転職に成功した人の転職の理由とは

年々、転職をする人が増えている。
その転職の理由は様々だ。

労働条件への不満、職場の人間関係への不満、適性の疑いなどなど。
いずれも深刻な悩みであり、これを解消しようと新天地を目指す。

しかし、転職に成功する人と失敗する人の理由ははっきり分かれる。
つまり、転職の理由によって成功するか失敗するかを占うことができる。

それでは、転職を成功する転職の理由、失敗する転職の理由の違いについて解説しよう。

 

転職理由の二極化

近年、多くの人が転職に挑戦しているが、全員が成功しているわけではない。
たいてい妥協した条件の企業に入り、こんなはずじゃなかったと嘆くか、転職活動自体を途中であきらめる。
中には、転職後に転職前の企業に戻る人までいる。

一方、一握りの転職者だけが、納得と満足のいく転職を実現している。
転職後の仕事内容、待遇がどんなものであれ、納得感、満足感が得られるなら、成功だ。

しかし、なぜこのような二極化が生まれるのだろうか。
その原因は、転職に対する考え方の違いにある。

転職を希望する多くの人は、転職を不満の解消の手段として考えている。
労働条件、業務内容、人間関係、評価などの不満を解消し、より納得感、満足感を得られる新天地を目指す。

これは当たり前のように感じられるかもしれないが、そこに落とし穴がある。
転職を不満の解消の手段としてとらえている限り、転職は失敗する。
例えば、転職後の労働条件や業務内容などに不満を抱いたり、転職活動中に希望条件を妥協してしまったがために後悔したりする。

一方、転職を成功させる人は、転職を自己実現の手段として考えている。
今の仕事に満足しているが、もっと満足したい。
そのような思いから転職をする。

つまり、転職を成功させる人にとって転職はしたくてするものではない。
せざるを得なくなったから、必要に迫られてするものなのだ。

 

転職に成功した人の転職の理由とは

転職を成功させる人は、転職を失敗させる人に比べて仕事観がしっかりしている。
仕事観は、転職の基礎力。
ここがしっかりしているかどうかが、転職の明暗を分ける。

転職を成功させる人は、

  • 今の仕事を選んだ理由
  • 働く目的
  • お金以外に得られる報酬

をよく理解している。

だから、転職を考えるよりも前に、仕事にある程度満足している。
会社や仕事に不平や不満を感じていても、得られる満足感がバランスを取っている。

転職は、このバランスが崩れた時に行われる。

  • 今の仕事を選んだ理由が崩れた時
  • 働く目的が失われた時
  • お金以外に得ていた報酬が少なくなった時

などに、迷いなく転職を決断する。
バランスが崩れる理由は様々だ。

  • 現職を続けることは堕落だと気づいた。もっと成長したい。
  • 諦められない夢がある。挑戦したい。
  • 転勤を命じられたが、絶対に家族と離れたくない。

いずれにせよ、今の仕事を続ける意味を失った時に転職の決断をする。

転職を成功させる人の転職の理由は、理想の働き方の実現が本質である。
仕事や人間関係に不満があるから転職する、というような浅はかな考え方ではなく、もっと深いレベルで転職を考えている。

転職の勝敗は、この理解度の深さで決まると言っていい。
なぜなら、理解度の深さによってその人が持つ集中力、説得力、忍耐力が変わるからだ。

転職を成功させる人にとって、転職は人生をかけた戦いだ。
理想の働き方を実現することは、理想の生き方を実現することに繋がる。
だから、転職は夢を追うものであり、絶対に負けられないという思いが生まれる。

その必死さ、気迫、意気込みといったものが、職務経歴書に宿り、面接では面接官を圧倒する。
面接は必ず人間が行う。だから、面接官の心を打つ者が必ず勝つ。

仕事をお金を稼ぐ手段として仕方なしにやるもので、転職はその不満を解消するものだ。
と考えているような人は、到底かなわない。

 

転職に成功した人の転職の理由を作る方法

転職はその必要性の理解が深い人が勝つ。
そこから得られる意気込み、気迫は、過去の実績など簡単にひっくり返す力を持っている。

転職を成功させるためには、なぜ転職しなければならないのか、という必要性の深掘りが重要。
これが浅い人は転職で勝てない。

そこで、人生観、仕事観を明確にしよう。
以下にこれらを問う質問を用意した。答えられるだろうか。

  • どのように生きたいのか。人生の目標は。
  • 人生において仕事や果たすべき役割とは
  • 今の仕事を選んだ理由は
  • その仕事にお金以外で満足している報酬は

転職は、人生に直結する大問題として認識するべきである。
そして、働き方も目指す生き方を邪魔するものであってはならない。

人生のベクトルと仕事のベクトルは一致していることが理想的で、仕事に傾ける時間とエネルギーを無駄にすることがない。
つまり、働くことが即、生きがいになる。

多くの転職希望者はこうした深い理解なしに転職を決め、行動する。
彼らから出てくる言葉は浅く、弱い。
すなわち、面接官の心をつかむことが無く、「ああ、またいつもの感じか」となる。

転職は、他のライバルを圧倒しなければならない。
その他大勢に埋もれてしまったり、その前に周りのライバルとそん色のないレベルを目指していたようでは必ず負ける。

しかし、転職の理由を人生レベルで理解した時に生まれる、絶対に負けられないという思いがあれば、他のライバルを大きく引き離す。
なぜなら、多くのライバルはそんなところにまで考えが及んでいないからだ。

転職は、人生をかけた大勝負。
生きるか死ぬか。幸福か不幸かを分ける分岐点である。
はたしてその認識ができているだろうか。

 

まとめ

多くの場合、転職は不満の解消の手段としてしか考えられていない。
だから、落ちる。妥協する。そして、後悔する。

何事もそうだが、理解が深い人、未来も視野に入れている人にかなわない。
転職も同じで、なぜ転職が必要なのか、を働き方、生き方に根差した考えができる人、未来の自分の幸福のために選択した人の説得力は、周囲を感動させる。

面接は直接人と人が接することで行われる。
だからこそ、チャンスだ。
相手は人間。感動させれば勝てる。

人間を感動させるためには、大きな感情をぶつける必要がある。
そして、それを可能にさせるのがその人の生きざまなのである。

転職は単なる職場の変更ではないし、仕事はお金を稼ぐ手段ではない。
そういう理解ができている人は、転職を決断する前から大きくリードしているのである。

 

・【毎日が充実】仕事に生きがいを感じる方法

Copyright© 女神降臨 , 2020 All Rights Reserved.