付き合うベストタイミングを見極めるチェックポイント

好きな人と付き合うためには、タイミングの見極めが大事。
タイミングは早すぎても遅すぎても、好きな人との距離を遠ざけてしまう。

恋愛の基礎は、お互いの信頼関係。
タイミングを間違うことは、お互いの信頼関係を壊してしまうのである。

しかし、付き合うタイミングを見極めることは、決して難しいことではない。
結果を焦らず、よく相手を観察していれば、タイミングを間違うことはない。

それでは、付き合うためのタイミングを見極めるコツを解説しよう。

 

付き合うタイミングを見極める重要性

好きな人と付き合うためには、タイミングの見極めが肝になる。
タイミングは早すぎても遅すぎてもダメで、いずれにせよ相手の期待を裏切ることになる。
例えば、

  • 友達だと思っていたのに、関係を迫られて怖い。
  • 友達以上を期待しているのに、ずっと友達のまま。

これでは相手の気持ちも離れて行ってしまうのも、仕方がない。

一度離れてしまった相手の心を引き戻すことは、ほぼ不可能。
多くの場合、そのまま知り合い以下の関係に転落する。
楽しかった日々はもう、戻ってこない。

これほどタイミングが重要なのは、恋愛が信頼関係で成り立つからである。
タイミングを間違うことは、その「信頼関係」を壊してしまうのだ。

 

付き合うタイミングを見極めるために

付き合うタイミングを見極めるためには、相手をよく観察することが大切。
自分のタイミングで切り出すと、必ず失敗する。
付き合えるかどうかは、相手の気持ちに寄り添えるかどうかにかかっている。

 

数字に騙されるな

付き合うベストタイミングは、単純な数字で表すことはできない。
知り合って1か月とか、3回目のデート、遅くとも半年以内などという基準は存在しない。

個別に判断する必要がある。
だから、2人の関係によっては、知り合って1か月では遅すぎるかもしれないし、1年待っても早すぎるかもしれない。

こうした事態が起きるのは、2人の関係はこの世に2つと存在しないものだからだ。
注目するべきなのは、数字やデータではなく相手のすべてである。

 

付き合うベストタイミングとは

男女が仲良くしていれば、たいてい付き合うべきタイミングがやってくる。
そのタイミングとは、相手が自分の気を許している時である。

恋愛は、2人の信頼関係の上に成り立つ。
2人がお互いに信頼できている時、相手に安心感を覚え、気を許す。

こうして「隙」が生まれる。
付き合うべきタイミングは、この「隙」を見逃してはいけない。
この「隙」の見極め方については、次章で詳しく解説する。

 

タイミングを間違う原因

付き合うタイミングを間違う原因は2つ。
「暴走」と「拒絶」である。

 

①暴走による失敗

好きな人と付き合いたい、という気持ちが強すぎると、アプローチのタイミングが早すぎて失敗する。

付き合いたいという気持ちは、希望的観測を生む。
何でもないちょっとした相手の一挙手一投足に良き兆候を見出そうとして、拡大解釈する。

その結果、希望的観測が現実のように思えてくる。
こうして正確な判断をできなくなり、間違ったタイミングでアプローチをかけてしまう。

これは自分の希望に相手を当てはめようとするもので、非常に自分本位。
相手をよく観察しているようで、あくまで主軸は自分にある。

 

②拒絶による失敗

恋愛に慣れおらず、恋愛に対する不安が強いと、アプローチのタイミングが遅すぎて失敗する。

人間は慣れていないものに不安を感じ、避けようとする。
恋愛に関しても同じで、頭では好きな人と一緒になりたいと思っていても、無意識にそれを酒用としてしまう。

その結果、あらゆることを悲観的に考えるようになる。
こうして正確な判断ができなくなり、目の前のベストタイミングをあえて無視してしまう。

 

付き合うベストタイミングを見極めるコツ

実は、付き合うべきタイミングを見極めることは難しいことではない。
だが、自分自身がこれを邪魔してしまうことに問題がある。

自分がその人のことをどんなに好きか、ということよりも、
どれだけ相手を観察し、相手のために尽くせるかにかかっている。

恋愛も信頼関係で成り立つ、人間関係の一つ。
独りよがりは、決していい結果を生まない。

 

付き合うタイミングを見極めるチェックポイント

好きな人と付き合えるかどうかは、アプローチのタイミングにかかっている。
ここで重要なのは、観察力。
相手をよく見て、正確にタイミングを判断しよう。

 

付き合うタイミングを見極める判断材料

人の気持ちは見えない。
しかし、気持ちは全てに表れる。

ここで特に重要なのは、表情、声、言葉使い、相手からの積極性など。
どれかひとつではなく、総合的に判断すること。

そして、これらをできるだけまっすぐ、正確に解釈すること。
解釈を捻じ曲げたり、証拠のねつ造をすると、判断を間違える。
恋愛は、力づくではどうにもならない。

 

付き合うタイミングを見極めるチェックポイント

タイミングを見極めるコツは、相手から積極的な姿勢があるかどうかで判断できる。
例えば、

  • 相手から誘われる
  • 相手から連絡が来る
  • 相手から話しかけられる

積極的な姿勢は、相手に対して信頼感を寄せていなければ生まれない。
それは、恋愛でなくても友情においても同じ。
つまり、好きな人と仲の良い友達になれているか、が見極めのラインになる。

全然連絡がこないとか、全く話しかけられない、メールを無視されるようでは、まだ信頼関係が構築できていない。
つまり、まだアプローチにはまだ早い。この段階では接触の機会を増やして相手に信頼してもらえるように努めるのが先決である。

 

微妙なライン

相手によっては解釈に困る場合がある。
自分に対して好意的なのか、嫌われているのか、よくわからない矛盾した態度を取る場合だ。
例えば、

  • よく話すけど誘うと断られる
  • よく一緒に食事、飲みに行くけど、そこまで。
  • 仲良くなったと思ったら、急に避けられるようになった
  • ときどき大量にメールがくる、あるいは長電話する。

これらの場合は、まだ付き合うべきタイミングではない。
相手はまだ信頼を寄せていい相手かどうかを判断できずにいる。
迷っているから、どっちつかずの反応を示すのだ。

この場合も、接触の機会を増やし、信頼感を持ってもらうように丁寧に接していればいずれタイミングはやってくる。
ここで大切なのは、あなたが迷わないこと。
あなたが迷っている限り、好きな人も迷い続けてしまうからである。

 

まとめ

付き合うべきタイミングは、1か月とか、3回目のデートだとか、数字で決まるわけではない。
恋愛関係は2人が作るもの。どこぞの知らない人が決めたルールに従うべきではない。

だから、付き合うタイミングは、相手をよく見て判断すること。
他人の意見に耳を傾けてはいけない。

そして、あなたがよく相手を観察し下した判断がどんなものであれ、それはいい結果を招く。
なぜなら、人は自分をよく見ている人を好きになるからだ。

だから、何が正解とか不正解とかではない。
あなたが出した結論なら、それが正解になるのである。

 

Copyright© 女神降臨 , 2020 All Rights Reserved.