転職前のコンプレックスとの付き合い方

仕事や会社、人間関係に不満を抱える毎日。
このままではストレスでどうにかなりそう。

だけど、自分には実績がない、自信がない…。
こうして転職に踏み出せず、自分を追い詰めている人がいる。

しかし、転職する人は実績や自信があるから転職するわけではない。
実績や自信と何とか折り合いをつけて、転職を決断する。
しかも、転職を成功させる人ほど、その傾向がある。

それでは、転職の決断を邪魔するコンプレックスとの付き合い方を解説しよう。
不満だらけの毎日から、脱出するために。

 

転職を決断できない人の勘違い

転職を決断できない人は、ある意味頭がいい。
いろいろ悩んで、結局踏み出さない、という結論を出している。

その悩みの中身はたいてい、転職活動の場でアピールできる実績がないとか、社外でやっていける自信がないとか、未来に失敗を想像したものだ。
確かに面接では実績を中心に質疑応答するし、転職したからといってそこはパラダイスではない。

しかし、この当たり前に見える考え方は間違い。
現実に転職を決断したり、転職して満足している人は、輝かしい実績や大きな自信があったからではない。
しかも、採用担当者も実績や自信を見ているわけではない。

転職に迷っている人を決断させるもの、採用担当者を説得するものは、転職希望者の心の奥底から湧きあがる熱い思い。
つまり、私にはどうしても転職が必要だ!という思いなのである。

そういう思いがある人は実績や自信など目に入らない。
そんなものは「飾り」にすぎない。

そして、飾りにしか目が行かない人は、たいてい転職を決断できないか、転職を失敗する。
なぜなら、その人には転職など必要なかったからである。

 

転職を決断、成功に導くもの

転職活動の基礎は、転職の必要性の理解である。
この理解が浅い人は、転職を決断できないし、転職を失敗させる。

 

転職の基礎が弱い人

転職の必要性が理解できておらず、「会社、仕事に不満があるから辞めたい」程度の認識では転職を決断できないし、転職活動でも負ける。

仕事に不平不満を抱えていても、稼げている以上、なかなか転職を決断できない。
我慢していれば済むからである。

仮に転職活動に踏み出しても、動機が弱いため、職務経歴書の完成度、面接に臨む準備、面接中の言葉の使い方などに、甘さが出る。
こうした詰めの甘さは、問答無用で不採用の原因になる。

さらに、希望の条件を安易に下げ、とにかく内定にありつこうとしてしまう。
無論、希望条件の妥協はのちの後悔を必ず生む。

このように、会社や仕事に対する不満程度の認識では、明るい未来はない。

 

転職の基礎が強い人

一方、転職の必要性を深いレベルで理解できている人は、必ず転職を成功させる。
迷うことなく転職を決断し、早い段階で内定を獲得したり、納得の転職となる。

彼らは転職のみならず、仕事そのもの、働くこと、さらには生きることにまでよく理解している。

  • なぜ、自分は今ここにいるのか。
  • どこに向かっているのか。
  • このままでいいのか。

このような問いかけと理解ができているため、今の会社、仕事を続けることが自分にとって良いことなのか悪いことなのかの判断が明確。
だから、転職しようかどうか、で迷うことはない。一瞬で決める。

また、転職にかける覚悟が強い。
彼らにとって転職は、人生をかけた絶対に負けられない戦いである。

つまり、転職を不満を解消する手段として考えておらず、自分の未来を幸福にするための手段。
いわゆる、自己実現の手段として転職を考えている。

だから、転職活動中は常にモチベーションが高く、集中力も高い。
そして、選ぶ言葉は強く、短い。

これらが職務経歴書や面接の場での説得力となり、面接官を圧倒する。

 

転職前のコップレックスを解消する方法

転職は実績や自信で決まるわけではない。
採用担当者の心を揺さぶるのは、そんな飾りではなく、転職の必要性の深い理解。
これができれば、コンプレックスなど目に入らない。

 

人生観、仕事観を明確にする

転職を不満を解消する手段、仕事を生活資金を調達する手段という考え方をしていては、いい結果を生まない。
転職を決断できないし、内定も出ないし、妥協するし、後悔する。

そこで、自分の人生観、仕事観を明確にする必要がある。
以下の質問に答えられるだろうか。

  • どのように生きたいか。人生の目標は。
  • 人生において仕事とはどんな役割なのか。
  • お金よりも大切なものは。命よりも大切なものは。
  • 転職以外に不満を解消する方法はないか

これらの質問に対する答えは、模範解答もないし、誰にも問われることはないだろう。
しかし、転職を決断したり、転職活動を妥協することなく進めることができる人は、間違いなくこれらの質問に答えられる。

 

転職決断後

仕事や転職を自己実現の手段だと気がつけば、転職に対する認識が変わる。
転職は、実績や自信がないからしない。のではなく、あるものをどう活用するかという考え方に変わる。

しかも自動的に。
コンプレックスはどう処理するかではなく、勝手に処理されてしまうのである。

転職活動において注目するべきなのは、実績や面接での受け答え、切り返しテクニックではない。
そんなものは表面的な飾りであり、転職を成功させた人もそんなものは目に入っていない。

転職するのか、しないのか。
するなら実績をどう見せるか、自信もあるかないかの問題ではなく、持ち上げるもの。

このように自然に考えさせてくれるものこそ、転職の基礎力にあたる「転職の必要性」に関する認識の深さである。
転職を自己実現の手段、人生の戦いだ、と思えるまでは、転職はまだ早い。

 

まとめ

転職を踏みとどまる人、転職に失敗して後悔する人と、転職を成功させて満足する人、あえて転職しない人とでは、考え方が違う。
考え方というより、考えの深さ、といった方が正確かもしれない。

私たちは生きるためにお金を稼がなければならない。
お金を稼ぐためには働かなければならない。

しかし、それを仕方がないとか、やらざるを得ないとか、消極的にとらえている人は、人生を損している。
なぜなら、私たちは起きている時間のほとんどを働くことに費やしているからである。

働くことをもっと積極的なものにしてもいいのではないだろうか。
働くことを生きる上でもっと意義のあること、意味のあるものに考えたり、そう仕向けることで人生はきっともっと納得、満足できるものになる。

転職はそのための手段の一つであるべきなのである。

 

・【毎日が充実】仕事に生きがいを感じる方法

Copyright© 女神降臨 , 2020 All Rights Reserved.