性格が悪い自覚はあるが、性格は変えられるのか?

性格が悪い自分を変えたい。

  • 他人をバカにする。揚げ足を取る。
  • 愚痴が多い。嫌味を言う。
  • 分が悪くなると逆ギレ。
  • 失敗すれば、責任転嫁。
  • 機嫌が悪いと八つ当たり。

こんな自分のままではダメだと自覚している。
しかし、性格を治すことはできるのだろうか。

もちろん、性格を変えることはできる。
性格は、個人が身に付けた価値観や信念などによって作られたもの。
性格を変えるためにはここを見直せばいいだけだ。

それでは、自分の嫌いな性格の治し方を解説しよう。

 

性格が悪いという自覚があれば、性格は変えられる

性格が悪いことに悩んでいる人は多いが、本当に性格が悪い人はその自覚がない。
なぜなら、自分のどんな言動にも正当性を確信しているからだ。

自分の言動に正当性を感じている限り、その人は反省しない。
反省しなければ、改善点も見つからない。

結果、その人の性格は変わらない。むしろ、さらに頑固になっていく有様。
人の性格を変えることができない、という一般論の背景にはこうした事情がある。

その点、自分に見直すべき点があるという自覚がある人は素晴らしい。
なぜなら、その反省できる姿勢こそ、状況を改善していく基本だからだ。

性格は変えることができる。
しかし、そのためには変える必要性を自覚していなければならない。

自分の性格を変えたいと願う人は、すでに性格改善の一歩を踏み出しているのである。

 

性格とは何か?性格を変える方法は?

性格は、生まれつき決まっているわけではなく、個人が身に付けた認識によって作られている。
性格を変えるには、この認識を見直せばいいのである。

 

性格とは何か

性格とは、個人の思考、感情、行動のパターンである。
そして、その基礎になっているのは、個人の認識である。

認識とは、善悪の判断基準、価値観、優先順位、固定観念、常識、思い込みのことで、思考や感情のベースになるものだ。
私たちは、これらをもとに考えたり、感情を抱き、行動を起こしたり、先送りしたりする。

ゆえに、国民性や県民性に偏りが生じるし、親子でも性格が似る。
なぜなら、同じ環境で同じ価値観や信念を身につけるからである。

性格が悪い人の場合、その基礎になっているのは、ダメ出し視点。
だから、他人の欠点が気になるし、自分を取り巻く状況に対しても文句が多い。
自分の欠点を隠そうとしたり、指摘される前に逃げるのも同じ理由からだ。

もちろんこうした視点は、生きていく上で欠かせない。
しかし、欠点にばかり注目しすぎるのは、偏ったものの見方であり、不健全である。

 

性格を変える方法

ゆがんだ姿勢を治すためには、ゆがんだ背骨を矯正する。
これと同様に、ゆがんだ性格を治すためには、ゆがんだ認識を矯正すればいい。

そこで、慣れ親しんだダメ出し視点を止め、長所や強みに注目するようにしよう。

何事もバランスが大事。
偏ったものの見方が、偏った性格を生むのである。

 

悪い性格の治し方

性格の悪さを治すためには、欠点や弱点に注目する姿勢を緩和することが重要。
そして、それは決して難しいことではない。

 

視点を変える

私たちは、満足できる部分にイライラすることはない。
欠点や弱点がそこに存在するから、不平、不満、不安を感じるのである。
性格の悪さの根本的な原因はここにある。

性格の悪さに困っている人は、逆の視点を持つようにしよう。
つまり、長所、強み、メリットと言ったポジティブ要因を探すようにする。

欠点だけでできている人や物は存在しないし、不満だけしかない環境もない。
必ず、強みや恵まれている点を持っている。

もちろん、自分に対してもそういう視点を自分に向けることも大事だ。
性格の悪さにうんざりしているかもしれないが、それは一面的な見方に過ぎない。

本当は自分の魅力に自覚的でいるべきだし、友人や環境に恵まれている点も見過ごすべきではない。
今までの人生だって、運に助けられた場面があったはずだ。

そして、これからの未来もそうした点に期待して良いのである。

 

まとめ

社会を見渡しても、歴史を振り返っても、危機意識を持たない者は滅んでいく。
それは個人だけでなく、組織や国家も同様である。

性格が悪いという自覚がある人は幸いだ。
なぜなら、それを改善できる可能性があるからだ。

さらに幸いなことに、性格は変えることができる。
性格は変えることができないという一般論は間違いだ。

だから、自分の性格が悪いという自覚がある人は、希望を持とう。
そして、自分以外の点にもどんどん希望を見出そう。
そうした視点が、性格改善につながるのである。

 

Copyright© 女神降臨 , 2020 All Rights Reserved.