幼少期に褒められなかった子供の閉ざされた未来

自信は、自己評価と密接な関係にある。
自己評価が高ければ自分に自信を持てるが、自己評価が低ければ自信を持てない。

幼少期に褒められなかった子供は、自己評価を高める機会に乏しく、自己評価が低いまま。
だから、大人になっても自分に自信を持てない。

自分に自信を持つためには、自己評価を高める必要がある。
しかし、幼少期に褒められなかった人には、それが難しいのである。

 

幼少期に褒められなかった子供の閉ざされた未来

学校とは違い、家庭には教育カリキュラムが無い。
さらに、家庭教育の内容が他者から評価される機会もない。

つまり、家庭教育には方針も計画もチェック機能もないのである。
現状、このような無責任でずさんな家庭教育が一般的である。

これで親の教育が正しい方向に向かっていれば問題ない。
しかし、実態はそうではない。

戦後に始まった厳しすぎる家庭教育が今なおスタンダード。
子供たちは親たちから自由や権利を奪われ、努力を否定され、褒められることもない。

この教育方針は明らかにバランス感覚を欠いている。
本来は肯定と否定がバランスよく配分されるべきだ。

ところが、子供たちは否定されてばかりいるために、自己評価を高められない。
こうして自信がない子供が誕生する。

人生の充実度は自信の大きさで決まる。
新しいことに挑戦したり、試練に立ち向かうためには勇気が要るが、勇気は自信の表れだ。

幼少期に褒められなかった子供は、この勇気をどうしても出せない。
だから、いつも引きこもりがちで、新しいことにも挑戦したがらない。

こうして人生の可能性が閉じられていく。

 

性格改善の難しさとその可能性

格は、幼少期に親に教えられた価値観が基礎となっている。
性格を変えるためにはその価値観を書き換えればいいのだが、これが容易ではない。

 

人格形成のプロセス

性格とは、個人の思考、感情、行動のパターンである。
そして、その基礎になっているのは、個人の認識である。

認識とは、善悪の判断基準、価値観、優先順位、固定観念、常識、思い込みのことで、思考や感情のベースになるものだ。
私たちは、これらをもとに考え、感情を抱き、行動を起こしたり、先送りしたりする。

例えば、親から自由を奪われたり、小さなミスにも厳しく指導される、といったことが繰り返されると、その子は自己評価を高める機会に恵まれず、自分に自信を持てないために、考えは悲観的で行動には消極的になる。

 

性格改善の難しさとその可能性

性格を変えるためには、性格の基礎となる「認識」を見直せば良い。

自分に自信がない人は、その基礎となっている「低すぎる自己評価」を高めれば良い。
そうすれば、自然に自分に自信を持てるようになる。

ここで問題なのは、自己評価を高めようとすると恐怖を感じることである。
自分を褒めようとすると、反射的に想像上の親が脳内でそれを邪魔するのである。

多くの人はこのありもしない親の声に従い、性格改善を断念する。
ここに性格改善の難しさがある。

自信を持ちたい人は、選択しなければならない。

  • 新しい価値観を身につけて、自信を持って生きるのか
  • 親に植え付けられた価値観を守って、自信がない生き方を続けるのか

これから先の人生をどう生きるのかは、すべて自分の選択にかかっているのである。

 

自分に自信を持つには

自分の魅力に気づくことができれば、自分に自信を持てるようになる。
そこで、今までとは違った角度で自分自身を振り返ってみよう。

 

自分の魅力を知る

自分に自信を持つためには、自信を持てる材料を見つけなければならない。
そこで、自分の長所や、恵まれている点を再確認しよう。
例えば、

  • 過去に褒められたこと、評価されたこと(例:学業や仕事の成績、性格など)
  • 外見上、優れていること(例:顔、身長、体形、センスなど)
  • 自分が持っているもの(例:学歴、友達、お金、家族など)
  • 自分が身につけているもの(例:服、スキル、知識など)

自分に自信がないと、こうした自分の魅力に無自覚だ。

しかし、これらも自分の一部。
これらの魅力を認める勇気が、新しい自分に変えるのである。

 

自分の可能性を知る

自分の長所に気づいたら、それを生かしてどんなことができるのか、想像してみよう。
例えば、

  • 得意なことに活かして誰かを助けることができる
  • 自分が持っているものを誰かと共有することができる
  • 自分が身につけているもので注目を集めることができる

これらは単独でも立派だが、組み合わせることでさらに可能性は広がる。

自分に自信がない人は、自分に秘められた無限の可能性を知るべきだ。
そして、そんな自分に誇りを持とう。

 

失敗をフォローする

人生は挑戦と失敗の連続。
この時、失敗を過剰に責めるべきではない。自分に自信を失うからだ。

そこで、自分が失敗したときは、フォローしてあげよう。
例えば、

  • 失敗したけど、うまくいった部分もあった。
  • タイミングが悪かった。相手が悪かった。
  • きっと次はうまくいく。

このように、自分を応援するのである。

失敗することは決して悪いことではない。
悪いのは、失敗を恐れて挑戦しない事なのである。

 

まとめ

親に褒められたことがない子供は、大人になっても自信を持てない。
それは、親に植え付けられた価値観のまま生き続けているからだ。

しかし、価値観も性格もそれで決定してしまったわけではない。
自分の意志で自由に変えられる。

自分に自信を持つためには、自分に自信を持てる価値観を身につければいい。
つまり、今までとは逆に自分のポジティブな面を認める姿勢を持つことだ。

そのことに罪悪感を持つ必要もないし、恐怖を感じる必要もない。
その新しい選択が、自分とその未来を変えるのである。

 

Copyright© 女神降臨 , 2020 All Rights Reserved.