恋愛

【彼女欲しい社会人向け】どんなに忙しくても彼女ができる方法

更新日:

彼女欲しいと悩む社会人のなんと多い事か。

それも当然。毎日家と会社の往復だけ、休日は疲れて寝てばかり。会社には女性が少ないし、そもそも職場恋愛には危険が伴う。

一見、解決の糸口が無いかに見えるこの問題、実はあっさり解決する。

それでは、彼女が欲しい社会人のための出会いの見つけ方を解説しよう。

 

「彼女欲しい」と嘆く社会人によくある特徴

それでは、彼女が欲しいと嘆く社会人にはいくつか特徴がある。

自分に当てはまっているものが無いかチェックしてみよう。

・職場に女性が少ない。

・仕事で疲れて休日は寝てばかり。

・休日は外出が面倒。

・自宅で一人で過ごす時間が多い。

・趣味が多くプライベート代わりと充実している。

・彼女がいない期間が長い。

・彼女ができたことがない

・連絡の取れる女性の知人、友人がいる

彼女が欲しいと嘆く社会人に共通するのは、彼女がいない現状に対する言い訳の多さである。

「出会いがない。」「いい女がいない。」「忙しい。」

もちろん職場に女性が少ないのは、多くの時間を会社で過ごす社会人にとって厳しい条件である。

そして真面目に朝から晩まで働いていれば、休日にしっかり休みたいし、外出する気もなくなることもうなずける。

ひどい場合には、恋愛はめんどくさい、などと恋愛自体を遠ざけようとする者もいる。

 

彼女欲しい社会人と彼女いる社会人との違い

ところが、落ち着いて周りを見渡してみるとどうだろう。

同じくらい忙しく働いているのに、しっかり彼女を作っていたり、忙しそうに婚活に繰り出す人もいる。

 

社会人として忙しく働きプライベートを圧迫している環境で同じ悩みを抱えているにもかかわらず、一方は行動を起こして問題を解決し、一方は行動を起こせず悩んだままだ。

 

それなら行動力の差だろうか。

そう結論付けるのは簡単だが、問題の本質はそこではない。

 

彼女が欲しいのに行動を起こせないのは、消極的なダメ男なわけではないし、やる気が足らないからでもないし、魅力がないわけでもない。

 

彼女欲しい社会人と彼女いる社会人との違いの本質

彼女が欲しいと嘆く社会人と、すでに彼女がいる社会人の違いは、恋愛に対する意識が違う。

決して環境の違いではない。

 

その証拠に、彼女が欲しいと悩む社会人を女性が多数出席する飲み会やサークルに放り込んだところで、果たして恋愛のチャンスをつかむだろうか。

おそらくそんなことはできない。

いい女がいない、あの場の空気に馴染めない、一人に興味を示されなかったから諦めた…

などと言い訳をするに違いない。

 

つまり、彼女が欲しいと悩む社会人は、恋愛という関係構築に苦手意識があり、不安や恐怖心からこれらを遠ざけようとしている。

 

これでは身近に出会いがあっても、友達に紹介してもらっても、自ら出会いの場に繰り出すこともできない。

 

そして彼女がいない今の状況や行動を起こせない自分を正当化するための言い訳を無意識にしているのだ。どのような言い訳をするのかについては、前述のチェックリストを見ればごらんのとおりである。

 

どんなに忙しくても彼女ができる方法

本来、彼女が欲しいなら彼女を作るための行動を起こして、解決の努力をしているはず。

しかし、それができていないなら彼女ができない原因はもっとさかのぼったところにある。

 

ずっと彼女がいないと悩む人は、無茶な行動で失敗して自信をなくし、さらに状況を悪化させるのではなく、自分のレベルに合わせた着実な成長を目指そう。

 

このままでいいの?

彼女がいないのは周りでは自分だけ、結婚したり子供がいる友人もいる。

一体いつまでこの状況を続けるつもりなのか!

