彼女の作り方がわからない人のための恋愛マニュアル

彼女ができない人は、彼女の作り方がまるでわかっていない。
緊張でガチガチのまま女性に迫ったり、いきなり大きなステップを踏んで相手を引かせてしまう。
とにかく不安と緊張でいっぱいになり、いつもの自分らしさを発揮できない。

だが、それは恋愛の進め方を知らないだけである。
恋愛がどういうものかを知ることができれば、彼女なんて驚くほど簡単にできる。

それでは、恋愛が苦手で、彼女の作り方さえわからないとお悩みの男性のために、
恋愛とはどういうものか、彼女の作り方とはどういうものか、について丁寧に解説する。

 

彼女の作り方がわからない人の恋愛観

彼女がずっといない、なかなかできないという男性は、もしかしたら恋愛を誤解しているかもしれない。
例えば、以下のような考え方をしている。

  • ある日突然素敵な女性に会って、突然始まるもの。
  • 嫌われるかもしれないリスクを背負って決死の覚悟で誘わなければならない
  • 付き合うためには必ず告白をしなければならない
  • 恋愛テクニックを駆使すればこちらに気持ちを向かせることができると信じている。
  • 人間性を知ってもらえば思いが通じる

このように、彼らの持つ恋愛観は、夢と切迫感が同居した不思議な世界観を持っている。
いつか楽しい恋愛をしたいのだが、とても遠いところにあるような距離感があり、時にはリスクを背負わなければならないという不安や緊張感がある。

 

実際の恋愛は

しかし、実際の恋愛というものは、むしろ真逆。
恋愛は、いつの間にか始まっているものだし、男としての勇気や覚悟を試される試練の場ではない。
究極的には告白さえいらない。プロポーズせずに結婚する人もいるくらいだ。
そして、恋愛テクニックやら恋愛心理学などというものに意味はない。恋愛に慣れている人ほど興味を示さない。

恋愛は、コミュニケーションの一形態であり、友人や親友と言った信頼関係の延長上にある。
だから、彼女を作るのは、友達を作ったり、親友になるのと全く同じで、顔見知りの女性とお互いに信頼関係を強めた結果、いつの間に彼女になっている、というものである。
そこには不安も緊張も必要ないし、特別に勇気を振り絞ることもない。ましてやリスクを冒す必要もない。

 

彼女の作り方がわからない人の課題

世の中には、彼女があっさりできてしまう人と、彼女がなかなかできない人に分けられる。
いわゆる恋愛格差である。

この格差を分けるのは、男性のイケメン度でもなく、身長でも体重でも髪の量でも年収でもない。
あるいは人間性や男としての魅力でもないし、ファッションセンスでもない。

恋愛格差の正体は、「経験」である。

 

恋愛格差の正体

経験から得られる学習量は計り知れない。
一度経験することで全体像をつかむことができるし、失敗から課題も見えてくる。
そして、何よりも自信がつく。

これら経験から学習した財産によって、二度目の挑戦は初挑戦の時よりも、踏み出しやすいしうまくいきやすくなる。
それがまた新たな経験となり、スキルと自信をつけていく。

一方、経験したことがないものに対しては、未知への恐怖心からなかなか踏み出せない。
人間は恐怖心があると挑戦を避けようとしたり、及び腰になって失敗しやすくなる。
そして時間の経過とともに苦手意識は強化されていき、いつまでも挑戦しない。
だから、いつまでたっても恋愛に踏み出さない。

このように恋愛の経験によって自信を「つけていく」か、「つけられないまま」か、の2方向に別れる。
つまり、彼女の作り方がわからないのは、恋愛という未知に対する恐怖から逃げ続けてきたからなのである。

 

恋愛格差の真相

彼女の作り方がわからない人が、逃げ続けてきたとはいえ、勇気がないわけでも精神的に弱いわけでもない。
逃げざるを得ないほどの恐怖を獲得してしまった辛い過去があったに違いない。
例えば、

  • とても小さいころに女性に対する恐怖心を植え付けられた。(母親、姉などにいじめられた。など)
  • 思春期の頃の恋愛でひどく傷つき、女性不信をまだ治せていない。
  • 中学や高校から男性ばかりの環境で生きてきて、まるで女性との接し方を知らない。

自己防衛は人間の行動の基本原則である。
怖いもの、苦手なものを避けようとするのは、本能的、反射的な当然の反応である。

今、「彼女の作り方がわからない」と恋愛を苦手にしている人は、過去に不幸な経験をしてしまったために、しかるべき経験を積むことができなかったからなのである。

だから、これから恋愛というものがどんなものかを知り、少しずつ恋愛に挑戦すれば、いつか必ず彼女ができる日が来る。人生をやり直すのだ。

 

恋愛初心者向けの彼女の作り方

以下に挙げる彼女の作り方は、まだ恋愛をよく知らない人向けの初級プログラムである。
一般男性向けのアドバイス(とにかくナンパしろ、とか)はまだ、レベルが高すぎる。
何事も挑戦は自分のレベルにあったものにするべきである。
荒療治よろしく、いきなり難易度の高いものに挑戦してしまうと、逆に男としての自信を失ったり、古傷を深めてしまって、さらに恋愛から遠ざかってしまうからだ。

