みんな憧れる転職成功の秘密とは

増える仕事、高まる要求、パワハラ上司、言葉の通じない部下、いじめる同僚、向いてない仕事、つまらない業務内容…
毎日うんざり。頭が狂いそう。

それでも毎日会社に行くしかない。
生きるためにはお金が必要だからだ。

その一方で、サクッと転職し、人生を楽しんでいる人もいる。
このような人たちは、毎日我慢して働いている人とまるで考え方が違う。
ここに転職を成功に導く秘密が隠されている。

それでは、転職を成功に導く秘密とはどんなものか、解説しよう。

 

転職で失敗して後悔する人

近年、多くの人が転職に踏み切っているが、その多くが転職に満足していない。

  • 業務内容が想像と違った。
  • 新しい職場にもめんどくさい人がいた。
  • 今度は別の不満が出てきた。

そして、相変わらずの不満だらけの毎日を送る。
はたして、転職する意味があったのだろうか。

しかし、こうした事態になってしまうのも無理はない。
転職の失敗はタイミングが早かったことにあるが、それに気づいている人などいない。

転職のタイミングが早いと、準備不足になる。
どんなに転職について勉強しても、どんなに高いお金を出して転職セミナーに行ってもこの問題は解決しない。

転職を失敗したり、後悔する人は、転職の必要性に関する理解が浅い。
これを深める前に転職活動に入るから、モチベーションは高くないし、集中力も高くない。

その結果、職務経歴書の完成度は低く、面接での説得力に欠ける。
そして、採用担当者の印象に残らず、落ちるわけである。

転職は、ノリや勢い、気合や根性で何とかなるものではない。実績や自信も関係ない。
なぜ、転職しなければならないのか。
という問題に対する深い理解ができているかどうかが、本質的な問題なのである。

 

転職成功の秘密

転職を成功させ、新天地に納得感、満足感を持って働いている人は、転職に対する理解が深い。

転職とはどういうものか。なぜ、転職が必要なのか。

これらを完全に理解できている。この理解度は、いわば転職の基礎力のようなもの。

 

転職とは何か。なぜ転職が必要なのか。

転職を成功させる人にとって、転職とは、仕事や会社に対する不満を解消する手段として考えていない。
自己実現の手段である。

転職を成功させる人にとって、仕事は自分を満足させるものである。
例えば、自分の正義感を満たすものであったり、信念に沿ったものであったり、人生の目標に沿ったものである。
つまり、仕事は自分の生き方にかなうものである。

転職は、自分の価値観や考え方が変わったり、諸般の事情で満足できないことが判明したときに行うもの。
転職を成功させる人たちは、転職をしたくてしているわけではない。
転職せざるを得ない状況に追い込まれてするものなのである。

 

転職の必要性の理解の効果

転職とは何か、仕事とは何か、どのように生きるのか。
これらを深掘りできている人は、転職活動中は集中力もモチベーションも高いまま維持できる。
さらに、表情や言葉には説得力が宿り、特に面接の場でその効力を発揮する。

転職活動を経験した人ならわかるが、転職活動で最も重要なのはモチベーションの維持だ。
転職活動は短くない。3か月~半年、それ以上かかる人もいる。

そして、その間、何度も不合格通知が届く。この時のショックは想像以上に大きい。
一度や二度ならすぐにメンタルを立て直せるが、何度も続くとまるで自分が社会人としてダメなんじゃないかと思うようになる。
しかも、今まで真面目に働いてきた人ほどその傾向がある。

その結果、自然に希望条件を妥協してしまう。
転職は妥協したら終わりだ。必ずあとで後悔することになる。

しかし、転職とは何か、転職の必要性を深く理解できていると、心が折れそうになっても立て直すことができる。
ここで負けてられない。妥協したら転職の意味がない。
そんな思いが、長い転職活動を精神的に支えてくれるのである。

また、転職を自分の人生、生き方にまで掘り下げることができている人は、転職を人生をかけた戦いと位置付ける。
その集中力はすさまじく、職務経歴書に書く内容、言葉の選び方、厳しい表情、本気の目、声の大きさに表れる。

これらから生まれる空気感が説得力となり、採用担当者、面接官を圧倒する。
なんかヤバい奴が来た…と思わせるのである。

 

転職を成功させる武器の作り方

要するに、転職活動では説得力が高い奴が勝つ。
説得力は、輝かしい実績、自信に満ちたドヤ顔、でかい声で生まれるものではない。
この転職で人生を変えるんだ!という心の奥底から湧きあがる熱意である。

こうした本物の転職の動機を手に入れるためには、人生観、仕事観から転職を考え直す必要がある。
そこまで深掘りできた時、初めて本気を出すことができる。

それでは、仕事観、人生観を明確にするために、以下の質問に答えてみよう。

  1. どのように生きたいか。人生の目標は。
  2. 人生において仕事が果たす役割とは。
  3. 仕事で手に入る、お金以外の報酬は。
  4. 転職以外に方法は無いのか。

多くの転職希望者はここまで深掘りができていないから、転職の理由も志望動機も訴求力がない。
どんなにうまくごまかしても、どんなにポジティブに言い換えても無駄。
転職を自己実現の手段として理解し、実行に移している人に比べたら、嘘っぽく見える。

普段の仕事でも同じだが、表面上に見える問題を取り上げてもダメなのだ。
表面上に見える問題をその場で思いついた方法で解決に当たっても根本対策にならない。必ず問題は再発する。

転職という問題の根本対策は、転職の必要性の深い理解。
これができた人にしか納得感と満足感のある転職にすることはできないのだ。

 

まとめ

転職は実績や自信で決まるわけではない。
転職とは何か、なぜ転職が必要なのか、についての理解の深さが転職成功の秘密。

その理解が浅い人は、集中力、モチベーション、真剣さに欠け、採用担当者にいい印象を持たれることもないし、希望条件を下げてしまう。何もいいことはない。

しかし、理解が深い人は、集中力、モチベーションが高く、周囲を惹きつけるオーラが出る。
面接の場ではもちろん、職務経歴書にまでオーラが宿る。これが本物の説得力なのである。

転職を不満の解消とか、仕事は仕方なしにやるもの、と考えているうちは転職は早い。
なぜなら、絶対に失敗して後悔することになるからである。

何事も大切なのは足元だ。
なぜ転職しなければならないのか。なぜ働くのか。どのように生きたいのか。

転職は、これを理解してから始めるべきである。

 

・【毎日が充実】仕事に生きがいを感じる方法

Copyright© 女神降臨 , 2020 All Rights Reserved.