転職エリートだけが知っている転職成功の法則

転職を一度も経験したことがないという人がいる一方で、転職を繰り返す人がいる。
その多くは、まるで見えない何かを追いかけるように転職を繰り返している。

その中には、転職をまるでわらしべ長者のように使いこなし、転職のたびに高い給料、高い地位を手に入れる人もいる。
誰もが知る大企業の重役にはそういう人が多い。特にアメリカで。

こうした言わば転職エリートと一般人では一体何が違うのだろうか。

それでは、転職エリートだけが身につけている転職成功の法則を解説しよう。

 

転職が当たり前の時代の転職エリート

どんなに頑張っても給料が上がらない現代、転職は当たり前の時代になった。
人々はより高い給料、あるいはやりがいを求めて、不満だらけの会社、仕事を辞めていく。

しかし、現実は厳しい。
転職をしたとしても、望みをかなえられているかと言えば、実はそうでもない。
転職を後悔している人も多いのである。

そんな中、転職を通じて望みをかなえる人もいる。
彼らは強力な武器を身につけている。

彼らの武器は、採用担当者の心を揺さぶり、まるで催眠術のように合格を取り付ける。
この武器はとても強力で、多少実績や経験が足りなくても面接官の心をつかむ説得力を持つ。

つまり、武器さえ手に入れることができれば、実績やスキルなど他のライバルに劣ったとしても簡単に逆転することができる。
そして、その武器の存在を知るものは少ない。

その武器とは、言葉で表現することは難しいのだが、あえて表現するとすれば、転職をしなければならない大きな理由である。

つまり、転職を成功させる人にとって、転職は「したい」ものではない。
「しなければならない」ものなのだ。

 

転職のエリートが持つ秘密の武器

転職をしたい人、転職活動中の人に、転職をしなければならないという義務感があるだろうか。
転職をしないことによる大きな損失を理解できているだろうか。

こうした考え方を持っていない限り、転職は失敗する。
なぜなら、全然必死さが違うからだ。

転職を成功させる人は、転職の必要性の理解が深い。
彼らには、転職をせずに現職を続けることに予想される不幸な事態が予測できている。

投資で言えば。損切りの感覚。
つまり、今、転職をしなければ取り返しのつかないことになる!という思いに背中を押されている。

だから、必死だし、本気だし、真剣だし、真面目で、モチベーションが高い。
これらが説得力となって、採用担当者を圧倒する。
特に、面接という直接目を合わせて話す機会において、その効力を発揮する。

一方、転職の必要性の認識が甘い人は転職を失敗する。
仕事が辛い、苦しい、楽しくない、人間関係が辛い、仕事が自分に向いていない。
だから、辞めたい。という程度の考え方では、説得力を生み出せない。

どんなに必死な表情を繕っても、どんなに面接で力説しても、嘘にしか聞こえない。
少なくとも、本物の転職の必要性を理解する人の前では。

転職を成功させる人と失敗させる人の必死さの違いは、実は転職を意識する前から生まれている。
つまり、転職が成功するのか失敗するのかは、転職を考える前に決まっているのだ。

転職を成功させる人は、常に自分の生き方、働き方を意識している。
つまり、自分の理想の生き方、働き方を今の自分が実現できているかどうか、常にチェックしている。

彼らが転職を決断するのは、諸般の事情により理想の生き方を実現できないことが判明したときである。
そこに迷いはなく、一瞬で決断する。
なぜなら、そこで働く意味がないからだ。

生き方、働き方を意識している人は、どの一瞬も無駄にできないという思いを抱いている。
彼らにとって転職は、自分が生きる事と直結した問題であり、負けられないという思いが自然にわく。
この必死さが、他のライバルを完全に圧倒するのである。

 

転職成功の法則を身につけよう

転職を成功させる人は、例外なく仕事観、人生観を持っている。
彼らが転職で成功できるのは、仕事観や人生観に支えられた必死さが採用担当者を感動させるからだ。

そこで、こうした必勝の武器を手に入れるために、今一度、自分と向き合ってみよう。
以下に人生観、仕事観を明確にする質問を用意した。
はたして答えられるだろうか。

  • どのように生きたいのか。人生の目標は。
  • 人生において、仕事が果たすべき役割とは。
  • 働くことで得られる、お金以外の報酬とは何か。
  • 転職せずに不満を解決できないか。

転職を成功させる人たちは、これらの質問にいつでもどこでも、迷いなく明確に答えられる。
しかし、転職を失敗させる人、転職を決断できない人は、ボンヤリしている。

どのように生きたいのか。働きがいとは何か。という質問に対する決められた正解はない。
自分で考え、自分で出す必要がある。

だが、自分なりに考え、自分なりに出した答えは、それがどんなものであっても正解だ。
問題は、自分で考えて自分で答えを出せるかどうかにかかっている。

私たちは、正解のない問題に答えを出すことも、考えることも苦手だ。
悩んで考えたのに不正解かもしれないという不安が、思考を邪魔するからだ。

だから、多くの人は、生き方にも働き方にも目標を設定することなく、漫然と日々を過ごす。
それは、自分の生き方や働き方が不正解かもしれないという不安から解放された、安心な時間の過ごし方だ。

しかし、そこには副作用がある。漫然と過ごす日々に退屈するのである。
だから、目標のない生き方をしている人は、転職してもしなくても不満だらけなのである。

特に、転職活動においては、生き方や働き方の目標のない人からは真剣さが見えない。
そこから見えるのは、考えの浅さ、甘えた姿勢、現実逃避。
応募者がどんなに本気で訴えても、嘘に見えてしまうのである。これでは勝ち目がない。

究極的には、大切なのは転職することではない。
人生観、仕事観をはっきりさせて、人生を価値のある、意味のある時間で満たすこと。

転職など、必要性を感じた時にやればいい。
転職は不満の解消の手段ではないのである。

 

まとめ

どんな状況でも、最終的に勝つのは、視野が広くて理解が深い人だ。
目先の利益に走って成功する人などいない。

成功者は長期的スパンを視野に入れて、思慮深く判断する。
それは、転職でも同じことだ。

転職の成功と失敗を分けるのは、学歴でも実績でもない。年齢でもない。
人生観、仕事観にまで深掘りしたときに生まれる、転職の必要性の理解。

つまり、転職をしたいものではなく、絶対にしなければならないもの。
という大きな焦り、切迫感を獲得したものが勝つ。

無論、焦り、切迫感は苦しい。だが、その時にこそ最強の武器が手に入る。
最強の武器は、潜在能力を引き出し、他のライバル、面接官を圧倒する説得力を生み出す。

はたして、自分に生きる哲学、信念、働く意味を考えたことがあるだろうか。
あなたが転職したいとき、転職する時、本当に問われているのは、そういう部分なのである。

 

・【毎日が充実】仕事に生きがいを感じる方法

Copyright© 女神降臨 , 2020 All Rights Reserved.