 

出会う

わざわざ出会いのチャンスを作らずとも、実はすでに未来の彼女候補は身の回りにいる。
例えば、

  • これまでに何度も連絡を取っている女性
  • 何時間でも話せる女性、あるいは長電話をしたことがある女性
  • 食事や飲みに行ける女性、あるいは良く食事や飲みに行く女性
  • 頻繁に連絡をよこす女性(メール、電話、ハガキ、問わず。)

「こいつらには興味ねえ」と思うかもしれないが、その姿勢がすでに恋愛から逃げている。
恋愛初心者ほど「女性=恋愛の可能性」と考えがちだ。しかしこの考え方は高校生まで。
仲良くしたからと言って彼女にする義務はない。
もっと肩の力を抜いて、柔軟な考えをもって、女性との友情を楽しむことを覚えよう。

 

友達になる

上述のように、恋愛はコミュニケーションの一形態。友達を作ることと変わらない。
だから、すでに知り合いの女性を一歩だけ進めた関係を作ろう。
やり方は簡単。

  • お願いをしてみる。(貸してもらうとか、手伝ってもらうとか。)
  • 教えてもらう。(相手が得意なものなら丁寧に教えてもらえる。)
  • 相談を持ち掛ける。(相手が答えやすい軽い相談が良い。)

「お礼に誘わなくちゃ」なんて気負う必要はない。「ありがとう」「助かったよ」で十分。
「女性=口説かなければならない」と考えていると、お礼をしなくちゃと焦る。
女性はそうした下心を一発で見抜くし、簡単なお願いや相談でさえ断ってしまう。
これでは友達になれない。

 

親友になる

女性と仲良くなって余裕が出てくると、相手を観察することができてくる。
すると言葉では発しなくても、相手の考えていることが常識的に推測できる。
そこで、

  • 喜びそうなことをする。
  • 困ってそうなら助けてあげる。
  • 褒める

もちろん無償で。見返りを期待する奉仕ほどめんどくさいものはない。見返りは求めた瞬間友情が壊れる。

 

恋愛関係になる

お互いに気心が知れていて、お互いの気持ちがわかるようなら、もう彼女一歩手前。
わざわざ口に出さなくてもお互いの好意を確信できているなら、告白という形で再確認すればいい。
告白は一か八かのギャンブルではない。事務的で簡単な最終チェックと考えよう。

 

彼女の作り方がわからないはずがない

彼女ができない人でも男性の友達が多い人がほとんどだ。彼らは驚くほどスムーズにコミュニケーションを駆使して信頼関係を築き上げる。

 

・仲良くなれそうな相手を適切に選ぶ
直接話さずとも、その人の外見、言葉使いなどから注意深くその人となりを判定している。

・適切な話題を選ぶ
顔見知りなら顔見知り向けの、友達なら友達向けの話題を適切に使い分けている。
知らない相手には当たり障りのない話題で声をかけ、仲のいい相手にはストレートに話題に入るし、もっと信頼関係があれば相手の欠点を指摘したりできる。

・友情を深める
共通の話題があればその話で盛り上がったり、一緒にメシに行ったり飲みに行ったりする。遠慮なく愚痴るし、丁寧に相談にも乗る。
このように連絡先を交換する、誘う、友情を深める。というルート開拓がスムーズである。

 

ご覧の通り、相手が男性だと恐ろしく高いコミュニケーション能力を発揮する。
そこに不安も恐怖も緊張もなく、適切な相手に適切な対応を取っている。
彼女を作るのも、この要領で進めればいいのである。

 

恋愛は二人で育てるもの

だが、これらを可能にするのは、相手をよく観察しているからである。
相手をよく観察しているからこそ、状況に合わせて適切な対応を取ることができる。

ところが、相手が女性になると、急に視野が狭くなる。相手をよく見ているようで全く見ていない。
自分が嫌われないかどうか、自分を好きになってもらうためにどうすればいいのか、などと自分中心思考になっている。
これでは一方的で、とても適切なコミュニケーションは取れない。

恋愛は二人で作り上げていくものだということを忘れてはならない。

 

まとめ

彼女ができない男性は、魅力がないのではない。
ただ、恋愛をよく知らないだけである。

だから、彼女ができない、彼女の作り方さえわからないとはいっても、事態は深刻ではない。
恋愛を知り、経験を積んでいけば、いつか解決可能な問題である。

本当は、ポテンシャルも能力も備わっている。
あとは、自分のレベルに合わせて簡単なことから挑戦を続けることである。

 

・【好きな人への正しいアプローチ術】恋愛は焦らないことが大原則

・モテたい男性のための恋愛学入門

・【男性向け】モテる意味とモテる意義

Copyright© 女神降臨 , 2020 All Rights Reserved.