転職エリートが大切にしている習慣

転職を決断したり、希望条件にかなう転職を実現している人は少ない。
たいていは結局辞める決断ができなかったり、転職活動中に希望条件を妥協し、あとで後悔することになる。
つまり、転職を成功させることができる人は、ほんの一握りだ。

しかし、大満足の転職を実現したり、さらには転職を繰り返してより高みを目指す人もいる。
この違いはいったい何なのか。

転職を成功させる転職エリートは、転職の基礎力を強化する習慣を身につけている。
この基礎力の違いが、転職の成功と失敗を分けているのである。

それでは、転職を成功させる人の習慣とはどういうものか、解説しよう。

 

なぜ、転職は失敗するのか。

多くの人は、労働条件や職場の人間関係などに嫌気がさし、転職に踏み出す。
しかし現実は厳しく、転職後の労働条件や仕事の内容、人間関係の問題の再来に苦しむ。

転職を失敗させる原因は様々だが、その多くは希望の条件があいまいだったり、転職活動中に希望の条件を妥協してしまったことにある。
要するに、転職に取り組む姿勢に真剣さが足りなかったのだ。

もちろん、本人は本気で取り組んだし、妥協もしたくてしたわけじゃない。
だが、転職活動を勝ち抜くためには本気が足りなかった。
妥協したのも本気が足りなかったからだ。

転職を失敗、後悔する人は、転職に対する認識が甘く、考えが浅い。
そこから湧きあがる転職にかける思いは熱くない。

転職には熱い思いが無ければ集中力もモチベーションも高まらない。
だから、採用担当者の心をつかめない。印象に残らない。

これは決して結果論ではない。
転職は、どれだけ自分を熱くできるかで勝負が決まっている。

つまり、転職を自分を幸せにする大きな問題だと認識できているか、現職を続けることによる人生の破壊を避けなければならないという認識があるかどうか。

その強烈に背中を押されるような焦りを感じているかどうかで、転職はすでに勝負が決しているのである。

 

転職エリートが大切にしている習慣

転職を成功させる人は、転職に対する認識が深い。
彼らは転職を単なる職場の変更と考えていないし、仕事を生活資金の調達とは考えていない。

転職を成功させる人は、人生観、仕事観が明確である。
自分の生き方、人生に目標を掲げており、今の自分がそれに沿ったものであるかどうかを常にチェックしている。

だから仕事の選び方は、自己実現の手段になっている。
つまり、どういう生き方をしたいか、毎日をどういう気分で過ごしたいのかを設定していて、仕事はそれを満足させるものにしている。

例えば、人の役に立てる人間になりたいという目標があって、それを満足させる手段として仕事を選ぶ。
それは医療の道かもしれないし、介護の道かもしれないし、官僚の道かもしれないし、民間のサービス業かもしれない。

いずれにせよ、自分の特技やスキルを活かしたものになっていて、普段の仕事には不平不満を感じていても納得感と満足感、そして充実感を得ている。

そんな彼らも転職を目指すこともある。
その理由は様々。価値観が変わって生きる目標を変更したり、会社の経営方針が変わって満足していた仕事ができなくなった時などだ。

つまり、仕事が自己実現の手段にならなくなった時に転職を決断する。
仕事への不満を起点にして転職を決断することはない。

転職を成功させる人は、仕事の選び方、転職の必要性を常に人生観、仕事観と照らし合わせている。
これが転職エリートの習慣というわけである。

そのおかげで転職するべきかどうかの判断は早い。
仕事が自分の生き方に合わないなら辞めるだけのこと。

そして、転職は自分の人生にあった働き方を実現する手段となる。
こうした考え方があるからこそ、モチベーションは内定が出るまで高いままだ。

なぜなら、転職は人生をかけた戦いだという認識があるからエネルギーが湧いてくるし、連続する不採用通知にも心を折られない。おられるわけにはいかない。

転職の勝敗を決するのは、実績や自信ではない。もっと奥深いところにある。
それこそ、自身の生き方、働き方に関する哲学なのである。

ここが弱い人に転職成功はあり得ない。

 

転職を成功させる習慣を身につけよう

転職を成功させる習慣を身につけることは簡単だ。
今日からでも実践できる。もしかしたら今日中に転職を決断するかもしれない。

そこで、改めて自分の人生観、仕事観を明確にしよう。
これらを明確にするための質問を用意した。答えられるだろうか。

  • どのように生きたいか。人生の目標は。
  • 人生において仕事が果たす役割とは。
  • 働くことで得られるお金以外の報酬とは何か。
  • 転職以外に満足する方法はないか。

仕事を自分の目指す生き方、働き方に沿ったものにしようと思えた時、自分では想像できないほど強力な潜在能力が引き出される。
それは、ほかの動物には決して持つことのできない人間に特有の生命力といっていいかもしれない。

人生観が明確になると、目の前の仕事の不満との向き合い方が初めてわかる。
それは我慢し続けるべきものなのか、それとも一日も早く変えるべきものなのか。

私たちの寿命は限られているし、発揮できるエネルギーも限られている。
その限りある資源を、好きでもない、楽しくもない仕事に費やすことは、人生を無駄にしている。

転職を成功させる人たちは、このことに気づいている。

自分の人生、自分のエネルギーを決して無駄にしたくない。
その思いが素早い決断と強力なモチベーションを生む。

仕事をお金のために仕方なくやるものだとか、転職を不満の解消の手段と考えているような甘くて浅い考えの人が、転職活動で勝てないのは当然だ。
本気度がまるで違うからだ。

本気度は決して目に見えるものではない。
だが、間接的ににじみ出てくる。

表情、声の大きさ、言葉の選び方、身だしなみ、すべてに表れ、その人を印象付ける。
これらがオーラとか説得力となって、ライバルを圧倒し、面接官を圧倒するのである。

 

まとめ

転職を成功させる人と失敗させる人は考え方、感じ方がまるで違う。
それは、普段の心がけからまるで違う。

生きること、働くことをどう考えているかで、すべてが決まる。

生きること、働くことに無関心な人には、永遠に成功はやって来ない。
考えていないのだから、成功や失敗の概念もない。
考えていない人の想像する成功は単純だ。せいぜいお金持ちになることくらいだ。

しかし、生きること、働くことをしっかり考えている人は、転職するべきかどうかの判断は早く力強い。
そして、仕事を適宜、自分の価値観、信念に基づいて選ぶ。
これがあるべき姿である。

私たちが生きる時間、発揮できるエネルギーには限界がある。
その残された時間とエネルギーを無駄にだらだら使うのか。

それとも意義のあるものにするのか。
それが常に問われているのである。

 

・【毎日が充実】仕事に生きがいを感じる方法

Copyright© 女神降臨 , 2020 All Rights Reserved.