転職を繰り返す人と一度も転職できない人の決定的な違い

ジョブホッパーと呼ばれる人たちがいる。
転々と職を変えていく人のことである。

現代、転職は珍しい出来事ではなくなった。
かつての日本では、1つの会社で定年まで勤めることは美学とされたが、会社が遠慮なしに私たちの首を切るように、私たちも会社との縁を切る。

一方で、生涯一度も転職を経験しない人もいる。
会社も仕事も不満だらけ。それでもかたくなに現職にとどまったままだ。
これでは、自分の可能性、明るい未来を閉じてしまうことになる。

それでは、転職を繰り返す人と、転職できない人の違いを解説しよう。

 

転職が当たり前の時代に転職するべきか

アメリカでは転職は珍しいことではない。
自分のニーズに合わせ、キャリアをアップさせていく。

かつての日本では、こうした姿勢は歓迎されるものではなかった。
会社が面倒見てくれる恩返しに、と一生その会社に貢献する。
まさに、鎌倉時代の御恩と奉公の関係ができていた。

しかし、その考え方は現代の日本には通用しない。
なぜなら、それが通用したのは経済成長期でのみ可能な雇用形態だったからだ。

近代は科学技術の発達により、輸送技術、コンピューターの処理速度の向上によってサービス内容や仕事の効率が増した。
人件費はどんどん安い国に押し付けられることになり、儲けはどんどん小さくなる。

結果、会社は社員の面倒を見切れない。
終身雇用、年功序列なんていうみんなで仲良く稼ぐ時代はとっくに終わった。

今は稼ぐことに関して効率的ではない。
どんなに努力しても給料は上がらない。

それなら少ない給料でも満足できる仕事か、高い給料で無理矢理満足するしかない。
それを求めて転職することは、むしろ積極的。
いつまでも不平不満をはいて何もしないのは、消極的な人間とみなされる。

 

転職は弱者の逃げ?勇者の挑戦?

日本には臥薪嘗胆という言葉がある。
しかし、それはストレスという概念がない時代に生まれた言葉だ。
我慢し続けた先にあるのは、過労か自殺。

転職が当たり前の時代に、我慢して働き続け、ストレスをためて過労死することは立派な英雄的行為とみなされない。
自殺するような精神的に弱い人間だと、後ろ指をさされる。

あるいは、企業側に責任を擦り付け、ブラック企業だ、ブラック体質だと騒ぎ立てる。
これは両者にとっていいことではない。

転職を甘えだとか、逃げだとか揶揄する人が今でもいる。しかし、それは間違っている。
転職を決断し、新しい世界に飛び出そうとする人の足を引っ張る行為で、カンダタを思い出す。

我慢はいい結果を生まない。ストレスをため、仕事の効率を落とす。
仕事でスキルを十分に発揮できなければ、成長もしないし、評価も上がらず給料も上がらない。
そして、それがまたさらにストレスになる。

現代の働き方は、作業が無くなった。複雑で面倒な作業か、コミュニケーション。
マジメにコツコツと言う働き方は、マッチしていない。

しかし、それにこだわり努力しているからと言って成果は上がらない。
これを評価が一致しない、と騒ぐわけである。

リターンがすくない仕事に対して見切りをつけることで状況を打開する人が要る。
転職をする人たちだ。

楽な仕事にしようとか、逃げとは限らない。
むしろ自分にマッチした職場を選ぼうとする積極的なものであり、それを逃げとからかうのは間違っている。
むしろ、未知の世界に飛び込む勇気ある行動だ。

最もいけないのは、そうした勇者の行動を邪魔することだ。
逃げだ、甘えだと、自分を正当化するような人は、現状を変えることができない臆病者。

こんな人たちに耳を貸す必要はない。

 

転職を決断するメンタルはどこから来るのか

基本的に、人間は未経験のものに不安を覚え、一歩を踏み出せないものだ。
転職も同じで、初めての転職が一番勇気が要る。

この壁を乗り越えることができるかどうかが、転職できる人とできない人の二極化を生むのだ。

安易な転職の決断はお勧めできないが、転職を後悔しないものにできる人は、会社や職場に対する不平、不満の理解が深い。
つまり、表面的な問題ではないのだ。

彼らは、人生観、仕事観がしっかりしている。
自分の生き方、信念、価値観(優先順位)を理解した上で仕事を選び、働いている。

例えば、自分のやりたい仕事、あるいはそれに近い仕事につくことでお金以外の満足感を得る。
仕事をお金を得る手段だと割り切り、高い給料に執着する。

こうした深い理解の上で仕事を選ぶことができる人は、会社や仕事に対する不平不満があっても我慢できる。
いや、我慢している自覚さえない。

また、迷うことなく転職を決断する。
時代の流れ、社会の要請などで会社の運営方針が変わったり、それに我慢できなくなると、早い段階で決断する。
理由は、そこで働く理由がなくなるからだ。