 

と、自分を精神的に追い詰め、行動を起こすためのモチベーションに変えよう。

周囲と比べたり、過去の自分と比べたり、将来の不安をあおったりして、逃げ道をつぶしていく。

 

本当は彼女を作るための行動にどんなものがあるか、常識のある読者なら知っているはずだ。

別に調べなくたって、社会人サークルや婚活パーティ、趣味教室だってなんだっていい。

 

興味はあったけど躊躇していたものに、この際、ノリと勢いで飛び込もう。

飛び込んだ先の不安は考えずに、申し込んだり問い合わせ先に連絡を取るのだ。

 

この一歩さえ踏み出すことができれば、あとは驚くほどトントン拍子に進む。

何が起こるのか、どんな出会いが起こるのかは、飛び込んでからのお楽しみだ。

 

身近な女性と連絡を取る

これまでに女性と連絡先交換をしたことがあるだろう。

そして、その女性から相談されたり、こちらから相談を持ち掛けたり、あるいは一緒に遊びに行ったりしたことはないだろうか。

それは明らかに他の女性とは異なる関係だ。

 

一般的にこうした関係、態度、対応は「脈あり」というやつだ。

ところが、ずっと彼女がいないような男性は次のように考える。

相談くらい普通にするだろう、今どき一緒にご飯なんて普通だろう…

 

お気づきだろうか、この言い訳こそ自分から恋愛を遠ざけようとしている姿勢の表れだ。

相手に彼氏がいようが旦那がいようが地球の裏側に住んでいようが関係ない。

そのような普通ありえない親密な関係は誰がなんと言おうと「脈あり」。つまり惚れられている。

 

恋愛に慣れている男性は、こうした「普通ではない」姿勢を確実に察知する。

後は簡単だ。どんどん連絡を取って、どんどん遊びに行って仲良くなっていけばいいのだ。

そのうち告白なんかしなくたって付き合うようになっている。

 

だから、身近にいる女性で自分に対する態度が「普通じゃない」という違和感を感じたら、バシバシ連絡を取ろう。

そのうち相手から誘ってくるようになる。

 

女性に慣れる

深刻なのは、女性そのものに対する苦手意識や恐怖心を抱えている場合である。

過去に女性(母親を含む)から深い傷を負わされたのかもしれないし、ずっと男性に囲まれて生きてきた人は、どうしても女性に対して苦手意識がある。

 

しかし、心配はいらない。やはり慣れの問題だ。

こう言う場合はいきなり行動を起こしても、失敗に終わってさらに傷を深める結果になってしまう。

コツは、出来るところから少しずつステップアップしていくこと。

 

緊張せずに話せる女性と話す機会を増やす。

例えば、後輩や同僚なら話せるのではないだろうか。

 

次に緊張しても話し相手になってくれる人と話す。

例えば、美容師やその他接客業(何かのインストラクターとか)の女性がいいだろう。

 

とにかく、女性という生き物に慣れない限り、どんな行動を起こしても緊張感が漂いぎこちない。

無駄な力を抜いて気楽に接することができるよう、女性と接触する機会を少しずつ作ろう。

 

仕事だって最初は緊張でガチガチ、頭もパニック状態だっただろう。

ところが何度も立ち向かい経験を積むことによって、無駄な力が抜け余裕を持って仕事ができるようになるだろう。

 

女性や恋愛に対しても同じだ。

慣れないうちは力の入れ具合、抜き具合がわからない。だから余裕がない。

しかし慣れてしまえば、楽しい関係を築けるようになる。

 

まとめ

魅力のない男性などいない。ということは、興味を示す女性が必ずいる。

それはどこか遠い国の話ではなく、過去や将来の話でもない。

本当は彼女候補は身近にいる。しかも一人ではない。

信じられないことに、今現在、身近な女性が彼女欲しいと悩む男性に興味を示している。

そして、恋愛を遠ざけがちな男性はこれらの些細なサインを驚くほど見事にスルーする。

これでは相手の女性がかわいそうだ。

 

彼女がいないのは、何か特定の理由があるからではない。

苦手意識から遠ざけてしまっているだけで、思いつく理由はどれも本質的なものではない。

結局、女性や恋愛に慣れていないだけ。

そこさえ少しずつクリアできれば、いつの間にか彼女なんてできているものなのだ。

もっと自分に自信と勇気をもって、少しずつ恋愛に挑戦してみよう。

 

-恋愛
-

Copyright© 幸運の女神の口説き方 , 2018 All Rights Reserved.