【なんで?】自分でもわからない行動をとってしまう理由

自分でもわからない行動をとってしまうことがある。

  • 思ってもいないことが口を突いて出てくる。
  • 普段ならやらないはずのことに夢中になっている。
  • やるべきことなのに、必死に抵抗する。

まるで自分が自分でない感覚。はたして、その行動は本当に自分の意志だったのか。

私たちは、自分の行動が全て自分の意志によるものだと思っている。
しかし、その認識は間違っている。

私たちの判断や行動は無意識的に行われることがほとんどで、これらが本人に自覚できてないことも多い。
自分でもわからない行動をとってしまうのは、自分の意志が無意識に隠されているからなのである。

ここで問題なのは、自分の本音が無意識にかき消されてしまっていることである。

 

自分でもわからない謎の行動

自分でもわからない行動をとってしまい、戸惑う人は少なくない。

  • つい、言いすぎてしまった。
  • なぜか、夢中になっていた。

などと、行動した後に、反省したり驚いたりすることはよくあることだ。

この謎の現象の原因は、本音と建前のズレ。

  • 言ってはいけないのに、言いたくて仕方がない。
  • やってはいけないのに、やりたくて仕方がない。

このような本音が建前や自制を乗り越えてしまったのだ。

私たちの判断や行動は、毎度じっくり考えた末に導かれるわけではない。
ほとんどが無意識のうちに判断が下されており、それを自覚することができない。

自分でもわからない行動をとってしまうのは、そこに隠し切れない自分の本音があるからだ。
自分でも謎の行動は、自分の本音を汲み取るサインなのである。

 

自分でもわからない行動をとってしまう理由

自分でもわからない行動をとってしまう人は、真面目な人だ。
しかし、その真面目さが自分でもわからない行動につながっているのである。

 

自分でもわからない行動をとってしまう理由

自分でもわからない行動をとってしまう人は、いつも自分の本音を押し殺している。
その人はいつも真面目に常識やルールと自分の思考や感情を照らし合わせ、結局、

  • 言ってはいけない
  • やってはいけない

と、自分の本当の気持ちを隠す。

この人にとって、自分の本音は隠すべきものであり、常識やルールに沿ったものしか自分の本音を出せない。
それが習慣化してしまっている。

しかし、どんなに隠しても本音は無くなるわけではない。
それを隠し切れなくなった時、思わず身体が守るべき常識やルールから外れる方向に動き出す。

この自意識と実際の行動の不一致が、自分でもわからない行動の正体なのである。

 

自意識と実際の行動を一致させるには

自意識と実際の行動を一致させるには、自分に自由を与えることである。
いつも自分を縛っている常識やルールを取り払い、自由に考え、自由に感じるのである。

幸い、この国では、その事由が許されている。
特に現代においては、多少常識から外れても認められる傾向にある。だから、もっと自由に身をゆだねよう。

生きる上で大切なのは、ルールを守って常識的な人間になることではない。
自分の意志とルールを天秤にかけて、自分が何をするべきかを決める判断力なのである。

 

自分の本音を大切にする生き方

自分の意識と実際の行動を一致させるためには、自分の本音を大切にすることだ。
そのためには、自然に湧きあがってきたアイデアや感情を押し殺してはならない。

 

自由を与える

自分でもわからない行動をとってしまう人は、自由に考えることや感じることを禁じている。
それを我慢することに慣れすぎてしまい、そんな習慣が自分にあることさえ気づかない。

そこで、自分に思考と感情の自由を与えよう。
頭に浮かんだアイデアや反射的に感じた感情を、そのまま遊ばせるのである。

思考や感情を司るのは自分の脳だが、自分の脳の所有権は自分にある。
何をどう考えようが、何を感じようが自分の自由のはず。

だから、自分の思考や感情を無下に押し殺すのではなく、もっと大切にしよう。

 

好きを追求する

自分の意識と行動を一致させるためには、自分の好きなことを追求しよう。

例えば、おいしいものを食べに行くのでも、ひたすら寝るのでもいい。
とにかく自分が素直に気持ちがいいと思えることを追求するのである。

自分でもわからない行動をとってしまう人は、あまりにも自分を押し殺しすぎている。
人が社会で生きるためには常識やルールが必要だが、それを守ることが正義とは限らない。

時には、何よりも自分の気持ちを優先するべき時がある。
人生にはそういう瞬間があることを知るべきだ。

 

まとめ

自意識と実際の行動の不一致は、常識と本音の不一致と言っていい。
自分でもわからない行動をとってしまう人は、自分の本音を雑に扱いすぎだ。

常識やルールを守ることは重要だが、それに縛られすぎていると自分でもわからない行動をとるばかりか、生きる意味さえ見失う。
だから、もっと自分に自由を与えよう。

自由に考え、自由に感じることができるようになった時、自分でもわからない行動は無くなり、すべての判断と行動に責任を持てるようになる。
それが本当の意味での「生きる」ということなのである。

 

Copyright© 女神降臨 , 2020 All Rights Reserved.