心理テストでわかる、あなたの転職力と強化法

転職を成功させる人がいる。
大企業、有名企業のような難関を突破する。

そこには、転職力が重要。
職務経歴書の内容、面接の場で採用担当者を説得させる力である。

これらは、決して輝かしい実績や口のうまさで決まるわけではない。
転職力は、もっと深くて熱いもので決まる。
そこに気づいていない人が多すぎる。

それでは、転職力とは何か。
転職力を決定するものとは何かについて解説しよう。

 

転職とは何か

何事も本質を見抜くことが重要である。
目の前のことにとらわれていると、大事なものを見失う。

この大事なものを見失う人は転職を失敗させる。

  • 転職先で同じ悩みを抱え、また転職を考える。
  • 想像と違ったため、前の職場に戻りたいと考える。
  • 天職に踏み出せずに、現職で我慢し続ける。

いずれも転職の本質を見抜けなかったことによって起きる悲劇。
そして、取り返しのつかない。

仕事を単なるお金稼ぎの手段としてしか考えていない人は、転職は難しい。
生きるためにお金が必要で、仕方なしに我慢してやるもの、
という認識では、いかにも消極的できっと仕事にも身が入らない。

認識はその人の言動に表れる。
言葉使い、考え方、感情、すべてに影響し、仕事の成果に表れる。
しゃーなし仕事をやっている人は決まって実績が低い。

転職活動でも同じで、そのいかにもな消極的な姿勢は採用担当者に見抜かれる。
どんなに熱く語っても無駄で、言葉のはじはじに消極的姿勢が現れる。

転職は気合で何とかなるわけではない。
まずは、認識から変えていかなければなら似ない。

 

あなたの転職力を測る心理テスト

転職活動は想像以上に厳しい戦いになる。
おそらく半分くらいの人は、途中で心が折れ、妥協し、失敗する。

そこで重要なのは転職力。
これが高いものであれば、心は折れず、最後まで力強く戦い抜くことができる。

そこで、転職力を測る心理テストを用意した。
以下の質問に答えてみよう。

  • 今の仕事を選んだ理由
  • 今の仕事でお金以外に満足できている点
  • 生きる上で目指しているものは
  • 人生において仕事とは何か
  • 働くことで人生の何を実現できているか
  • 転職でなければ実現できないのか

以上の質問に、はっきり答えられる人は、転職力が高い。
これらの質問は、働くことに関する認識の明確さを問うものである。
これらに答えられない人は、転職活動中に安易に妥協してしまうか、転職そのものを決断することができない。

 

明確でない場合の弊害

仕事を仕事として考えているうちは、転職は難しい。
転職を成功させるためには、働くことに対してもっと深い理解が必要だ。

なんのために働くのか、お金以外に得られる満足感は

その最も自分が価値を感じられるものに仕事を添わせる形で選ぶことができれば、転職の決断力、モチベーション持続力、集中力に影響し、これらがトータルで採用担当官を説得する力となる。

転職でなくても、仕事の現場では説得力がある者が勝つ。
根拠の明確さ、実績の高さよりも、自信を持ってはきはき大きい声で訴える人の方がコミュニケーションや交渉がスムーズだったりするのを見たことがないだろうか。

つまり、コミュニケーション重視の現代において仕事で重要なのは相手を説得する力。
職務経歴書、面接で説得力を発揮したものが勝つ。

ましてやみんなが行きたい大企業、有名企業では、説得力が高いやつが集まってくる。
彼らに負けないためには、説得力を高める必要がある。

説得力は、言葉のうまさで決まらない。
表面上を流れていくような誤魔化しは聞かない。
採用担当者は、そうした人間を多く見てきて目が肥えている。

彼らを圧倒するためには、地に足の着いた言葉を使う必要がある。
その説得力の基礎が、仕事観、人生観に基づいた転職なのである。

こうした基礎の弱いままの転職活動は、まるで詐欺師。
儲かりますよと言いながら、全くそう考えていないインチキと同じ。
その怪しさを見抜かれるのである。

 

少しの見直しで転職成功の武器に

この基礎が弱いと、転職を決断できない。
転職したくても、しなければならない理由にこぎつけないからだ。

だから、焦りを感じない。だから踏ん張らない。
結果、現職のままである。

また、心がすぐ折れてしまう。
書類選考も、面接も、落とされるととても傷つく。

一生懸命働いた自分自身そのものを否定されたような気がするからだ。
一度や二度なら大したことないが、連続するとやむ。

結果、多くの人は、妥協し、満足するはずのない会社を選ぶ。
そうして後悔する。

それほど転職活動は、心身を消耗させ、認識を捻じ曲げてしまう。
仕事的自殺と言ってもいいかもしれない。

しかし、基礎がしっかりしていれば、転職は負けられない戦いという意識が生まれる。
絶対に負けられない、人生をかけた戦い。
だから、心は折れないし、すぐに立ち直ることができる。

これを転職力と言うのである。
転職は成功しなければ意味がない。

失敗や後悔するくらいならしない方がいい。
しかし、成功させるためには、転職力つまり、転職の必要性の深い理解が不可欠なのである。

 

まとめ

多くの人は、自分に自信が無くて転職を踏み出せない。
あるいは、勢いで転職して失敗、後悔する。

彼らには、転職の必要性、仕事のポジションを理解できていない。
つまり、地に足をつけないまま働き、転職活動に入る。
これではうまくいかない。

もっと、自分に向き合い、なんのために働くのか
生きるために何を目指すのか、こうしたものに注目し、理解しておく必要がある。

こうして生まれた覚悟をもとに踏み出した転職活動は強い。
説得力も集中力も高い。そして、そうした人選ぶ。
熱意が高いと判断されるのだ。

普段から仕事を我慢し、しゃーなしやっている人は転職はまだ早い。
もっと自分の根幹から見つめなおすことが先決である。

 

・【毎日が充実】仕事に生きがいを感じる方法

Copyright© 女神降臨 , 2020 All Rights Reserved.