モテたい男性のための恋愛学入門

男だったら女性にモテたいと思うのは当然のこと。
女性にモテモテになれる状況は、大昔から男の夢である。

ところが現実は厳しい。
一部のモテる男がイイ女を全部持っていってしまう。
リア充なんて全員死んでしまえばいいのに。

しかし、自分が今リア充じゃないからと言って諦めるべきではない。
モテるかモテないかは、DNAやら性格やら外見やらの問題じゃない。
モテるコツ、モテるツボを知っているかどうか、なのでである。

そこで、すべてのモテたい男性のために、彼らが無意識にやっている恋愛テクニックを解説しよう。
この恋愛学をマスターすれば、向かうところ敵なし。
アイドルとも付き合えるし、大統領夫人とも不倫できるのだ。

今度は自分がリア充になる番だ。

 

恋愛マスターの恋愛とは

恋愛マスターにもなると、彼女を作るために自分から何もしない。
誘うのも、告白するのも相手にさせる。計算通りに。

 

恋愛マスターの彼女の作り方

恋愛マスターは、恋愛にリスクを負わない。
決死の覚悟で勇気を振り絞るなんてことは絶対にしない。
出会いから告白まで、まるで日常の出来事のように過ぎていく。

彼らは恋愛をよく理解している。
やることと言えば、相手をよく観察し、適度なちょっかいを出すことだけ。
ターゲットの女性は、見事に恋愛感情を引き出され、自ら行動せずにはいられない心理状態に追い込まれていく。
その結果、女性の方からアプローチしてくる。もはや催眠術のレベルだ。

しかし、これはその人の生まれ持ったセンスとか、性格によるものではない。
恋愛のコツを心得ているだけで、それは誰もが習得できるものである。
ただ、多少のお勉強が要る。

 

モテたい男のための恋愛学 基礎編

モテない男性は、人を好きになると無駄なストレスやプレッシャーを抱えてしまい、苦しい思いをすることになる。
だから、失敗することが多い。
その理由は彼が間違った恋愛観を持っているからである。

モテたい男性は、まず、正しい恋愛観を身に付けよう。
正しい恋愛観を学べば、無駄に抱えていたストレスやプレッシャーから解放され、恋愛を楽しめるようになる。
恋愛は苦しむためにするのではない。楽しむためにするである。

 

恋愛を邪魔するもの

ある女性を好きになった時、以下のように考えていないだろうか。

  • 勇気を振り絞って話しかけなければならない。
  • 連絡先を聞きださなければならない。
  • 食事に誘わなければならない。
  • 身なりに気を付けなければならない。

その他、どんなことを話せばいいんだろうとか、どこに誘えばいいんだろうとか、どんな服にしようとか、
とにかく頭の中はプレッシャーでいっぱいになっていないだろうか。

だが、恋愛にはプレッシャーはいらない。
むしろこうしたものが邪魔をして、恋する男性の魅力を隠してしまう。
そして、恋愛は不安や緊張に怯えるものではなく、むしろ相手に受け入れられるべきものである。

 

彼女ができるまでの流れ

たとえどんなにモテない男性でも、同性の友達を作ることは割とスムーズにできる。

適切な距離感を保ち、適切な話題選びをする。
時には冗談やプライベートな話を織り交ぜる。
趣味や価値観が合えば話は盛り上がる。
次は、「一緒にメシにでも」あるいは「飲みに行こう」となる。
さらに仲良くなれば遊びに行くこともあるだろう。

こうして友達ができていく。

実は、恋愛も全く同じ。
友達を作ることも、彼女を作ることも、同じ「人間関係の構築」だからだ。
だから、知り合って付き合うまでのプロセスには、不安も緊張もプレッシャーもストレスも、本来は無用のものなのである。

友達を作れるなら、彼女だって作れる。
まずは、自分には彼女を作る素質があるということを自覚しよう。

 

モテない男性のモテない理由

同性の友達が簡単にできるのに彼女ができないのは、友情と恋愛が違うからではない。
恋愛は特別で友情より上に位置する高尚な関係と考えているなら、それは誤解である。
恋愛関係は特別な関係などではない。

モテない男性がなかなかモテないのは、恋愛に慣れていないからである。
個人によって事情は異なるが、恋愛から常に距離を置いてきたからこそ、恋愛に触れる機会が少なく、まだ慣れていないままなのだ。

だから、無用の不安や緊張を感じてしまい、過剰なプレッシャーやストレスを抱えてしまう。
そして、これらが男性の恋愛の障害になっているのである。

 

モテるために必要なもの

モテるために必要なのものは、恋愛に一歩を踏み出す勇気。

人は誰でも、はじめてのもの、慣れていないもの、苦手なものに対しては、なかなか一歩を踏み出せない。
不安や緊張が大きいからだ。
だから、何とか勇気を出さずに済むように逃げ道を探す。必死に。

モテない男性は、恋愛から逃げ続けている。
その結果が、恋愛に対する異常な不安と緊張なのである。

 

勇気を出すコツ

モテたい男性がモテる為には、恋愛に慣れる必要がある。
そして、恋愛に慣れるためには恋愛に一歩を踏み出す勇気が必要なのだが、勇気を出すコツはいくつかある。

  • 恋愛に楽しいイメージを持つこと
  • 自分の魅力を自覚すること
  • 相手をよく観察すること
  • 勇気を表現すること

最後に知ってもらいたいのは、勇気は出せば出すほど鍛えられ、大きく強くなっていくこと。
一度勇気を出すことで得られた経験は、その人を一回り大きく強くする。
努力は決して裏切らない。

