【真実】自分に自信がない母親が、自分に自信がない子を作る。

私たちの人格形成に最も大きい影響を与えるのは、母親である。
なぜなら、出生直後に最も多くの時間を母親と過ごすからだ。

子供は、知識も経験も自立心もない状態から、脳の発達とともに多くを吸収し始める。
この成長の過程で、知識や経験を授ける存在こそ母親であり、子供の努力を評価するのも母親である。

つまり、子供は、母親の持つ価値観をそっくりそのまま受け取ることになる。
子供が母親に似るのは当然である。

 

自分に自信がない母親が、自分に自信がない子を作る。

人間にはそれぞれ人格があるが、それを作るのは親である。
人格はその人の人生そのものであり、それを作る親の責任は重大だ。

子供は知識や経験がゼロの状態で生まれてくる。
そこに、知識や経験を吹き込むのは親の役割が大きい。

特に、母親は授乳可能な体質の関係上、子供との距離感が近いため、子供は母親によくなつく。
その結果、子供は母親からの影響を強く受ける。

親から伝えられるものは、知識や常識だけではない。
親の態度や表情などからも、ものの見方、考え方、感じ方を学ぶ。

つまり、親の持つ個性的なものの見方、考え方が子に伝達される。
それがネガティブ志向の場合、子も当然、ネガティブ志向になる。

ネガティブ志向は、対象が何であれ、必ず欠点や弱点を見つけ出す。
そして、不安と緊張を呼び、勇気を失わせ、行動力を奪う。

ネガティブ志向が自分に向けられれば、自分の欠点や弱点が浮かび上がる。
そして、まるで自分が魅力のない人間であるかのように誤解してしまう。
自分に自信がないのは、そのためだ。

自分に自信がないのは、生まれつきそうだったわけではない。
成長の過程で、自信を失わせるものの見方、考え方を母親から学んだからなのである。

 

自分に自信を持つには

自分の魅力に気づくことができれば、自分に自信を持てるようになる。
そこで、今までとは違った角度で自分自身を振り返ってみよう。

 

自分の魅力を知る

自分に自信を持つためには、自信を持てる材料を見つけなければならない。
そこで、自分の長所や、恵まれている点を再確認しよう。
例えば、

  • 過去に褒められたこと、評価されたこと(例:学業や仕事の成績、性格など)
  • 外見上、優れていること(例:顔、身長、体形、センスなど)
  • 自分が持っているもの(例:学歴、友達、お金、家族など)
  • 自分が身につけているもの(例:服、スキル、知識など)

自分に自信がないと、こうした自分の魅力に無自覚だ。

しかし、これらも自分の一部。
これらの魅力を認める勇気が、新しい自分に変えるのである。

 

自分の可能性を知る

自分の長所に気づいたら、それを生かしてどんなことができるのか、想像してみよう。
例えば、

  • 得意なことに活かして誰かを助けることができる
  • 自分が持っているものを誰かと共有することができる
  • 自分が身につけているもので注目を集めることができる

これらは単独でも立派だが、組み合わせることでさらに可能性は広がる。

自分に自信がない人は、自分に秘められた無限の可能性を知るべきだ。
そして、そんな自分に誇りを持とう。

 

まとめ

性格の基礎は、着眼点である。
対象となる人や物のどこに注目するかで、そのあとの思考と行動が決まる。

私たちは、何のどこに注目するべきかを母親から学んだ。
しかし、それは間違っていた。

自分に自信を持ちたいなら、ポジティブな視点を身につけよう。
ネガティブな要素に注目して、自信を持ったり、希望を感じたりすることはできない。

子は親に似る。
しかし、親の間違いを子が引き継ぐ義務などないのである。

 

Copyright© 女神降臨 , 2020 All Rights Reserved.