【転職活動の重要ポイント】一生働きたい会社の探し方・選び方

転職は人生を大きく変えるターニングポイント。
選んだ会社によって、その後の人生は大きく変わる。

内定をいただいた会社に満足できれば、楽しく充実した毎日が続く。
しかし、現実にはそうとは限らない。

転職後の人生は、会社選びで決まる。

それでは、転職活動における、後悔しない会社の選び方・探し方を解説しよう。

 

会社選びこそ、転職活動の最重要ポイント

多くの人が会社や仕事に不満を抱き、転職した、辞めたいと考えている。
今の仕事に満足、納得できている人は少ない。

現代では転職は珍しくなくなった。
会社が社員をあっさり見捨てるように、社員も会社をあっさり見切る。

転職を決意した瞬間、頭に浮かぶのは、次はどこで働くのか、という問題だ。
そして、会社選びは、とても重要な問題である。

転職活動において、会社選びは活動の軸になる。
ここがしっかりしたものでないと、転職活動はブレてしまい、最悪な場合、本来の目的を見失い、転職のための転職になってしまう。

その結果、希望の条件を安易に妥協してしまい、不満や不安を抱えたままの労働の日々を送ることになる。
あるいは、自己嫌悪に陥って人生に悲観してしまうことになりかねない。

このように、会社選びは、単なる転職活動への影響だけでなく、その後に人生に直結した問題である。
会社選びは、人生選びなのである。

 

一生働きたい会社の探し方・選び方

転職活動のみならず、その後の人生においても重要な会社選び。
これを間違いのないもののするためには、転職の動機を限界まで掘り下げる必要がある。

転職をして後悔している人、転職後の不満を我慢している人、あるいは転職を決断できない人の転職に対する認識は、甘い。
彼らがどんなに真剣に悩んでいたとしても、まだまだ考えが浅いのだ。

転職は、人生のターニングポイント。
会社にも仕事にも大満足できるものにしなければならない。

もしここで、「いや、仕事と言うものには不満はつきものだろ」などと考えているような人は、転職活動は敗北決定。
仮に内定をいただいたとしても、転職先に不満と不安を抱え、それを無理矢理納得させる日々が続くだろう。つまり、考えが甘い。

転職を成功させ、結果に大満足できるような人は、会社選びに絶対に妥協しない。
妥協するくらいなら、転職などしない。
この鋼の精神が、間違いのない会社選びを実現する。

会社選びは転職活動の軸だ。これをブレさせたら終わり。
転職活動の敗北だけでなく、人生の終わり。
転職活動を成功させる人は、このような認識が自然にできている。

彼らは、人生の目標が大前提にあり、それに合わせた仕事を選んでいる。
それは、転職を決める時も、転職後も変わらない。

転職を成功させる人は、会社選びを単純に条件で選んでいるわけではない。
その条件を選ばざるを得ない理由を自分の生き方に照らし合わせて考えている。

例えば、単純に給料が高い会社を選んだりしない。
それを選ぶべき人は、お金第一主義で生きている人であるべきだ。

あるいは、人間関係がイヤという理由で転職を決めたりしない。
人間関係がイヤで転職する人は、自分の生き方に目標がない人だ。

一生働きたい会社の選び方、探し方で重要なのは、条件よりも中身。
つまり、自分の人生観や仕事観を明らかにしてこそ、初めて見えてくるものなのである。

 

一生働きたい会社を選ぶために重要なこと

一生働きたい会社と出会うことができれば、人生は最高だ。
しかし、そんな幸せは偶然にやってくるものではない。
仮にやってきたとしても、それは一時的なものに過ぎない。

会社選びに重要なのは、自分の人生観、仕事観を明確にすることである。
会社選びは、それに沿ったものにできた時、初めて可能になるのである。

そこで、自分の人生観、仕事観を明確にするための質問を用意した。
以下の質問に答えられるだろうか。

  • どのように生きたいか。人生の目標は。
  • お金、名誉よりも大切なものとは何か。
  • 人生において仕事が果たすべき役割とは。
  • 働くことで得られる、お金以外の報酬とは。
  • 転職以外に方法は無いのか。それを試したか。

これらの質問に答えられない人は、転職成功は難しい。

人生観、仕事観は転職活動の基礎。
ここがしっかりしていないと、安易に希望条件を妥協して後で後悔したり、転職理由や志望動機で語る内容に説得力が弱い。

だが、人生観、仕事観がしっかりした人は違う。
希望条件を妥協しないし、転職理由や志望動機に対する質問で、夢を語る。

多くの転職希望者が転職理由をネガティブな理由で答える中で、熱く夢を語れる人は間違いなく面接官の心を打つ。
そして、グッと採用に近づく。

もしかしたら、転職を失敗して後悔したり、なかなか内定が出ないと悩んでいたり、いつまでも転職の決断をできない人は、人生の目標や働く意義を見いだせていないからではないだろうか。

人生の目標や働く意義は、なくても生きていけるし、働くこともできる。
しかし、あるとないとでは、積極性や忍耐力に差が生まれる。

人生の目標や働く意義を問われても、立派なものを掲げる必要はない。
世界一を目指さなくてもいいし、自己満足に走ってもいい。

重要なのは、それを持っているかどうか。それを考えているかどうか。である。
これがない限り、転職に限らずあらゆる場面でブレる生き方をすることになるだろう。

 

まとめ

人生で一番重要なのは、生きる目標を持つことだ。
どのように生きるのか。どのように生きたいのか。
そのビジョンを持つことである。

私たちは、学校では考える事よりも覚える事を教えられた。
また、教えられたこと以外のことをするなとも指導された。
だから、どのように生きるのか、夢や目標についても勝手に考えることは苦手かもしれない。

しかし、目標のない人生、意義を感じない仕事では、遭難と同じだ。
どこに向かうべきか、いま自分がどこにいるのかがわからない。
これでは、毎日が不安や不満に襲われても仕方がない。

人生観は全ての軸。仕事観は働く上での軸になる。
重要なのはそれがどのようなものではなく、それを持っていることだ。

会社が面倒を見てくれない、価値観も多様化した現代社会では、特にその重要さを増しているのである。

 

・【毎日が充実】仕事に生きがいを感じる方法

Copyright© 女神降臨 , 2020 All Rights Reserved.