上に挙げた「勇気を出すコツ」の詳細は、次章「応用編」で解説しよう。

 

モテたい男のための恋愛学 応用編

STEP1 恋愛のイメージをよくする

モテない男性は、恋愛に不慣れなために恋愛に対して不安や緊張から怖いイメージを持っている。
この怖いイメージを楽しくて明るいイメージに書き換えよう。

そこでおすすめなのは、恋愛映画、恋愛ドラマ、恋愛ソングを見まくること聞きまくることである。
おすすめの映画などは、「恋愛映画 おすすめ」などと検索すれば死ぬほど出てくるので、グーグル先生にお任せする。
きっと私より博学に違いない。

ここで重要なのは、映画を見たり音楽を聞くことではなく、恋愛に対する楽しいイメージを自分にインストールすることである。

また心理学的にも、モデリングと言って、見れば見るほど、聞けば聞くほど、なんだか自分にもできそうな気がしてくる。
このポジティブな気持ちを持つことが恋愛にはとても重要。
というより、必須の条件である。

 

STEP2 自分の魅力に気付く

モテるためには、自分に魅力があることを自覚しなければならない。
今までは、自分に魅力がないと決めつけることで、恋愛に踏み出す勇気を出さずに済んだ。
だが、そんな逃亡生活も今日で終わりだ。

とにかく何でもいいから自分の魅力を思い出そう。

  • 身長や体格、ファッションセンスなどの外見
  • 過去に性格面で褒められたことはないか
  • 誰にも負けない得意分野
  • 周囲の反対を押し切った芯の強さ

など、自分が他人より優れているとか、他人に誇れる点を思い出し、自分は他人に愛され尊敬されるに足る人間だという自覚を強く持とう。
たとえ突然アイドルに告白されてたとしても、「そんなの当り前だ」と思えるくらい自分のイメージを高めよう。

できるなら紙に書いて目につくところに貼っとくと良い。
そうでないと、すぐに忘れしまいそうだからだ。

 

STEP3 女性をよく観察する

モテない男性は、おどろくほど女性をよく見ていない。
もちろん外見だけではない。会話中の言葉の選び方や声の調子などなど注目するべき点はいろいろある。

手っ取り早い練習として、身の回りの女性の魅力的な部分を見つけてみよう。

  • あの人、髪を伸ばしたらもっといいかも
  • 意外に仕事に真面目なんだな
  • 持ち物のセンスがいい

きっと意外な発見があるに違いない。
今までと違う視点でものを見るだけで、多くの発見と解釈を可能にする。

誰にだって魅力はある。
そして自分の身の回りの女性にも、それは当てはまるのである。

 

STEP4 勇気を出す

最終ステップは勇気を出すこと。
といっても、いきなり大それた勇気を出す必要はない。
緊張しすぎてのどから心臓が出そう、なんてのは明らかに自分の身の丈に合ってない。

勇気を出すというよりも、勇気を表現する、という方が正確な表現に近い。
誘うとか告白することだけが勇気じゃない。
今まで自分にできなかったことに挑戦することも勇気である。

例えば、

  • 自分の恋愛感情を認める
  • 相手からの好意のサインを認める
  • 話しかけてみる。
  • 冗談を言ってみる

とにかく、今まで踏み込めなかった領域に踏み出すことが大事で、結果は関係ない。

勇気は出せば出すほど、大きく、強くなっていく。
前回よりも今回、今回よりも次回、より大きく強い一歩を踏み出すことができる。

それはかつてモテる男が歩んだ道。
モテる男は人知れず、勇気を出し続け、恋愛に対する不安を克服した。

次にその道を進むのは、あなたである。

 

まとめ

猫が好きな人は、猫との遊び方をよく知っている。
ちょうどいいおもちゃをちょうどいいタイミングで目の前をちらつかせ、興味を引く。
そして、猫の遊びたい欲求を引き出して、じゃれさせて一緒に遊ぶ。
それはお互いにとって楽しい時間になる。

恋愛もこれによく似ている。
恋愛に慣れてしまえば、それは肩の力を抜いて楽しめるもの。

だが、慣れてない人にとっては不安と緊張の世界。
気分が高ぶっていて本人は気付いていないが、とてもストレスフルな状況。

どんなものも慣れるまでが大変。
そして慣れるためには勇気が必要だ。

しかし、その勇気も本当はそれほど大きいものが必要なわけではない。
少しずつ自分にできる挑戦を繰り返していけば、いつの間にか意識せずとも大胆な行動をとれるようになる。

恋愛は楽しむためにある。
そして、楽しめるようになりたいという向上心を持ち続けていれば、きっといつの間にか恋愛の悩みはなくなっているだろう。

 

 

・彼女の作り方がわからない人のための恋愛マニュアル

・【好きな人への正しいアプローチ術】恋愛は焦らないことが大原則

・【男性向け】モテる意味とモテる意義

・【簡単に彼女を作る方法】出会いから告白までのコツ

Copyright© 女神降臨 , 2020 All Rights Reserved.