつく
成功や失敗というよりも、挑戦した自分に自信を持つことができる。
自信は、ポジティブな発想を生み、行動を積極的にする。
そして、次なる挑戦を気持ちの上で加速させる。
たとえ挑戦が失敗に終わっても、立ち直りが早くなる。

基本的に人間は、新しいことに挑戦することが苦手である。
未経験ゆえの不安が勝ってしまうから、避けようとしてしまう。
しかし、好奇心や夢の実現など、好きな気持ちがあればこうした障害を乗り越えることができる。
この「好きパワー」を活用するのだ。

 

困難に立ち向かう

人間は、経験したことがないもの、苦手なものに不安を感じるため、避けようとする。
だからこそ、ずっと未経験なのであり、ずっと苦手なままなのだ。

だからこそ、内面を磨くためには、自分にとっての困難に挑戦することが重要である。
成功も失敗も関係ない。とにかくやってみることが大事で、実はうまくいくかもしれない。
さらに、この不安に負けないで突撃する経験それ自体が、勇気や度胸を育てるのである。

困難から逃げるべきではない理由は他にもある。
諦めずに努力を続けれていれば、追い込まれれば追い込まれるほど潜在能力が引き出される。
それは、自分でも驚くほどの集中力、決断力、そして行動力である。

試練は人を強くする。
試練はそのストレスはあまりにも強いのだが、その分自分の能力を引き出してくれるのである。

 

苦手を克服する

苦手なものはストレスを感じるため、一般的に避けようとする。
その結果、苦手なものは克服されず、苦手なままである。

内面を磨くには、苦手を克服することが重要である。
しかし、過剰に気負う必要はない。苦手を克服するコツがある。
そのコツとは、簡単なことから挑戦することである。

苦手を克服しようという努力が続かないのは、難易度設定を間違っているからだ。
自分にとって難しすぎる努力を成し遂げようとするから、ストレスが過剰で疲れてしまうのだ。

だから、苦手を克服するためには、自分で「できそう」、「できるはず」、と思えるとことから挑戦するべきである。
それがどんなに簡単なものだとしても、構わない。どんな一歩もたいてい恐ろしく小さいものである。

その小さな挑戦による、小さな成功の積み重ねが、自分に自信を作る。
この自信が、次の挑戦を可能にする。

これを繰り返すうちに、自信だけでなく知識と経験も蓄積していくことになり、苦手なことにも柔軟性が生まれてくる。
こうなればもう、苦手は克服できたようなもの。

苦手は挑戦の繰り返しによって、いつの間にか克服できているものなのである。

 

自信を信じる

自分磨きで最も重要なのは、自分の可能性を信じること。
「できるはずだ」という確信を持ち続けることが、チャレンジを可能にし、挫折を回避する。

一方、「できないかもしれない」、「できるはずがない」、という自分を信じない姿勢は、挑戦を困難にし、挫折を招く。
もう2度と困難に挑戦をすることはないだろう。

とにかく自分の可能性を信じ、前を向き続けていれば、いつか必ずうまくいく。
内面を磨けるかどうかは、自分の可能性を信じれるかどうかにかかっているのである。

 

まとめ

試練は人を強くする。
だが、試練は非常にストレスである。だから、わざわざ試練に飛び込む人はいない。
こうして内面磨きは放置されたままの、内面が子供のままのような大人が多い。

こんな世界だからこそ、試練を経験した人は、他の人を圧倒する。
困難に立ち向かい、自分の弱さと向き合ったものだけが成長できる。

外見を磨くのも大事。
しかし、それは内面が伴ってこそ美しく演出できるのである。

見えないからこそ厄介な内面磨き。
これを制する者が、自分磨きを制するのである。

 

・自分磨きには「趣味」がベスト!その理由を解説

・【男の修行】精神も肉体も鍛えられる最適な自分磨きスポット

 

■おわりに
最後までお読みいただき、ありがとうございました。
本記事が、読者の悩みや苦しみ、辛い気持ちを少しでも緩和し、前向きになれる気付きや希望を提示できたものであれば、筆者としてこれほどうれしいことはありません。
ひいては、読者が抱えている困難の克服や夢の実現を通して、社会と人類への貢献につながることを願ってやみません。

◇当サイトについて
当サイトは、厳しい現実に悩む現代人に「より良い明日、より良い人生」の実現のため、独自の理論に基づいた成功メソッドを提供し、エネルギッシュでアグレッシブな生き方を支援します。

◇カテゴリー紹介
当サイトは、人生に起きる様々な悩みを「人生」「自分」「仕事」「恋愛」「転職」の5つのカテゴリーに分けて解説しています。

【人生】より良い人生の実現のために
自分の人生や生き方に不満や疑問を抱えていたり、夢や明るい未来を実現したい方のために、自分らしい生き方の実現や成功をつかむ方法について解説しています。
>>人生カテゴリーはこちら

【自分】なりたい自分になる方法
あるべき理想の姿と現実の自分とのズレに悩む方のために、自分を責めずに明るく前向きに生きる方法を解説しています。
>>自分カテゴリーはこちら

【仕事】仕事パフォーマンス最大化施策
思い描いた成果を出せずに仕事の適性を疑ったり、職場の人間関係に悩む方のために、ポテンシャルを引き出し仕事のパフォーマンスを向上させる方法や人間関係を円滑にする方法を解説しています。
>>仕事カテゴリーはこちら

【恋愛】誰でもモテる恋愛の技術
長い間恋人がいなかったり、コンプレックスを抱えて恋愛に一歩を踏み出せない方のために、恋愛の基礎とスムーズに恋人ができる方法を解説しています。
>>恋愛カテゴリーはこちら

【転職】エリートだけが知っている転職成功の秘訣
会社を辞める決心がつかなかったり、転職活動の進め方を具体的に知りたい方のために、会社を辞める勇気を引き出し、精力的に転職活動を進める方法を解説しています。
>>転職カテゴリーはこちら

◇著者紹介
成功・失敗事例の分析と心理学等の豊富な知識をまとめて完成させた成功理論をもとに、多くの人が抱える悩みに対し、論理的な解説と具体的な解決策をアドバイスしています。
>>著者紹介はこちら

◇編集・著作・配信
女神降臨(http://www.fortuna-smile.com/

Copyright© 女神降臨 , 2019 All Rights Reserved.