転職に成功する人ほど鏡をよく見る!その理由と効果

今や転職は当たり前の時代。
仕事や人間関係に嫌気がさし、辞めていくことは珍しくなくなった。

しかし、現実には転職先に満足できず、後悔したり、また転職を考えるという人もいる。
そんな中、転職先に納得感と満足感を得て生き生きと充実した毎日を送っている人もいる。

転職に満足する人に共通するのは、よく鏡を見ているという習慣があることだ。
そして、その習慣こそ転職成功の秘密なのである。

それでは、転職で成功する人が鏡をよく見る理由と効果について、解説しよう。

 

転職に限らず、鏡をよく見る人ほど成功する法則

成功する人ほど鏡をよく見る。

鏡を見れば、自分が映る。
その自分を観察することで、自分を客観的に見ることができる。
また、自己暗示のためにも良いとされる。

しかし、鏡を見ることで、それだけで成功が転がり込んでくるわけではない。
重要なのは、自分を見つめなおすということだ。

自分を見つめなおす、という作業は、日常的には必要とされないため、多くの人にとってなじみがない。
その日を精いっぱい生きたり、目の前の仕事に集中しているうちに、時間が流れていく。
一生懸命に頑張っているうちに、こんなに年を取ってしまった…という人も少なくない。

だが、成功する人は、常に自分を見つめなおしている。
自分の生き方や働き方に理想を持っていて、それを自分が実現できているのか、
あるいはその目標に近づけているのか、を常にチェックしている。

そして、外れていれば修正する。
転職は、そのような動機で決断される。

鏡を見ることは大事だ。しかし、もっと大事なのは自分の内面と向き合うことだ。

転職したい、仕事を辞めたい時、考えるべきなのは、仕事や職場の不満、あるいは転職活動を進める手順ではなく、なぜ自分には転職が必要なのか、という自分の内面の問題なのである。

 

鏡を見る効果

自分と向きあい、自分をよく知っている人にとって、世界は広くて人生は楽しい。
自分と向き合ってこそ、人生に軸が生まれるからである。

自分を向き合わず、自分をよく知らない人ほど、軸が弱い。
だから、人生の方針がブレブレ。努力にも身が入らず、それは無駄になってしまうかもしれない。

転職活動においては、希望条件が広く、妥協しやすい。
もちろん、希望の条件を妥協してしまうと、転職先でまた不満を抱えることになる。

また、転職の動機が弱いから、集中力に欠け、モチベーションも低い。
その結果、職務経歴書や面接では説得力が弱く、アピールしきれない。

面接では、面接官の心をつかまなければ、落ちる。
ありきたりの転職理由、志望動機では、印象に残らない。

一方、常に自分と向き合っていて、自分をよく知る人は、軸がしっかりしている。生きる基礎力が高いと言っても良い。

彼らは、なぜ自分に転職が必要なのかをよく知っている。そして、タイミングも間違いがない。

転職活動においては、希望の条件を絶対に妥協しない。
そして、内面から出る本気の転職理由、志望動機を声高らかに訴え、夢を語り、面接官を圧倒する。

特に面接で効力を発揮する。
面接は、その性質上必ず、人間が判断するが、同時に人間は感情を持っている。

本気であれば、その感情を揺さぶることができるのだ。
そして、本気は、自分と向き合ったものにしか生まれない。

転職を成功させる人は、転職の理由、タイミング、志望動機などにおいて、自分の生き方や哲学が反映されている。
多くの人が面接で苦慮するこうした質問にこそ、情熱的に語れる。

鏡を見ることは大事だが、ただ鏡を見ていても何も生まれない。
大事なのは、自分の生き方、働き方の哲学を見つけておくことである。

それができない間は、転職活動を始めるべきではない。
なぜなら、無駄に傷つき、無駄に失敗に終わってしまうからである。

 

転職の前に自分と向き合おう

転職は人生の一部に過ぎない。転職を考える前に、自分の生き方や人生という前提をしっかりさせておこう。

こうした基礎がしっかりしてこそ、後悔や失敗のない転職が実現できる。
転職を諦めたり、後悔する人は、基礎が弱かったからだ。

そこで、人生観や仕事観について明確にしよう。
これらを明確なものにするための質問を用意した。
以下の質問に答えられるようにしておこう。

  • 自分の理想の生き方、人生の目標とは。
  • 人生において仕事が果たすべき役割とは。
  • 働くことで得られる、お金以外の報酬とは何か。
  • 転職でなければ実現できないものなのか。

転職を不満の解消と考えているうちは、成功は遠い。
なぜなら、そこに真剣さ、モチベーション、説得力が伴わないからだ。

どんなに一生懸命に努力しても、人生観や仕事観がしっかりした人の真剣さ、モチベーションにはかなわない。

人生観、仕事観がしっかりしている人の転職にかける思いは本気だ。
まさに背水の陣。ここで失敗したら人生が終わる、くらいの切迫感を持って取り組んでいる。

彼らにとって転職は人生をかけた戦いだ。
自分の幸福、明るい未来をつかむための大一番。

そういう認識ができているから、寝ずに職務経歴書を磨き、面接の準備も進める。
彼らの作った資料や面接での表情からは、採用担当者を圧倒するオーラがにじみ出ている。

人生をかけた戦いに挑んでいるものにしか出せない、本気というものがある。
転職は、少ない椅子の奪い合い。説得力が高いものが勝つ。
だから、転職は大きのものを背負っている人ほど勝てるのである。

 

まとめ

転職が当たり前の時代。つい、自分も転職したくなる時があるだろう。

しかし、転職が大事なのではない。大切なのは、自分に目指す生き方があり、理想の働き方があることである。

それは誰も教えてくれない。自分で考え、自分で感じて、自分で決めるしかない。

今まで自分と向き合ってこなかった人にとって、自分と向き合ってからの人生はエキサイティングなものになる。

毎日がチャレンジで、失敗から成功の手段を学ぶ。

転職は、その中の一つのチャレンジにすぎない。目的と手段は取り違えてはいけないのである。

 

・【毎日が充実】仕事に生きがいを感じる方法

Copyright© 女神降臨 , 2020 All Rights Reserved.