【転職敗者の心理】なぜ、転職で失敗する方を選んでしまうのか?

辞めればいいのにズルズル現職を続ける。
現職を続ければいいのに、転職して後悔する。

いずれも多大な時間とエネルギーを無駄に消耗する。
転職は人生レベルの決断になる。
ゆえに、転職の失敗は、人生レベルの失敗に直結する。

ビビッても失敗、ムキになっても失敗。
感情が、人生を破壊する。

しかし、ビビってしまうとき、ムキになった時、なぜ、失敗する方を選んでしまうのだろうか。
そもそもなぜ、感情帝になってしまうのだろうか。

そして、感情に流されない方法について解説しよう。

 

転職で失敗するパターン

年々、転職のニーズが高まっている。
実際に、転職経験者も増加傾向にある。

その中で、転職に成功、納得できている人もいれば、転職して失敗した、転職を公開している、と言う人もいる。

  • 仕事内容が想像と違った
  • 人間関係が最悪だった
  • やりたい仕事ができない

そんな思いから、さらに心身を痛めたり、人生に失望してしまう人もいる。

また、忘れてはならないのは、転職しないことによる失敗である。

  • やりたくない仕事に我慢
  • いじめ、パワハラのような人間関係に我慢
  • 向いていない仕事に心身を消耗

本当は実力、実績があるのに、自信がないという理由で、転職を諦めてしまう人もいる。
この失敗が見えていないパターンが最も怖い。

本当は明るい未来があるのに、それを放棄し続けることの罪。
実力、実績があり、仕事や職場に不満があるなら、未来の成功を掴めばいいのに、それをしない。
これが、見えざる転職失敗である。

 

転職失敗パターン 暴走

転職に失敗、後悔している人は意外に多い。
これは、転職マインドの基礎が弱いことによって起きる。

転職に失敗、後悔している人は、動機が弱い。

  • 労働時間が多い
  • 人間関係に嫌気がさした
  • 仕事が自分に向いていない

このような理由は明確だし、本気でそう考えているに違いない。
しかし、このような認識では甘いのである。

その結果、職務経歴書の完成度は低く、面接でも盛り上がらない。
その理由は簡単で、採用担当者の心を打つことが出来ないからだ。

採用担当者の心を打つことができないのは、転職理由が弱いからである。
不満がある→辞めたい。では、説得力に欠けるし、ライバルに差をつけることができない。

転職理由を説得力あるものにするためには、不満の理由が明確でなければならない。
つまり、もう一段、もう二段、深掘りする必要がある。

  • なぜ、労働時間が多いと困るのか。
  • なぜ、人間関係が悪いと困るのか。
  • なぜ、仕事が向いてないと困るのか。

そんなの、困るに決まってんじゃん、と思うだろうが、転職を成功させる人たちは、ここがしっかり答えられる。

答えられない人は、人生観、仕事観が明確ではないのだ。
ここが明確になっていれば、労働時間が多くても、人間関係が悪くても、仕事場自分に向いていなくても納得できる。

それが見えていない段階での転職活動は、暴走である。
まるでブレーキの利かない車。
偶然、事故的にぶつかった会社に転職することになるが、その仕事に満足することはない。

どんなに不満が多くても、納得できる仕事が想像できるだろうか。
これが想像できない限り、あなたにはまだ転職は早い。

 

転職失敗パターン 妥協

転職活動を始めてみてわかるのは、その過酷さである。
転職活動は、距離が決まったマラソンではない。
いつ終わるかわからない、距離も不明、時に全力疾走、障害物が多くて転ぶこともあるが、すぐに立ち上がらなければならない。

その過酷さから、脱落者が出る。
つまり、明るい未来を夢見て走り出した転職希望者も、いつか疲れてしまい、リタイアしようとする。
こうして、人は妥協する。

みんな転職活動前には、妥協は良くないと知っていたはずだ。
しかし、妥協せざるを得なくなるほど、新進がやられていくのである。
しかも、大きな夢を見たものほどそのような傾向がある。

妥協すれば、不満を抱えることになる。
転職は一年で終わるわけではない。

働けば働くほど、不満は蓄積し、心身をむしばんでいく。
こうして、こんなはずじゃなかった、と転職を後悔したりする。

しかし、転職で妥協しない方法がある。
そして、転職で成功をつかんでいる人が実践している方法。

それは、転職の必要性を深く理解することである。
この認識が浅い人ほど、すぐに心が折れ、妥協に走る。

転職を不満の解消の手段ではなく、自己実現の手段だと理解できている人にとって、転職は絶対に負けられない戦いになる。
この自覚があるから、どんなに心を折られても、すぐに立ち直ることができる。
そして、安易な妥協の道に足を踏み入れることもない。

転職を逃げの手段として考えている限り、妥協から逃げられない。

 

転職失敗パターン 拒絶

最も恐ろしい見えざる失敗、それが転職の拒絶である。

仕事に満足できていれば問題ないが、不満だらけの仕事や職場にい続けることは、人生を破壊している。
人間は基本的に保守的である。現状維持を続けようとするのが人間の性質。
だが、守ってばかりではいつか滅亡する。

時代に合わせて変化し続けなければ、いずれめつぼうする。
歴史を見ても、社会を見ても、昔にこだわりすぎて消えていった企業や国、文化は多くある。

そして一番みっともないのも、不満ばかり言って結局行動しない人だ。
辞める、辞めると言って結局辞めないのは、子供のわがままと言われても仕方がない。

そこで、きっぱいけじめをつけるために、人生観、仕事観を振り返ってみよう。

  • なぜ、今の仕事を選んだのか。
  • なぜ、続けているのか。
  • 足りないのは何か。
  • 転職でしか得られないのか。

転職は自信がある人が成功すると考えているだろうが、間違っている。
転職しなければならない、強い動機がある者が勝つ。

今の仕事を続けていたら自分に不幸が降りかかる。
それを回避しようと必死になる。

その必死さが採用担当者の心を揺さぶり、説得力のある言葉になる。
負けるはずがないのだ。

しかし、そのような強い動機が生まれない限り、あなたは現職にい続けることになる。

 

まとめ

転職を安易に考えている限り、失敗する。
新天地はパラダイスではないし、転職活動も旅行ではない。

人生観、仕事観を明確にし、強い動機を持ち、転職を負けられない戦いだという自覚を持てる者だけが、失敗せずに済む。
なぜなら、絶対に妥協しないからだ。

仕事を仕事として考えている限り、転職の成功は難しい。
しかし、仕事を自己実現、生きる証明にまで理解できている人は、成功が約束されるのである。

 

・【毎日が充実】仕事に生きがいを感じる方法

Copyright© 女神降臨 , 2020 All Rights Reserved.