面接官の心をつかむ転職必勝の面接テクニック

企業の採用活動には、面接が欠かせない。
企業と応募者との相性を見るには、直接会って話すのが最も効果的だからだ。

転職が当たり前になった現代、転職を成功させる人も失敗させる人もいるが、転職を成功させる人は間違いなく、面接で面接官の心をつかんでいる。

面接官も人間である。ここに面接必勝のカギがある。
つまり、面接は面接官の感情を揺さぶることができれば、グッと合格に近づけるわけである。

それでは、面接官の心をつかむ、面接必勝の秘策を紹介しよう。

 

面接の重要性

企業が行う採用活動では、書類選考と面接が行われる。
この二つの選考には違った特色がある。

書類選考は、多くの応募者を見ることができるが、応募者の個性を把握することはできない。
面接は、応募者の個性を見ることができるが、多くの応募者を見ることができない。

企業は、少ない時間で効率的に選定するために、書類選考(実績、スキルの調査)→面接(個性の調査)の順で選考を進める。
この順番が逆になることはない。

面接では、会社と応募者との相性を見られる。
そこで、面接官は以下の点に注目している。

  • この応募者は弊社でやっていけるのか。
  • この応募者は弊社で仕事を任せられるか。
  • この応募者は弊社の若手社員をリードできるのか。

面接での質疑応答は、単なる質疑応答ではなく、その会社で働くためのシミュレーション、あるいは予行演習的要素がある。
ここで、スムーズに意思疎通ができれば、採用候補者のリスト入りができる。しかし、それではまだ決定力に欠ける。

最終的に合否の分かれ目になるのは、面接官に気に入られるかどうか。
しかし、それは決して外見の問題でもなく、人間性の問題でもない。

自分の中で煮えたぎっている転職にかける熱い思いを効果的に伝えられるかどうかが、カギとなるのである。

 

面接官の心をつかむもの

書類選考と違い、面接では直接会って話す機会が設けられる。
だからこそチャンスである。

面接官も感情を持った人間だ。
だから、面接官の感情を揺さぶることができれば、合格間違いなしだ。

人に感動を伝えるために必要なのは、まず、自分が感動していること。
次に接点を持つこと(面接に呼ばれること)。最後に、感動を共有することである。

この三つの中で最も重要なのは、自分が感動していることである。
自分が感動していることとは、転職の場合、転職にかける熱い思いを持っていることである。

しかし、現実的には転職に熱い思いを持つことができる人は少ない。
なぜなら、多くの人は転職を不満の解消の手段として考えているからである。

転職を不満の解消として考えている人は、考えが浅い。
目の前の課題に集中しすぎていて、まるでそのあとの展望がない。

このような姿勢は、面接で見破られる。転職の理由と志望動機を聞けば、すぐにバレる。
その答えに熱がこもっていないからだ。

一方、転職にかける思いが熱い人は、転職の理由や志望動機だけで1時間くらい語れる。
なぜ、自分に転職が必要なのか。をよく理解していて、語る内容もポジティブなものだ。

人は、希望を語れる人に引かれる性質がある。
つまり、面接の会場で、その場にいる人全員に自分の夢をプレゼンできるような人が、勝つ。

また、面接だからと言って、面接官に気に入られようとする人はたいてい印象が良くない。
このような姿勢は、面接官との間に上下関係を作り自分を下位に置くもので、積極性を求められる現代の働き方から見ると、違和感を与えてしまう。

ここで重要なのは、対等な関係を築くことだ。
これから一緒にがんばりましょう、という思いは企業側だけのものではない。
自分の方から一緒にがんばりましょう、と言えるくらいでないとアピール力に欠ける。

以上のように、面接を何か怖いものと思っていては不採用に近づいてしまう。
そうではなく、自分の夢を語り、一緒に働く仲間を作る場所と考えて堂々としていれば、合格は確実なのである。

 

面接官の心をつかむ武器の作り方

面接官の感情を揺さぶることは、難しいことではない。
不思議な能力を身につける必要も、心理テクニックを勉強する必要もない。

転職をポジティブに考え、自己実現のステップという認識ができていれば十分である。
しかし、それはネガティブな思いを無理矢理にポジティブに言い換える言葉遊びでは、中身の伴わない偽物の考え方だ。

本物の思いで、本物の自分の言葉を生み出すためには、人生観や仕事観を明確にする必要がある。
つまり、人生観や仕事観に基づいた転職の必要性に気づいた人は、自然に、自動的に説得力が生まれる。

そこで、人生観、仕事観を問う質問を用意した。
改めて、自分の人生観、仕事観を見つめなおしてみよう。

  • 人生の目標は。どのように生きたいか。
  • 仕事の目標は。どのように働きたいか。
  • 働くことで得られる、お金以外の報酬とは。
  • 転職以外に満足する方法はないか。

転職を不満解消の手段として考えている間は、合格は難しい。
どうしても視野の狭い、考えの浅さが見えてしまうからだ。

このような人は、面接の会場で言葉に詰まらされることになる。

  • そのような理由では弊社じゃなくてもいいのではないですか。
  • なぜ、今でなければならないのですか。

例えば、このような質問で考えの浅さ、甘さを暴露されてしまう。
これではお互いに気まずいことになってしまう。

聞かれたらどうしようではなく、聞かれる前に聞かれないような質疑応答をしておくことが大事。
それを可能にするのが、人生観や仕事観に基づいた転職理由、志望動機に関する質疑応答なのである。

転職に関係なく、大事なのは、生きる目標や働く意義を知っておくことだ。
転職したいと思いながら、なかなか熱くなれないのは、生きる目標や働く意義を知らないからではないだろうか。

しかし、生きる目標や働く意義を自分なりに見つけた時、転職するべきかどうかの判断も、転職活動も力強いものになる。
転職したいとき、本当に注目するべきなのは、過去の実績や質疑応答の縦鼻ではなく、まずは人生観、仕事観の見直しなのである。

 

まとめ

就職活動でも転職活動でも、必ず面接がある。
そして、面接には必ず面接官がいる。ここに勝機がある。

人間は、良い印象を持った人にいい評価を与える。
良い印象は、実績や外見だけで決まるわけではない。ここにも勝機がある。

面接では、面接官に感動を与えることができれば、勝てる。
そこで重要なのは、面接の会場で自分の夢を熱く語れることだ。

嫌な仕事を辞めるのに夢は必要ない。
しかし、夢があるときに初めて転職の必要性に気づく。

面接の会場では、この本物の転職の理由を語れば、合格など頼まなくても出してくれる。
人は、夢を語れる人にこそ、信用を傾けるのである。

 

・【毎日が充実】仕事に生きがいを感じる方法

Copyright© 女神降臨 , 2020 All Rights Reserved.