35歳から始める転職活動の注意点

現代は会社に潤沢な資金があるわけではない。
会社が社員を見切るように、社員も会社を見切るのが当たり前の時代。
このような背景から、年々、転職のニーズが高まっている。

そんな中、35歳転職限界説がささやかれている。
様々な大人の事情を考えれば、35歳で一定のラインを引かれてしまうのは、いかにもありそうな話だ。

だが、35歳だからと言って諦めるべきではない。
40代でも50代でも優秀な人材を確保したいのが企業側の本音。
転職成功の秘訣は、このニーズを満たしてやることだ。

それでは、35歳の壁を乗り越える方法を解説しよう。

 

35歳の壁は存在するのか

経済成長を終え、安定期に入った日本では、転職が当たり前になった。
あなたの職場にも、転職で入ってきた人、転職で出て行った人がいるだろう。
中には、転職を繰り返す人だっている。

しかし、驚くほど年齢に寛容だと感じないだろうか。
むしろ、40代の転職者が多く、次に30代が多い。
私の会社が特殊なのだろうか…

実際、転職活動をしていても、面接会場で出会ったライバルたちは年齢層が高くて驚いた。
見た目、30代以上。40代のベテランも余裕でいた。
私のいる業界が特殊なのだろうか。

私は転職するのは、応募する側も募集する側も20代が多いと考えていた。
だから、会場で驚いたのを覚えている。

転職が当たり前の時代において、人材をじっくり育てるなんて考えは崩壊した。
なぜなら、せっかく研修や普段の業務で優秀な人材にしても、辞められてしまうリスクがあるからだ。

それよりも、今使える人材を今使う、という考え方が主流。
そこに年齢など関係ない。使えるか使えないか、が問題なのである。
よって、転職において年齢を機にする必要は全くない。

 

35歳に求められるもの

もちろん、企業が求人を出す理由は様々だ。
長期スパンで考えているプロジェクトにじっくり取り組んでもらいたいのかもしれないし、とにかく穴を埋めたいのかもしれない。

このように、求人側が抱えている事情によって求める人材像は異なる。
しかし、そこに共通するのは、適材が足りないという現実問題である。

要するに、使える人材が欲しいのだ。
転職活動において勝負の焦点になるのは、求めるスキルを有しているかどうか、という点になる。

ここを勘違いしてはいけない。
まとまった数を受け入れる就職活動であれば、優秀そうな人材を採用するが、転職では優秀かどうかよりも、使えるかどうかで判断される。
実は年齢など、あまり関係ない。

それよりも大切なのは、転職活動で心を折られないことである。
35歳ともなると実績、経験が豊富でスキルも多岐にわたる。

しかし、この年齢がアダとなる。
35歳まで立派に頑張ってきた人は、自分の努力に誇りを持っている。

それゆえに、転職活動中の不採用通知は大きなショックになる。
まるで自分のこれまでの努力を否定されたような印象を持つ。
まるで社会人とし手の適性を否定されたかのような印象を受ける。
要するに、ダメ人間のように感じてしまうのだ。

今までの努力は何だったのか。
熱意を持って時間とエネルギーを傾けた意味はなかった。

転職活動中に何度も訪れる不採用通知によって、そう考えるようになってしまう。
この精神的ダメージこそ、転職活動の最大の敵である。

このショックによって寝込んでしまう人が多いという。
それはその人が精神的に弱いからではなく、今まで仕事に打ち込んできたからこそアダになってしまったのである。

結果、希望条件を下げてしまうことになり、あとで後悔することになる。
転職活動は、誰も悪くないのだが、こうした被害者が後を絶たない。

 

35歳でも負けない方法

転職活動の最大の敵は、不採用通知である。
不採用通知の破壊力は絶大で、どんなに元気な人でもその心を折ってしまう。

その結果はさんざんたるもので、希望条件を妥協してしまったり、転職活動を辞めてしまったりする。
転職活動で最も重要なのは、心を折られないモチベーションを維持することなのである。

モチベーションの維持は、気合や根性で何とかなるものではない。
絶対に転職を成功させなければならないという理由が必要だ。

そこで重要なのは、人生観、仕事観である。
まずは、以下の質問に答えられるかどうか試してみよう。

  • どのように生きたいか。人生の目標は。
  • 人生において仕事が果たす役割とは。
  • 働くことで得られる、お金以外の報酬は。
  • 転職以外に不満を解消する方法はないか。

転職の理由が人生観、仕事観に基づいたものであるとき、初めて負けられない戦いという認識が生まれる。
この転職に、自分の人生がかかっている。

ここで転職しなければ、自分は不幸になる。
そんな自覚が無ければ、転職という長くて辛い戦いを勝ち抜くことはできない。

どんなに苦しくてもどんなにつらくても、立ち直らせてくれる精神的な支えが必要。
その本質が自分の人生観、仕事観なのである。

人生観、仕事観が明確でなくて、何となく働いている人に転職の成功はない。
むしろ、転職を決断することさえ難しいだろう。

今よりいい会社に行きたい、という安易な思いで転職に勝てる人はいない。
特に年齢を重ねた人にとっては。

 

まとめ

年齢を気にしている程度では、転職に勝つことも決断することもできないだろう。
転職は、したくてするものではない。せざるを得ないからするものだ。
はたして転職を失敗した人、後悔している人、決断できない人にそうした認識があるだろうか。

転職を決断したり、転職を成功させるためには、最後まで高いモチベーションを維持しなければならない。
しかし、そのためには、転職をしなければならないという焦りが要る。

転職をしなければならない焦りは、勝手に生まれるものではない。
自分と向き合い、人生観、仕事観を深掘りしなければ生まれない。
日々を漫然と生きている人にはこうしたものは生まれない。

転職も、仕事も、自分の人生に直結した問題だという認識を持つべきだ。
転職の決断も、仕事に向かう一瞬一瞬も、自分を幸せにするものなのか、不幸にするものなのか、自覚していなければならない。

しかし、今の自分の選択が不幸にするものだと気づいた時、本物の転職理由が手に入る。
そして、志望動機が見えてくる。それこそ転職の最強の武器なのだ。

現実にはそこまで深掘りして転職活動に望む人は少ない。
だからこそ、そこを深掘りできた人こそ、転職に勝機がある。

転職に年齢など、全く関係ないのである。

 

・【毎日が充実】仕事に生きがいを感じる方法

Copyright© 女神降臨 , 2020 All Rights Reserved.