後悔しない転職活動の進め方

転職をして後悔する人が後を絶たない。

  • 仕事が想像と違った。
  • 給料が上がらない。
  • めんどくさい人がいる。

こんなことなら、前の職場の方が良かった、というわけだ。

転職にはリスクが伴う。
新しい職場、新しい仕事を100パーセント理解した上で転職することなどできない。

しかし、転職して満足する人もいる。そして、それは運が良かったからではない。
彼らは転職活動において、転職を後悔する人が見落としている点をしっかりカバーできていたからなのだ。

それでは、後悔しない転職活動の進め方について解説しよう。

 

転職のリスクとリターン

転職を希望する人のほとんどは、今の仕事に不満を抱き、それを解消するために転職という手段を選ぶ。
労働条件、人間関係、仕事の適正などに疑問があり、納得のできる新天地を求めるわけである。

だが、現実として労働条件の細かい点や、同僚の個性を転職前に完璧に把握できるわけではないし、仕事の適正もしばらく働いてみなければわからない。
つまり、転職が納得、満足できるものかどうかは、転職してみなければわからないことになる。

それでは、転職は運ゲーなのだろうか。
転職後の労働条件や人間関係に納得、満足できる人は運が良くて、納得、満足できない人は運が悪かったということなのだろうか?

この答えは明確に「違う」と言える。
つまり、転職を失敗させる人は、何度転職しても納得、満足することはない。
そして、転職を成功させる人は、何度転職しても納得、満足できる。

この違いは、転職に対する認識にある。
転職を失敗させる人は、転職を不満の解消の手段として考えているが、転職を成功させる人は、転職を自己実現の手段として考えている。

 

転職成功の条件

転職を成功させるためには、転職を自己実現の手段として認識していなければならない。
転職を不満の解消や、現実逃避くらいにしか考えられない人は、様々な理由で不幸な結果を招くことになる。

 

転職を失敗させる人

転職の成功と失敗を分けるのは、実績の高さや質疑応答のうまさではない。
なぜ、転職をしなければならないのか、という転職の必要性に対する理解度である。

転職の必要性に対する認識が甘い人は、最初から最後まで詰めが甘い。

  • 転職の希望条件がボンヤリしている。
  • 職務経歴書の完成度が低い。
  • 面接で説得力が弱い。
  • 希望の条件を妥協する。
  • 転職後のストレスに弱い。

要するに、最初から最後まで新しい仕事に対するドキドキ感、ワクワク感のようなものがない。

生きるために働かなければならない。
でも働きたくない。
だから、できるだけ条件のいいところに行きたい。

このような認識では、どこに行っても不満を抱えて当然だし、転職活動に関しても燃えるような熱いものが無く、採用担当者の心を打つこともできない。
それ以前に、転職を決断することも難しい。

 

転職を成功させる人

ところが、転職を成功させる人は、転職の必要性の理解が深い。

  • 希望条件が明確でピンポイント
  • 職務経歴書の完成度が高い
  • 面接では説得力を発揮する
  • 希望の条件を妥協しない
  • 転職後のストレスを受け入れる覚悟がある

こうしたものが可能なのは、仕事観、人生観がしっかりしていて、転職の必要性を深く理解できているからである。

つまり、転職を目指す生き方に仕事をマッチさせようとする手段として考えることができる。
だから、転職するべきかどうかの判断、転職活動にまつわるすべてに対する集中力、忍耐力、そして決して折れない心が手に入る。

なぜなら、転職は人生をかけた戦いだからである。
絶対に負けられない、という思いが、力強い決断と採用担当者をビビらせる説得力を持つのである。

 

後悔しない転職活動の進め方

転職成功のコツは、転職の必要性の理解を限界まで深めることである。
そこで、仕事の実績や面接での受け答えの勉強の前に、あるいは転職を決断する前に、人生観や仕事観を整理しよう。

 

転職の必要性を徹底的に掘り下げる

転職の必要性の理解のために、人生観、仕事観を見直してみよう。

  • どのように生きたいか。人生の目標は。
  • 人生において仕事の役割は。
  • 働くことで得られる、お金以外の報酬とは。
  • お金や名誉よりも大切なものとは

仕事を単なる生活資金の調達手段、転職は職場の変更、くらいにしか考えていない人は、言葉は軽く、表情も緩い。
そこから感じ取れるのは、甘さや逃げの精神。決して採用担当者の心を打つことはない。

しかし、人生の方向性、働く意義をしっかり認識できている人にとって、転職は人生の問題になる。
つまり、転職は単なる職場の変更ではなく、自分の未来の幸せのための戦いになる。

だから、言葉には重みがあり、表情も真剣になる。
その本気さが、職務経歴書の完成度、面接での受け答えに表れる説得力になる。

説得力が人を動かし、未来を変えることになるのは転職だけでなく、普段の仕事でも同じ。
たいてい、声の大きくて勢いがある人が仕事をリードする。

 

転職を後悔しない理由

転職活動は、20社近くに応募してやっと一つの内定を獲得する。
その期間、ずっと不合格通知にメンタルをやられる。

その苦しさ、辛さは経験者でないとわからないほど大きく、心を折られることになる。
転職を後悔する人は、ここで希望の条件を妥協してしまうからだ。

それは精神的に弱いとかの問題ではなく、必ず、そうなる。
今まで仕事に一生懸命に撃ち込んだ人ほど、その傾向がある。

しかし、仕事観、人生観に沿った転職の必要性を理解できていれば、心を折られることになってもすぐに立ち直ることができる。
なぜなら、心を折られている場合ではないからだ。

この踏みとどまる力こそ、転職の必要性の理解の深さなのである。

 

まとめ

転職の後悔は、たいてい活動中に希望の条件を妥協することで起きる。
しかし、妥協してしまうのも仕方がないほど、転職活動中はメンタルをやられる。

ここで踏みとどまれるかどうかが、転職の成功と失敗を分けるのだが、それはその人の精神力とかメンタルの問題ではない。
絶対に譲れないという熱い思いがあるかどうかである。

そして、熱意は気合の問題ではない。
なぜ、転職をしなければならないのか、という深い理解ができているかどうか。

そして、深い理解は、仕事や人生をどう考えているか、にまでさかのぼる必要がある。
つまり、転職は仕事を変える目先の問題ではなく、人生をかけた壮大な戦いなのである。

 

・【毎日が充実】仕事に生きがいを感じる方法

Copyright© 女神降臨 , 2020 All Rights Reserved.