【これがモテ期の前兆か…】モテ期とは何か。その前兆とは。

モテ期とは、「誰にでも訪れるモテモテになれる時期」のことである。
その回数は人生に1回とも3回とも言われており、専門家の間でも意見が分かれている。

「誰にでも訪れる」ということなら、これは期待せざるを得ない。
はたして、いつ来るんだろうか。それとも、もう過ぎてしまったのだろうか?

しかし、ただ待っていたってモテ期はやってこない。
モテ期は、しっかり心の準備ができた人にしか、その前兆を見せない。

それでは、モテ期の前兆とはどんなものなのか。
また、前兆をつかまえる方法について、解説しよう。

 

モテ期とは

モテ期は、「誰にでも」とか、「人生に3度」などとぼんやりしたイメージで語られることが多く、いまいち判然としない。
しかし、モテ期にはたった1つだけ特徴がある。
モテ期は、始まる前に必ず、何か「きっかけ」があるのだ。

 

モテ期の特徴

「急にモテだした」という話はよく聞くが、必ずその前に何かきっかけがある。
例えば、

  • 彼女ができたら急にモテだした。
  • 合コン通いを止めたら、彼氏ができた。
  • 婚活を止めたら、運命の人に出会った。
  • 趣味を始めてから、毎週誰かに誘われる。

このように、「何かを始めた」あるいは「何かを止めた」ことがきっかけでモテ期が始まっている。
つまり、モテ期は、自分の身に何か変化が生じた時に訪れる。

 

モテ期の前兆とは

モテ期には前兆があるが、その内容は個人によってバラバラ。
しかし、モテ期を迎えた人の内面に注目したとき、共通点が見えてくる。

 

モテ期の前兆とは

モテ期は何かのきっかけで始まるわけだが、きっかけは何でもいいわけではない。
「不安を乗り越えて起こした行動」が、のちにモテ期を呼ぶきっかけを作る。
例えば、

  • 今まで避けてきた恋愛をしてみようと思い、告白してきた人と付き合ってみたこと
  • 「彼氏がいない自分」を認めてみようと思い、合コン通いを止めたこと
  • 独身でいることの不安を受け入れようと思い、婚活を止めたこと
  • いろいろ悩んでいたけど、思い切ってはじめてのことに挑戦したこと

このように不安を乗り越え、勇気と覚悟を持って踏み出した一歩がモテ期のきっかけになる。
つまり、モテ期の前兆とは「不安」なのである。

 

モテ期の前兆を逃がす人

もともと、人間は不安、恐怖、苦痛から逃げようとする性質がある。
これは動物の本能のようなもので、危険から身を守ることはあらゆる場面において最優先事項。
だから、私たちは不安を感じることを避けようとする。

しかし、モテ期の前兆は、「不安」。
多くの人がモテ期の前兆を逃がしてしまうのは、不安を避ける人間の性質がそうさせるからだ。
だから、むしろ、モテ期を逃がしてしまう方が普通なのである。

それではなぜ、モテ期を迎えることができた人たちは、不安に打ち勝つことができたのだろうか。
彼らは何か特別な能力を持っていたのだろうか。

実は、不安に打ち勝ち、勇気を出す方法があるのだ。

 

モテ期の前兆をつかむ方法

モテ期を迎えるためには、不安に打ち勝つ勇気を持たなければならない。
そこで、勇気を出す3つのコツを伝授しよう。

 

少しずつ、できる事から

何かをやろう、何かを始めようと思ったら、少しずつ、できる事から始めよう。
例えば、

  • 難しくて全然できないけど、ここまでならできそうだ。
  • 怖くてたまらないけど、これくらいまでなら行けそうだ。
  • 絶対失敗しない、安心で安全なレベルから始めてみよう。

つまり、限界までハードルを下げて、精神的負担を軽くし、勇気を出しやすくするのである。

この小さな一歩が小さな成功と自信になり、次はもう少し大きい勇気を出せるようになる。
この繰り返しが自分と勇気を鍛えるのである。

 

追い込む

どうしても踏み出せない時は、仮に踏み出さなかった場合の最悪な未来を想像してみよう。
例えば、

  • ここで逃げた場合、失うものは何か。
  • それを失ったことによる悪影響は?

これらをできるだけ大げさに考え、不安をあおる。
そして、「このままでは大変なことになる!」という焦りを利用して、自分を踏み出させるのである。

前述の通り、人間は不安を避ける性質がある。
目の前に不安が1つ現れた時には、必ずそれを避けようとする。
しかし、目の前に迫った不安が2つあるときは、必ず大きい方を避けて小さい不安を選ぶ。

ここで紹介した方法は、この性質を利用したもの。
踏み出さなければならないがどうしても踏み出せない、という場合は、あえて自分を追い込むことを試してみよう。

 

全力を出す

全力を出し切り、すべての手段をやりつくした時、初めて「ありのままの自分」と向き合うことができる。
それは、とてもつらくて苦しいことなのだが、新しい自分の始まりでもある。

これはファッションによく似ている。
流行や理想を求めて着飾るよりも、「ありのままの自分」に似合う服を着た方が美しく見える。

理想を求めることは大切だし、そこに向かった努力は決して無駄ではない。
しかし、どんなに頑張ってもどうにもならない時は、きっと「ありのままの自分」をほったらかしにしているからだ。

その「ありのままの自分」に向き合い、受け入れ、ついに「ありのままの自分」として一歩を踏み出した時、最も美しい生き方が始まる。
それを周囲の人は見逃さない。
だからモテる。いや、モテないはずがない。

 

まとめ

モテたいなら、自分を変えなければならない。
しかし、自分を変えるには勇気が要る。

それはとても不安で怖い事。できる事なら避けて通りたい。
しかし、避け続けていたら何も変わらない。もちろんモテないままだ。

何かを得たい、何かを変えたいのなら、今まで見たことのない方向に目を向け、出したことのない種類の勇気を出さなければならない。
モテ期は、その勇気を持った人に訪れるのである。

 

・【知らないとヤバい!】あなたがモテない理由の真相

・彼女の作り方がわからない人のための恋愛マニュアル

・モテ期とは?モテ期の真実とモテ期を呼ぶコツを解説

・モテ期はいつ来る?モテない人のためのモテ期を呼ぶ方法を解説

Copyright© 女神降臨 , 2020 All Rights Reserved.