転職できる人は、働くことに対する多大な労力を自分の価値観に合わせる。
自分の価値観に会わない仕事を毎日毎日、我慢して少ない給料で我慢するなんて、人生を無駄にしているのと同じ。

つまり、ほとんど自殺行為に感じられるのである。
だから、迷わない。

 

転職できない人の心理

一方、会社や仕事に不満ばかりなのに、我慢して働き続けている人は、実は現状に満足している。
勇気を出してまで、リスクある転職に踏み出す必要がないと判断しているのだ。

彼らは今の仕事にどこかで満足している。だから、転職に踏み切らない。

満足しているならそのまま仕事を続ければいい。
転職していく人たちを、甘えだとか、逃げだとか言ってはいけない。

もう1つは、人の人生観、仕事観がはっきりしていない。
つまり、何を目指して生きているのか、なんのために働いているのか、お金以外のリターンを知らないとか、ただ働いてるだけの感覚なのだ。

これでは働く基礎ができていない。
働くことの満足感もないし、本当に辞めるべきかどうかの判断もできない。

これでは知恵のない動物と同じ。

なんのために働き、何に満足し、何を得たのか。
よくわからないまま会社に行き、ストレスをため、定年まで何とか我慢し続ける。

老後も年金も、会社や国が面倒見てくれるはず、という幻想に取りつかれている。
それは、自分の人生、生き方を放棄しているのと同じ。

つまり、逃げている、甘えているのはこうした人たちのことで、自分の人生、生き方から逃げている。
これでは無意識の世界に生きる動物と同じ。

定年後に、何のために生きてきたんだろう、なんのために働いてきたんだろう、と喪失感にとらわれるのはこうした人たちだ。
彼らは人生の中で、多くの時間とエネルギーを費やすことになる、仕事に無関心でいたばかりに、それを失った時に大きな喪失感に襲われる。

 

納得の現職、満足の転職をするためには

転職すればいいわけではないし、現職を続けることがいいわけではない。
それは、自分の人生観、仕事観、価値観に沿っているかどうかで判断するべきである。

転職する人を馬鹿にしたり、いつまでも転職を決断できない人は、自分の人生観、仕事観、価値観を明確にしよう。
いかに、それを見つけるヒントになる質問を上げる。はたして明確に答えらるだろうか。

  • なぜ、今の仕事を選んだのか。
  • 仕事を通して何を実現したいのか
  • お金以外に得られる満足感は
  • お金よりも大切なものは
  • 命よりも大切なものは

手っ取り早く働く意義を感じられるのはお金。
次に満足感の高いのは、名誉。

しかし、それよりも深い満足感を得られるのは信念である。
自分の信念に沿う仕事をすること、それを得ようとすることが望ましい。

仕事を仕事として考えている間は、転職は難しい。
しかし、仕事を人生の一部として考え、自己実現の手段だと気づいた時、初めて本当の仕事、天職と言うものの存在に気が付く。

仕事は学校の勉強でもないし、押し付けられる宿題もない。
もっと、自分の人生に根付いた意味のある、意義のある時間だと考え直そう。

それができるようになった時、転職するべきかどうかの迷いは無くなり
転職してく人を馬鹿にせず応援できるようになる。

 

まとめ

かつて転職はダメなことだとされていた。
逃げ、甘え、裏切り、非常識、いろいろな言葉で否定された。

しかし、その考え方は経済成長期と言う日本の歴史てわずか40年間の価値観でしかない。
もちろん今は、その時代から外れている。

今は、努力しても給料は上がらない。
それなら、時間とエネルギーを投入してお金以外に得られるものに満足するしかない。

そのためには、自分の人生、生き方、仕事観、信念、というものを明確にし、それに沿った仕事を選ぶべきである。
この基礎無しに、仕事に満足はあり得ない。

転職できない人は、もう一度自分に向き合ってみよう。

  • なんのために働くのか。
  • 何のためなら働けるのか。

この質問から逃げ続ける限り、あなたは転職する人を逃げだと決めつけるだろう。

 

・【毎日が充実】仕事に生きがいを感じる方法

Copyright© 女神降臨 , 2020 All Rights Reserved.