熱意だけで転職に勝つ方法

近年、転職する人が増えている。
生涯、一企業で働き続けることに美学は無くなった。
むしろ自分らしく働ける環境を求める姿は、積極的で評価も高い。

一方、転職しない人ももちろんいる。
不平や不満を抱えながら、それでもやめないのは、実績や自信がないから、転職に踏み出す勇気が出ないのである。

しかし、現実の転職活動では、実績や自信よりも重要なのは、熱意。
心の奥から湧きあがる熱意が、実績や自信を覆す力を持っているのである。

それでは、その熱意で転職に勝つ方法を解説しよう。

 

転職の勝負を決する熱意

転職を踏みとどまる人、あるいは転職活動を途中であきらめてしまう人は、自分に実績や自信がないと信じている。
だから、転職の決断ができないとか、転職で勝ち抜けないと考える。

しかし、転職の決断をさせるもの、採用担当官の心を打つものは、実績や自信ではない。
確かに転職活動は、表面上は、実績をアピールしたり、実績に関する質疑応答がメインになる。

輝かしい実績があれば、自信を持って転職活動開始を決断できるだろうし、面接でもドヤ顔で乗り込むことができるだろう。

そして、それが無ければ決断も勝つこともできないと思っている。

しかし現実は違う。
常に本質は陰に隠れて見えないところにあるものだ。

転職の勝負を決するもの、転職の決断をさせるものは、心の奥底から湧きあがる熱意である。

「私にはどうしても転職が必要だ。」
「だから、絶対に負けてられないのだ。」

そう思えるものがあれば、実績や自信など吹っ飛ぶ。

実績はこれから作るのではなく、あるものを大きく見せる。
自信は、あるから転職できるのではなく、自信は無くても無理矢理つけるもの。

転職は手段であって、目的ではない。という理解が重要なのである。

 

転職の熱意の効果

転職は、実績や自信の勝負ではない。
熱意の勝負である。

仮に輝かしい実績や自分に自信のある性格の持ち主だとしても、転職に人生をかける熱意がない人は、勝てない。
なぜなら、書面や表情、言葉使いから説得力が生まれないからだ。

人生をかけた戦いでは、覚悟が説得力となって現れる。
これが、他の応募者との差を生む。

面接では、面接官に気に入られようとしたら負ける。
面接官を圧倒し、会場を支配するような説得力が無ければ、少なくとも大企業や有名企業のたった一つしかないイスに座ることはできない。

さらに、転職活動は100発100中というわけにはいかない。
内定が出るまでに何度も落ちる。書類も、面接も何度も落ちることになる。

そこで、熱意が足りないものは、目標となる企業の条件を妥協してしまう。
なぜなら、落ちるたびに大きなショックを受け、それが繰り返されるうちに心が折れ曲がってしまうからだ。

ショックを受けるのは当然で、職務経歴書や面接では自分の仕事人生のすべてをぶつける。
そこで得られた結果が不合格であれば、まるで自分の努力、人格、社会人としてのスキル、を否定されたような気がするからだ。

本当は、それは相性が悪かっただけなのだが、不合格の連絡では誰も慰めてくれない。
そのショックのあまり寝込んでしまう人もいるという。

そのあまりの苦しさから解放されようと、知らない間に企業を選ぶラインを下げて行ってしまう。
転職の妥協は必ず後悔を生む。

しかし、熱意を持っている人は、ここで踏ん張ることができる。
どんなに心を折られても、内面の奥深くから湧きあがる熱意が、早期の立ち直りと、持続する集中力を生むのである。

 

転職に勝つ熱意の作り方

転職活動でアピールする実績を作ることは難しい。
自信は、熱意があればわいてくる。
そこで、熱意の作り方を解説しよう。

そのためには、仕事に関する認識をまるっきり変える必要がある。
仕事は生きるための資金調達という浅はかな考えを止め、もっと人生に深く根付いた問題だという認識に変えなければならない。

そこで、自分の人生観、仕事観、価値観、信念について振り返ろう。

  • なぜ今の仕事を選んだのか。
  • お金よりも大切なものは
  • お金よりも大切なものを仕事で得られているか
  • どう生きるのか、そこに仕事はどのような役割を果たしているのか
  • 転職でなければ手に入らないのか

これらの質問に答えられるようにしよう。
これらがクリアに見えた時、あなたはもう転職するかどうかで迷ったりしない。

実績を作ってからとか、自信をつけてからなんてぬるいことを言ってられないはずだ。

本当に転職の必要性に気づいたら、ないものであきらめるようなことはしない。
あるもので何とかしようと思うはずだ。

だから、実績とか、自信とか関係ないのである。

そして、こうした深い理解ができた時、心の奥から湧きあがる熱いもの、熱意が生まれる。
そして、転職は、人生をかけた絶対に負けられない戦いに変わる。

転職で勝つのはこうした本物の転職の理由を理解した人たちだ。
不満があるから職場を変えたい、というような安易な考え方の人は、本物の熱意を持った人に勝てない。
先ほどの通り、説得力、言葉使い、表情、目の輝き、集中力、に表れるのである。

そして、転職活動の場にはそうした人たちが多くなくても少しはいる。
ライバルはこうした人たちなのである。

 

まとめ

転職のノウハウ記事、ノウハウ本には実績のアピールの仕方やマナーなどが書かれている。
しかし、勝負を決するのはそんなところではない。

転職は一種の出会いの場。
人と人との間に生まれる信頼関係を強くする者が勝つ。

そして、信頼関係を生むのは、まっすぐで強い思い。
転職の理由、希望をごまかすような人は、本物の熱意を持つ人の説得力にはかなわない。

そのためには、仕事そのものを支える仕事観をはっきりさせればいい。
働くとは何か、働くことで何を得るのか、何を実現しようとしているのか。
その理解ができるものにしか生まれない、説得力がある。

それは、本にもネットにもどこにも書かれていない。
自分と向き合い、自分で見つけるしかない。
そして、それを見つけることができれば、転職は成功が約束されたようなものなのである。

 

・【毎日が充実】仕事に生きがいを感じる方法

Copyright© 女神降臨 , 2020 All Rights Reserved.