自分が嫌いだと誰とも付き合えない?自分を好きになって理想の人と出会う方法

欠点ばかりの自分が嫌い。
まず、自分の顔が好きじゃない。体形も気にいらないし、内面なんて終わってる。

こんな自分じゃきっと誰とも付き合えない。
もう恋愛とは無縁の人生かもしれない…。

残念ながら、その予感は当たっている。
自分が嫌いなままでは。

もし、また恋愛したいなら、自分を好きにならなければならない。
なぜなら、自分が好きな自分になれてこそ、人は最も魅力的になれるからである。

 

自分が嫌いだと誰とも付き合えない?

自分で自分が嫌い。でも、そんな自分を好きになってもらいたい。
という考えは、危険だ。

その根底にあるのは、甘えと期待。
これらが前提の関係は長続きしないし、そもそも生まれない。
なぜなら、甘えや期待は言葉に出さずとも態度に現れ、相手はそれを重く感じるからだ。

恋愛で重要なのは、相手に求めないこと。
そのためには、まず自分で自分を好きになることだ。

人は自分で自分が好きなとき、最も魅力的になれる。
そんな自分になれば、わざわざ求めなくても相手の方から与えてくれるのである。

 

なぜ、自分が嫌いだと恋愛できないのか?

良好な恋愛関係の構築は、無償の愛がベースになければならない。
なぜなら、相手に期待をすると、相手にとって重くなるからである。

 

期待は恋愛を遠ざける

自分が嫌いだけど、誰かに好きになってもらいたい。
自分が嫌いだけど、好きでいてもらいたい。

という考えが浮かんだら、失恋のサイン。
その考えの背景には、相手に対する期待がうかがえるからである。

相手に期待をすると、恋愛はうまくいかない。
期待をした瞬間、自分が相手にとって重くなるからである。

期待は言葉に出さなくても伝わってしまう。
目つきや言葉の選び方、あるいは態度から無言の期待がにじみ出ており、相手はそれに応えなければならないようなプレッシャーを感じる。

そして、うっとうしい、めんどくさい、という印象を受ける。
だから、期待は、隠しても無駄である。

 

自分嫌いが恋愛を楽しむためには

基本的に人間の価値観は同じ。
あなたが嫌いなものは、相手もきっと嫌いだ。
それを勝手に押し付け、しかも受け入れてもらおうなんて、甘えすぎ。

相手に好きになってもらいたいなら、好かれる自分にならなければならない。
つまり、自分で自分を好きにならなければならない。

あなたが魅力を感じない人間を好きになる人はいない。
もしいるとすれば、それはあなたを利用しようとしている詐欺師だけである。

 

自分を好きになって理想の人と出会う方法

自分を好きになれば、恋愛はうまくいく。
なぜなら、好きな自分でいられるとき、最も魅力的になれるからである。

 

自分の長所を知る

私たちは、自分の嫌いなところを探すことは得意だが、魅力的なところを見つけることは苦手だ。
自分が嫌いになりやすいのはこのためである。

そこで、改めて自分を振り返り、自分の長所や恵まれている部分を洗い出してみよう。
例えば、

  • 過去に褒められたこと、評価されたこと(例:学業や仕事の成績、性格など)
  • 外見上、優れていること(例:顔、身長、体形、センスなど)
  • 自分が持っているもの(例:学歴、友達、お金、家族など)
  • 自分が身につけているもの(例:服、スキル、知識など)

落ち着いて振り返ってみると、意外に自分には魅力が備わっていることに気づくだろう。
今までそこに気づかなかったのは、自分を否定することに慣れすぎているからである。

これからは、ここで挙げた自分の魅力的なところを自分の誇りにしよう。
それが、自分を好きになる第一歩である。

 

自分が好きなものに浸る

自分が嫌いな人は、いろいろと我慢をしていることが多い。
そんな人には、自分を解放すること、つまり遊ぶことが必要だ。

そこで、自分が好きなこと、やりたいことをやろう。
例えば、

  • 行きたいところに行く
  • 食べたいものを食べる
  • 会いたい人に会う
  • 趣味に没頭する

ここで注意したいのは、自分の価値観に沿ったものを選ぶことである。
つまり、誰かに紹介されたものではなく、素直な自分の声に従うことである。

人は、自分の好きなことをしている時、最も自分らしくなる。
そして、自分らしい瞬間こそ、最も魅力的になれる瞬間である。

自分が嫌いな人は、自分の人生にそういう瞬間をもっと増やすべきだ。
我慢のし過ぎは、自分を魅力的でなくしてしまうのである。

 

出会いは向こうからやって来る

自分をよく知り、よく遊ぶ人ほど魅力的。
なぜなら、その人は自分らしい生き方ができているからである。

だから、自分をよく知り、よく遊んで、魅力的な自分を好きになること。
そうすれば、わざわざ出会いなど作るまでもない。
あなたの魅力を認めた人の方から、近寄ってくる。

恋愛は、追えば逃げるが、逃げれば追ってくる。
自分の魅力をひたすら追求していれば、おのずと恋愛の方から使づいてくるものなのである。

 

まとめ

自分が嫌いな人は、そのままでは誰とも付き合えない。
あなたが嫌いな人は、きっとみんなも嫌いだからである。

だから、自分の欠点を挙げて、自分を嫌うのはやめよう。
自分を嫌いになって、良いことなんて何もない。

それより、自分を好きになろう。
自分をよく知って、好きなことに没頭する。
その瞬間、あなたは魅力的になり、そんな自分を好きになれる。

そんな魅力的な人を周囲の人がほっとくはずがない。
結局、恋愛は自分をどれだけ好きになれるかで決まるのである。

 

Copyright© 女神降臨 , 2020 All Rights Reserved.