ダサい自分を変えたい!ダサすぎる自分を変える方法

ファッションセンスが無くて辛い。

  • 鏡に映る自分を見て、心が躍らない。
  • 新しい服に、ときめかない。
  • なんとなく重い。なんとなく幼い。
  • ぶっちゃけ、ファッションなんてつまらない。

とにかく冴えない。ピンと来ない。
こんなダサい自分を変えたい。

どうしてこんなにダサいのか。
もっとスッキリ、服を着こなすことはできないものだろうか。

第一印象が重要なのに、見た目がアレでは、その先の展開は厳しい。
実際、第一印象を覆すことは難しい。

自分のダサさを何とかしたいなら、とにかく試着をしまくろう。
その勇気がダサすぎる自分を変えるのである。

 

ダサい自分を変えたい!

自分のファッションセンスに悩んでいる人は多い。
原因はいろいろあるが、とにかく自分に似合わない。

なんとかしたいが、どうしたらいいかわからない。
こうして自分はダサいまま。

でも、まあ、ファッションなんて適当でいいか…
と考えているなら、直ちにその考えを見直すべきだ。

なぜなら、服がダサいというだけで、本当はつかめていたはずのチャンスや失わずに済んだはずの信用を失っているからだ。
自分がダサいという自覚がある人は、そのことにも自覚するべきである。

そして、もう1つ。
ファッションセンスは決して生まれつきの才能ではないことを認めよう。
あなたがダサいのは、今までセンスを磨くことを怠けていた結果なのである。

 

ダサすぎる原因と対策

センスは、生まれつきの才能ではなく、生後、自分の意志で磨くものだ。
それを生まれつきのものだとしてセンスを磨くことを諦めていたら、いつまでたってもダサいままである。

 

ダサすぎる原因

センスとは、その人の選択のパターンである。
そして、その基礎になっているのは知識と経験である。

知識とは、テレビや雑誌、店員との会話などによって手に入れた情報のことである。
経験とは、実際に服を着てみて、それを自分で評価したり、他人から評価してもらうことである。
私たちは、知識をベースに経験を積み、その評価を次の経験に活かすことで、センスを磨いている。

服が好きな人は間違いなくセンスがいい。
理由はもちろん、知識と経験が豊富だからだ。

彼らは、積極的に情報を集め、勇気を持って様々な可能性を試してきた。
その結果、何が自分に似合うのかをよく知ることとなり、服選びに失敗することが無いわけである。

それに対してダサい人は、圧倒的に知識と経験が足りない。
だから、何が自分に合うのかよくわかっておらず、服選びに失敗するわけである。

 

センスの磨き方

逆に言えば、ダサい人に足りないのは知識と経験だけ。
つまり、知識を蓄え、経験を積めば、誰でもセンスを身につけることができる。

特に重要なのは、経験である。
実際に自分に合うかどうかは、試着して、鏡の前に立つまでわからない。

ダサい自分を変えたいなら、とにかく試着しまくること。
そこには必ず新しい発見と、感動と、自分を変えるヒントがある。

あなたがダサいままなのは、試着をする勇気を出せず、逃げていてばかりだったからなのである。

 

ダサすぎる自分を変える方法

ダサい自分を変えたいなら、とにかくいろいろな服を試してみること。
その勇気が、自分を変えるのである。

 

とにかく着る

ダサい人に足りないのは、知識と経験だけである。
ダサい自分を変えるには、いろいろな服を着てみることが不可欠だ。

自分と服との相性は、髪の色や肌の色で決まるわけではない。
それは、驚くほどたくさんの条件の組み合わせから、総合的に判断するものだ。
だから、自分に似合う服かどうかは、実施に着てみなければわからない。

センスは、そのリアルな経験によってのみ磨かれる。
そして、経験を積むには勇気が要る。

ダサい人には知識と経験が足りないが、本質的には新しいものを試す勇気が欠けている。
だから、いつも同じ色、同じ雰囲気の服ばかり選び、なんだかあか抜けないとか、いつもピンと来ないと嘆くのだ。

問題の本質は、センスではない。
新しいものを試す度胸。

あなたがダサい自分を変えたいと思うとき、それは新しい服に挑戦する勇気を試されているのである。

 

まとめ

センスは自分を映す鏡。
自分の服がダサいのは、自分の内面がダサいのだ。

何かを変えたいなら、チャレンジしなければならない。
口を開けて待っているだけでは、欲しいものは絶対に手に入らない。

自分のダサさに悩んでいる人は、自分に似合う服が見つかるまで何着の服を試しただろうか。
答えが見つかるまで、何軒の店を回り、何人のファッション通にアドバイスを求めたのだろうか。

しかし、自分のダサさに気づいているということは救いでもある。
なぜなら、自分のダサさは、自分に課題があることと、まだ自分に伸びしろがあることを教えてくれるからである。

 

Copyright© 女神降臨 , 2020 All Rights Reserved.