面接官を惹きつける説得力の正体

企業が採用活動を行うにあたり、面接は必ず行われる。
面接では、直接話すことで多くの情報を得られるからだ。

ここで重要なのは、説得力である。
普段の仕事でもそうだが、交渉や依頼、相談などは、結局、説得力がものを言う。

しかし、説得力とは、単純に輝かしい実績や声の大きさで決まるものではない。
もっと深く面接官の心をつかむものでなければならない。

それでは、面接官を惹きつける説得力とは何か。
そして、その説得力を鍛える方法について解説しよう。

 

転職と面接

企業の採用活動には面接が欠かせない。
たとえ相手がオーバースペックだろうが、コネがあろうが、直接会って話し、一緒にがんばれる仲間としてふさわしいかどうかを確認したがる。

言うまでもないが、直接話すことによって得られる情報量は多い。
表情、目つき、言葉遣い、姿勢、受け答え、切り返し、頭の回転の速さなど、面接の時間はそれほど長くはないが、十分にその人の個性をつかむことができる。

企業が重視するのは、マッチングの度合いである。
1つは、スキルのマッチング。

企業が求人を出すのには必ず事情がある。
たいてい、欠員が生じた時に、その穴を埋めようとするために求人を出す。
そして、はたして応募者はその穴を埋めることができるかどうか、という視点で判断する。

もう1つは、会社、職場とのマッチング。
会社や職場にも個性があるし、応募者にも個性がある。
これがマッチしそうかどうかを判断する。

しかし、現実には企業側も理想の人材を見つけられるわけではない。
ここにスキがある。

つまり、面接では、「こいつならやれそう」と思わせた人が勝つ。
もちろん、面接官に、である。

 

面接官を惹きつける説得力の正体

面接は直接人と話す機会、ということもあり、緊張を伴う。
面接が苦手だと思う人も多いだろう。

しかし、これはチャンスなのだ。
面接官と直接話せるということは、相手は人間。

人間は、ご存知の通り完璧ではない。どんなに偉そうにしていても、所詮、印象で動く生き物。
ここに勝機がある。

つまり、面接では面接官に良い印象を持たせることができれば、多少実績やスキルに不安があっても、採用されてしまう。
繰り返しになるが、結局は説得力の問題なのである。

しかし、説得力とはどういうことなのか。
面接官の質問に答えるだけの面接で、何をどう説得するのだろうか。

転職を成功させる人は、説得力が強いが、その秘密は転職にかける思いの強さである。

  • 私にはどうしても転職が必要だ。
  • 私の自己実現のために協力してくれ。

という、強烈なモチベーションがある。
この思いが強ければ強いほど、面接官の心をつかむ。

それが最も現れるのは、面接での質問の定番、転職の理由、および志望の動機である。
ここで現職の不満を述べたり、自分の欲望をさらけ出すようでは勝ち目はない。

その理由は、まるで筋が通っていないのである。
そこから受ける印象は、その場しのぎ、付け焼刃、現実逃避といった、甘えや逃げの姿勢。

しかし、転職を成功させる人は、すべてに筋が通っている。

  • 現職を選んだ理由。
  • 現職を辞める理由。
  • 応募した理由。

これらに、自分の目指す生き方、理想の働き方という筋を通せているかどうかで、説得力にさがうまれる。

転職を成功させる人は、これらに必ず筋が通っている。
だから、面接官も理解しやすいし、積極的にこちら側の話を聞こうとしてくれる。
しかも、落とす理由探しではなく、採用する理由探しとして。

 

面接に欠かせない説得力を鍛える方法

面接での説得力を高めるためには、自分を振り返り、人生観、仕事観を見直すことが重要である。
逆に言えば、人生観、仕事観が明確になっていれば、転職理由や志望動機に強力な説得力が生まれる。

そこで、自分の人生観、仕事観を問う質問を用意した。
答えられるかどうか、試してみよう。

  • 自分が目指す生き方とは。人生の目標は。
  • 人生において仕事が果たす役割とは。
  • 働くことで得られる、お金以外の報酬とは何か。
  • 転職以外の方法は試したか。

転職を、不満の解消や欲望の満足の手段と考えているようでは、考えが浅い。
もっと、人生や仕事を掘り下げ、そこを理解した上で転職の必要性に気づかなければ、すべてに筋が通らない。

面接で落ちてばかりだったり、安易に希望の条件を妥協して、転職を失敗させる人は、まだまだ深掘りが足りない。
深掘りしていれば、どれも防げるものばかりだ。

転職を転職と考えている限り、合格は遠い。
自分の生き方や働き方に基づいた、自己実現の手段という理解ができるまでは、転職はまだ早い。

しかし、転職を自己実現の手段だという理解ができた人は強い。
彼らにとって転職は、人生をかけた戦いだ。絶対に負けられない。

転職の失敗や妥協は、不幸な人生を確定させるものだ。
だから、絶対に希望の条件を妥協しないし、不採用通知が届いてもすぐに気持ちを立て直す。

現代は転職が当たり前になったが、転職はすればいいものではない。
目的と手段を取り違えてはいけない。

大前提は、理想の人生を生きる事であり、理想の働き方を実現することにある。
転職は、これらを実現するための手段であり、目的ではないのである。

 

まとめ

転職を失敗させる人の理由ははっきりしている。
説得力がないのである。

説得力とは、輝かしい実績でも、学歴でも、声の大きさでも、自身の大きさでもない。
それがどうしても必要なのだ。
という本物の気迫、背負うものの大きさによって生まれるものだ。

転職活動で心が折れたり、妥協したりして、あとで後悔する人は、辛い時や苦しい時に心の支えになるものがないからである。
つまり、歯止めがない。

しかし、普段から自分の生き方や働く意味と向き合って生きている人は、自然に説得力が生まれる。
そして、説得力があれば、多少の実績やスキルが不足していても、簡単にライバルを逆転することができる。
なぜなら、判断するのは、心を持った人間だからだ。

勘違いしてはいけないのは、転職を目的としない事。
最も重要なのは、転職を抜きにしても、理想の生き方、理想の働き方を求める姿勢なのである。

 

・【毎日が充実】仕事に生きがいを感じる方法

Copyright© 女神降臨 , 2020 All Rights Reserved.