【転職を迷わない人の習慣】転職を一瞬で決断する方法

かつての一生涯一企業という働き方は、完全に崩壊した。
今や転職は当たり前。自分らしく満足できる働き方を求める姿勢は、むしろ積極的として見られる。

応募する側も、他者からの即戦力を受け入れることで、社内のマンネリ化を防ぐ期待もある。
つまり、社会が全体的に転職を受け入れている。

一方、会社や仕事に不満を抱えながら、結局転職をしない人もいる。
しかし、このような働き方はストレスをため、パフォーマンスを制限し、さらに悪循環に陥る。

こうした事態を避けるための、転職を一瞬で決断する方法を解説しよう。

 

転職すればいいわけではない

近年、転職した人が増えたとはいえ、転職すればいいわけではないことは、言うまでもない。
現実逃避や目先の利益に飛びつくような形の転職は、問題の先送りに過ぎない。

転職は人生に関わる一大事。
もっと腰を据えて間違いのない判断にしたいものである。

しかし、安易に転職に走り、失敗、後悔する人が後を絶たない。
その原因は、目的と手段の取り違えによる。

転職を手段ではなく目的として考えている人は、転職活動中のモチベーションが長くは続かない。
集中力も低く、職務経歴書の完成度や面接では詰めの甘さが出る。
また、転職活動中に希望の条件を妥協してしまい、転職後の後悔を生むことになる。

転職は決してステータスではないし、トレンドでもない。
単純にすればいいわけではなく、中身が問題だ。

なぜ、転職しなければならないのか。

その答えを仕事の不満の解消と考えている限り、明るい未来は期待できない。
なぜなら、その認識ではまだ考えが浅すぎるからである。

 

転職の理由の本質

転職を決断できる人、転職活動を成功させる人は、転職を不満の解消の手段として考えていない。
自己実現の手段としてとらえている。

 

自己実現とは何か

仕事は、生きる目的と働く目的が一致していることが望ましい。
例えば、人を助ける生き方をしたい人が医療や介護などの職につけば、仕事はそのまま生きがいになる。

このように、人生観と仕事観が明確で、これを一致させることができている人は、仕事を自己実現の手段として活用できている。
このような人は、働くことに満足感、納得感があり、充実した人生を送ることができる。

一方、働くことを生活資金の調達くらいにしか考えていない人は、生きる目的と働く目的が一致していないことが多い。
だから、働いていて楽しくないし、不平や不満が目立つ。
仮に転職したとしても、次の職場で同じ理由で苦しむことになる。

つまり、転職は自己実現であることがいいのではなく、むしろ自己実現の手段でなければならない。
そうでなければ、起きている時間のほとんどを過ごす仕事で無駄に時間とエネルギーを消費していることになり、それは即、人生を無駄に生きていることと同じなのである。

 

転職を決断させるもの

生きる目的、働くこともの目的が明確な人は、それを一致させずにはいられない。
なぜなら、それは人生の無駄遣いになるのを理解できるからである。

だから、新しい人生を切り開こうと考えたり、会社の買収等で仕事の内容が変更になったりしたときに、一瞬で転職を決断する。
そのスピードは反射的といっていいほど早い。直観レベルである。

ここは俺の居場所じゃない。ここは私の居場所じゃない。
もっと自分にふさわしい場所を手に入れなければ!

そんな焦りを感じる。だから、決断も行動も早いのだ。

一方、生きる目的、働く意義をよく考えず、とりあえず働いているような人は、自分の人生がどこに向かおうと関心がない。
社会の変化や会社の変化が自分の人生をどのように変えてしまうのか、見当もつかないどころか発想もない。

だから、社会の変化や会社の変化に流されるままに生きることになる。
そこに焦りを感じることがないから、転職を決断することもない。

 

転職を一瞬で決断する方法

転職はすればいいわけではないが、不満を抱えたままも良くない。
そこで、本当に転職するべきかどうかを、はっきりさせよう。

 

転職の決断が早い人の習慣

転職の判断が早い人は、人生観、仕事観が明確である。
そして、常に自分を取り巻く状況がそれに沿っているかどうか、照らし合わせている。

つまり、判断の基準が先に作られていて、それに合致しているかどうかで今の仕事を続けるべきかどうかを常に判断している。
転職はしたいからするのではなく、せざるを得ないからするものなのである。

 

転職するべき基準の作り方

転職を決断するためには、自分の人生観、仕事観を明確にしなければならない。
そこで、以下の質問に答えられるようにしよう。

  • どのように生きたいのか。人生の目標は。
  • 働くとは何か。その目的は。
  • お金より大切なものは。命よりも大切なものは。

仕事は、自己実現の手段でなければ、人生を無駄にする。
生きる目的と働く目的が一致していないと、仕事にかける時間とエネルギーは無駄に消耗することになるからだ。

どのように生きたいのか。どのような人間になりたいのか。
この質問の答えは、本を読んでもネットで探しても決して見つけることはできない。

自分と向き合い、自分で考え、自分で決めるしかない。
これこそ生きる力であり、すべての判断、行動、思考に表れている。

転職を決断できない人は、自分でものを考える力が弱いか、現状に満足しているからだ。
現状に満足しているなら、今の仕事を続ければいい。

しかし、考える力が弱い人は、この正解のない問題に取り組むことから逃げてはいけない。
人生は、自分で考え、自分で進める。

それができない人は、永遠に人生に満足することはない。
なぜなら、そこに自分の意志が反映されていないからである。

 

まとめ

転職は、不満を解消する手段と考えていると、失敗する。
そのような弱い動機では、長くて辛い転職活動を勝ち抜くことなどできない。

内定を勝ち取るまでの不合格通知の連続は、どんなに元気な人の心も折る。
あまりの辛さに寝込んでしまう人もいる。だから、条件を妥協してしまう。

そして、その前に転職を決断することもできないだろう。
なぜなら、転職するべきかどうかの基準がないからだ。

本当は、転職の決断は簡単だ。
基準に合うかどうか、その二択でしかない。だから決断は一瞬あればいい。

しかし、その基準は自分の生き方、働き方に沿うものであり、普段の生活であまりに気にすることのないものだ。
だから、あいまいで、ズルズルと不満だらけの仕事を続けることになる。

今一度、自分に向き合い、どう生きるべきかを考えよう。
そして、それに沿う形で仕事を選ぼう。

この大前提が転職を決めるかどうかの基準であり、転職を見つけるヒントになるのである。

 

・【毎日が充実】仕事に生きがいを感じる方法

Copyright© 女神降臨 , 2020 All Rights Reserved.